XRP(リップル、Ripple)史上最高値400円突破!ジャイアントキリングなるか?!

NEWS

コインオタク伊藤
伊藤健次(@it0ken)です。2018年1月にリップルが高騰したことについて解説します

XRP(リップル、Ripple)400円に一時タッチ

 2018年1月4日にXRPが一時400円まで到達 しました。2017年12月4日時点で約28円でしたので、1カ月で約14倍の高騰を見せました。
日本では、多くのリップラー(XRP長期保有者)たちが、2017年5月からほとんど値動きをしていなかったXRPに破格のお年玉が与えられた結果となりました。

先日、歴史的なEthereum(イーサリアム、ETH)越えを果たしたと思ったら、既に1月4日時点でETHの1.5倍の時価総額まで価格を伸長させています。
XRPがBTCを越えて仮想通貨業界の時価総額トップの栄冠を飾るのに、後たったの1.8倍の時価総額が伸長するのみとなりました。
 2017年では誰も想像できなかった、BTC越えに最初に王手をかけたのがXRP となります。

XRPに続き、ETH、BCH、ADA等、首位争いは更に熾烈なものになっていくでしょう。

XRP(リップル、Ripple)爆上げの要因

リップル(Ripple)社CEOが米テレビで発言

リップル(Ripple)社のCEOが米テレビCNBCニュースの生放送で、XRPが銀行間送金に利用されるものだ」とはっきりと発言しました。

 

 

アラブの仮想通貨取引所BitOasisで取扱開始予定

BitOasis公式TwitterのにてXRP取引予定ツイートしています。
「私たちはすぐにXRP取引を開始します!」

しかしながら、8カ月も前にXRP取引を開始すると以前にアナウンスされていたようで、NEWSBTCでは、このように記述されています。

「すぐに」は仮想通貨業界では多くの異なる意味を持っています。来週、翌月、または2018年のクリスマスに起こる可能性がも否めません。いずれにしても、BitOasisがこのような重要なステップを踏み出すのは良いことです。より多くのXRP流動性を提供することは、Rippleの資産形成のためには良いことでもあります。
http://www.newsbtc.com/2018/01/03/bitoasis-will-list-xrp-near-future/


日経新聞記事にて取り上げる「時価総額2位に」

仮想通貨リップル(XRP)の相場が急上昇している。1XRP=4ドル(約450円)前後と、ここ1カ月で約15倍に値上がりした。時価総額ではイーサリアムを抜いて仮想通貨の2位に浮上し、首位のビットコインの約6割に迫っている。銀行間送金に活用されるとの期待から個人投資家の資金が流入している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25318700U8A100C1EN2000/

読売新聞の1面でリップルXRPを取り上げる

これまでビットコイン(Bitcoin)が新聞の1面を飾ることはあっても、その他アルトコインが新聞の1面を飾ることはほとんどなかったのですが、大々的に読売新聞の1面の最上部に載っていますね。

「『ブロックチェーン』技術を使い、銀行間の送金手数料を大幅に安くできるサービスが今年3月にも一部の銀行間で始まる見通しとなった」
https://minkabu.jp/news/1428223

XRPのジャイアントキリングなるか?

新年で、新たに仮想通貨投資を開始した方々も多いと思われ、価格の停滞しているビットコイン(Bitcoin)よりも、価格を上げ続けているXRPに新規参入者の資金が流れていった可能性も大いにあるでしょう。

実用的な仮想通貨として常に注目を集めていた眠れる巨人が、ついに目を覚まし、残るはBTCという大きな壁を突破するのみとなりました。
 2018年はXRPがBTCの時価総額を越える、ジャイアントキリングが見られる歴史的瞬間に、立ち会えるかもしれません。 ただ、BTCがただXRPに先を越されることを静観していることはないでしょうから、1月は波乱が起きる可能性が大いにあります。

リップル(Ripple)やXRPの価値を理解しないで購入している投資家も多く存在しているとみられており、XRPへの投機マネー流入が落ち着き、資金が一気に抜かれる可能性もありますので、くれぐれも高値掴みしないようにご注意ください。

【初心者の方は必見】価格が急騰したリップル(Xrp)は購入するべきか? (COIN OTAKU)

2018.09.27

リップル国際送金システムはマイクロファイナンスから世界を変える (COIN OTAKU)

2018.09.07