ADA(エイダ)/Cardano(カルダノ)とは?リブランディング後の特徴について解説

通貨NEWS解説

仮想通貨界隈で「HYIP」「SACM(詐欺)」などと検索すると、必ずといっていいほど話題に上がるADAコイン。
過去では詐欺コインの代名詞とされてきましたが、最近では時価総額を順調に上げ、過去の悪いウワサをかき消すかのごとく人気を集めています。

今回は過去に「詐欺コインと言われた所以」について解説していくとともに、その特徴と解剖しつつ、現在人気を集めている理由についてもまとめて解説していきたいと思います。

Cardano(カルダノ)/ADA(エイダ/エイダコイン)とは

Cardano(カルダノ)の基本スペック

・プロジェクト名:Cardano(カルダノ)
・シンボル:ADA
・和名呼称:エイダ
・発行枚数:31,112,483,745 ADA (筆記時)
・総発行枚数:45,000,000,000 ADA
・取引承認方法:PoS(Proof of Stake)
・処理速度:10~15件/秒
・公開日:2017年10月
・運営法人:Emurgo(エマーゴ)
・支援財団:Cardano Fundation(カルダノ財団)
・開発:IOHK(Input Output Hong Kong)
・公式HP:https://www.cardanohub.org/
・公式Twitter:https://twitter.com/CardanoStiftung?lang=ja
・ソースコード:https://github.com/input-output-hk/cardano-sl/
・ホワイトペーパー:https://www.cardanohub.org/en/academic-papers/
・ロードマップ:https://cardanoroadmap.com/jp/
・ADA購入可能取引所:Bittrex、Binance、Coinnest

カルダノ動画

カルダノと関連企業の関係性

出典:https://cardanofoundation.org/ja/project/

Cardano(カルダノ)とADA(エイダ)の関係

カルダノとエイダの関係性ですが、 カルダノはプラットフォームであり、その中のトークン(基軸通貨)として存在するのがエイダ です。

よく「エイダコイン」と呼ばれておりますが、正式名称は「エイダ」です。
また、その言葉の由来としては19世紀に実在した世界初の天才プログラマーであるエイダ・ラブレスから取っていると言われています。

エイダは現在約310億枚が市場に出回っており、残りの約140億枚はPoSにより徐々に放出される予定です。
カルダノの基軸通貨であるエイダは、後述のカルダノ専用ウォレットにて保管することができ、イーサリアムクラシックなどの 他の仮想通貨やデヴィッドカードなどと連携 することができ、等価交換を行うことが可能です。

2017年にリブランディングをし、軌道修正を行った

開発当初から昨年までは「Cardano Gaming Group」を主体として、主にカジノやゲーム業界で活躍できる仮想通貨として開発が進められていました。
しかし開発半ばでリブランディングを発表し、180度方向転換を行うことになります。

その理由としては、 カルダノプラットフォームの技術力が高い ことが挙げられます。
開発を進めていく過程でその高い技術はひとつの分野に留まること無く多方面での利用価値があると判断され、その可能性を実現すべくリブランディングを行ったとのこと。
今やプラットフォーム型仮想通貨の中では、イーサリアムの次に大きな市場規模を持つ通貨にまで成長を遂げました。

「怪しいものの中身が変わり、素晴らしいものに変化し、評価される」
これはセールスマーケティング的な視点で見てもとても効果のある手法であり、もしプロジェクト立ち上げ時点からこの未来まで予測されていたとしたら・・・
この先もとんでもないストーリーが敷かれた壮大なプロジェクトであると見ることが出来るでしょう。

ここまでの変化について、現在のカルダノと相違点が分かるように以前の特徴を簡単にまとめてみます。

過去のCardano(カルダノ)が持つ4つの特徴

立ち上げ当初のカルダノは、 オンラインカジノプラットフォーム として開発が進められてきました。
その特徴は、大きく分けて4つの特徴から成ります。

完全にフェアなギャンブルが可能

現在世界に存在するカジノ、及びオンラインカジノはある程度運営側が有利になるように設定されており、どんなに還元率が高いカジノ(又はオンラインカジノ)であっても、最低5%は運営側に利益が出るように設定されております。

しかしカルダノは非中央集権型を取っているため、 完全にフェアなギャンブルを行うことが出来る のが特徴です。
この部分は当時のカルダノの最大の特徴であったと言えるでしょう。

完全に不正を防止する仕組み

次に 不正を防止する仕組み 
カルダノにはPlutus(プルータス)というスマートコントラクト機能が搭載されています。

これをブロックチェーン技術と組み合わせることで、いつでも誰でも過去の記録を閲覧することができ、絶対に不正が起きないという場を作ることが出来ているのです。

誰でもゲームオーナーになれる

 ユーザー誰もがゲームのオーナーになれる という点も、大きな特徴のひとつです。

カルダノでは、プラットフォーム内で自由に資金を調達し、自身がオーナーのゲームを立ち上げることが可能です。
これにより、通常のカジノにあるカードゲームやスロットマシンなどのオーソドックスなゲーム以外のゲームもプレイすることができ、他のカジノ(又はオンラインカジノ)との差別化が図れるとされております。

所有するだけで資産が増える

最後に、 エイダを所有しているだけで資産が増える ことが挙げられます。

これには2つの理由が存在します。
1つ目はコイン自体の価値が可変するということ。

当然価値が下落することも予測されますが、カルダノが流行れば流行るほど、そのコイン(トークン)の価値は上昇します。

そしてもうひとつはPoSによりトークンが振り出されるということ。

PoS(プルーフオブステーク)は大量に保有することでその価値を証明する仕組みです。
これによりカジノをプレイして増やさずとも、ごく少量ではあるもののエイダを増やすことが可能です。

この2つの特徴については、リブランディング後も引き継がれることとなります。

リブランディング以降のカルダノの特徴

カルダノプロジェクトを支える3つの団体

カルダノプロジェクトは、現在3つの団体によって開発が進められています。

 

マーケティングを中心に活動するエマーゴ

1つ目の団体は 日本に本拠地を置くエマーゴ 
主な役割は、カルダノブロックチェーン上にてソフトウェアを開発可能するベンチャー企業支援です。
またカルダノを活用して分散アプリケーションやスマートコントラクトを構築するイノベーティブなスタートアップ企業に対する投資も行っています。

 

バックボーンとして存在するカルダノ財団

英国の公認会計士であるマイケル・パーソンズを理事長におき、 財団として存在するカルダノ財団 
主な役割は、Cardanoプロトコルの標準化に注力、現実世界における規制当局や企業と調和や折衝です。
またコミュニティー財源としても活躍してます。

 

開発の中心に存在するIOHK (Input Output Ltd.)

 IOHKはチャールズ・ホスキンソン(後述)がCEOを務める技術開発団体 
その役割は、Cardanoプロトコルにおける決済とコンピュテーションの両レイヤーの管理、開発であり、2020年まで同プロトコルを開発予定です。

 

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)の存在

カルダノの開発には、仮想通貨業界では超大物と言われるチャールズ・ホスキンソンが開発に携わっています。
チャールズ氏は天才数学者として名前が知られている他、 時価総額が第2位のEthereum(イーサリアム)やTOP30位圏内に位置するBitShares(ビットシェアーズ)といった仮想通貨の開発に携わった、いわば「仮想通貨の第一人者」 です。
このカルダノの開発は、彼自身が関わる3つ目のプロジェクトとして注目を浴び、各方面より期待されました。

また現在もカルダノプロジェクトに関わっており、今後完成していく段階での高い技術力にも期待が持てます。

チャールズ・ホスキンソン公式Twitter

カルダノの承認システムOuroboros(ウロボロス)

カルダノの承認システムはウロボロスと呼ばれる仕組みを取っております。
これをひと言で表すならば「 PoS(プルーフオブステーク)の進化版 」となります。
オフィシャルによれば通常のPoSにある脆弱性を解消しており、よりランダムに選ばれたステークホルダーにより証明が行われる為、通常のPoS形式よりも信頼度が高いとされています。

専用ウォレットdaedalus(ダイダロス)

カルダノにはダイダロスという専用のウォレットがあり、通常はダイダロスにエイダを保管するようになります。
ダイダロスは2017年9月にリリースされ、各OS別に作られています。

windows、iOS、Linuxと3種類のOSから自由にダウンロードすることが可能です。

ダイダロス ダウンロードリンク

このダイダロスを開発したのは、カルダノを開発した企業と同じIOHK(Input Output Hong Kong)です。

IOHKにはジェレミー・ウッドという人物が在籍しており、ブロックチェーン関連で高い技術力を持っております。
またIOHKはカルダノ以外のプロジェクトにも関わっており、Ethereum Classic、Deadlus、Qeditasなどの開発にも着手しています。
このため、 ダイダロスは他の通貨との互換性を持てるような仕組み になっているのです。

更には、 デビットカードプロバイダーとも統合する予定があり、仮想通貨の取引所を通さずとも現金化できる仕組みを持つ ことになります。
これは他の仮想通貨でも見ない仕組みであり、注目を浴びています。

 また最近では偽物のウォレットも出回っており、チャールズ氏は自身の公式Twitterで注意喚起を行っております 


※こちらは偽物のウォレットです

 くれぐれもカルダノ公式サイトから、公式のウォレットをダウンロードするようにして下さい 

6つのステージにより進化

カルダノは2017年9月にテストネットがリリースされ、以降約3年をかけてプロダクトローンチ、及び機能実装を行います。
このロードマップについては下記にて詳しく記載させていただきます。

詐欺コインと呼ばれた所以

2017年までは詐欺コインと言えばエイダ、エイダと言えば詐欺コインと言われ、もはや詐欺コインの代名詞とされてきました。
エイダが「詐欺コイン」と呼ばれたのには諸説ありますが、ここではメインの理由とされている3つの内容について解説していきたいと思います。

Emurgo(エマーゴ)の存在

カルダノの財団は、資金集めの際にマーケティングをEmurgo(エマーゴ)という会社に託しました。
これが詐欺コインと呼ばれてしまった理由であると言えます。

その マーケティング手法は完全に「口コミ」に重きを置いた手法 でした。

エマーゴは2017年に日本で登記され、韓国やフィリピンなどに開発センターを持っている会社です。
彼らの手法は口コミを重視していたため、日本で代理店を複数設け情報を拡散していきました。

その代理店の中身を見ればちゃんと展開していた会社も存在しますが、中には詐欺まがいの表現をしたり、知識情報に乏しいスピーカーを立てていたりと、結果として一部の業者のせいでエイダの評価を下げる形になってしまったのです。

これについて、チャールズ氏は「良さをしっかりと伝えたかったから」というような発言を残し、一時期姿を晦ましていました。
これも怪しさを増すきっかけになってしまったと言えるでしょう。

この部分について特に厄介なのは、 「知識情報の無いスピーカー」を登壇させてしまった こと。
話を聞いている限り、ブロックチェーンの説明をしっかりと出来なかったり、ビットコインとの違いを明確に答えられなかったりしていた様子。

当然、話す内容が無くなり「稼げる」「今しかない」というような表現に偏ります。
投資系のセミナーでは「絶対」「必ず」という言葉はタブーとされています。

当然知識が無ければそれに近い言葉を連呼するしかなく、そう思わせてしまったことも原因として考えられるのではないかと思います。

現在エマーゴは、リブランディングを行ったタイミング以降ではカルダノプロジェクトを牽引する「無くてはならない存在」となりました。
今となっては、もはや エマーゴのマーケティング力が無ければここまでの市場規模拡大は為し得なかった と言えるでしょう。

4度にわたるプレセール

カルダノは 4度にわたるプレセールを行い、後にICOを行いました 

通常であればロードマップ(又はホワイトペーパー内にて告知)などによりある程度期間を明確にするもの。
おそらく資金調達が希望額に届かなかったことがメインの理由だとは思いますが、この4度行ったことも「詐欺」と言われる所以であると言えるでしょう。

一番最初のプレセールは2015年9月に行われました。
またこのプレセールが日本発ということも、過去にない例として話題を呼びました
そして最後のプレセールは2017年1月に行われ、通算で2800万ドルを調達することに成功しました。

ちなみに金額は初回のプレセールで0.20セント/ADA、2回目のプレセールでは0.22セント/ADA、3回目で0.24セント/ADA、そして最後は0.26セント/ADAで販売されました。

現在上場している仮想通貨の上場までの流れですが、一般的には以下の流れになります。
1立案、ホワイトペーパー・ロードマップ等の整備
2プレプレセール(関係者)1~2か月間
3プレセール(縁故、知人)1~2か月間
4ICO(公募)1~2か月間
5開発
6上場、又はリリース

プロジェクトにより若干流れは異なるものの、プレからICOまでの期間をここまで長く取ったプロジェクトはあまり見かけません。
1回目のプレセールで購入した人からすれば、不安な気持ちが募るのも無理のない話なのです。

取引所上場の延期

取引所の上場が延期になったことも怪しさを増した理由として挙げられます。

当初エイダは2016年12月に公開(上場)されるとして売り出されました。
その予定が何らかの理由から延期になり、2017年2月へ先送りになり、更にそれが2017年6月に延期。そしてまた延期。
結局2017年10月に上場をしたのですが、 約1年の延期は他でも無い事例 を作ってしまうことになります。

この事実から「上場するする詐欺」として、一躍有名になってしまったのです。

カルダノのロードマップ

カルダノは2017年9月にテストネットが公開され、以降約3年に渡って開発を行う予定です。

その開発フェーズをそれぞれ「Byron(バイロン)」「Shelley(シェリー)」「Goguen(ゴーグェン)」「Basho(バショウ)」「Voltaire(ヴォルテール)」と呼び、その進捗状況は公式サイトにて確認することが出来ます。
また国内企業が関わっているプロジェクトなだけに、公式サイトは日本語対応をしており、google翻訳のような意訳が少なく分かりやすい作りになっています。

カルダノは 現在はブートストラップ・フェーズであるByron にあり、ここでは主に今までのプロダクト改善に焦点を当てています。

次のステップのShellyでは「非中央集権化」に進化すべくウロボロスの新機能追加マルチシグ対応ウォレットの完全リリース耐量子コンピューター電子署名方式の導入などの開発を行う予定。
詳しい情報と開発の進捗状況については、公式サイトにてご確認ください。

Cardano(カルダノ)今後の将来性

様々な理由から「詐欺コイン」として有名になったカルダノのエイダコインですが、事実詐欺と言われていても取引所に上場を果たしました。

専用ウォレットであるウロボロスもリリースされましたし、今後のロードマップも明確に公表しております。
Bittrexに続きBinanceにも上場をし、それ以外にも複数の取引所上場の噂を耳にします

取引所に上場を果たしたことで「詐欺」という疑いが晴れたどころか未だ完全リリースされていないにもかかわらず仮想通貨市場の上位に食い込んでいくまでに成長をしています。
既にリリース済みのプラットフォーム型仮想通貨であるNEMやQTUM、NEOなどを抜き、更にはイーサリアムの不動の順位をも脅かす存在となったカルダノ。

定期的に行われるミートアップや大規模カンファレンス、ロードマップの定期更新。そして徐々に増やす上場取引所。

これらの要因から、カルダノプラットフォームがリリースされるタイミングまで 多くの期待できる山場が残っている と考えられ、中長期的な目線で応援できるプロジェクトであると言えるでしょう。

 

人気のエイダが買える取引所はこちら

 

他の人気アルトコインを知りたい方はこちら