【情報量日本一位】Apollo(アポロ)を徹底調査!欠点無し?出来すぎ君のオールインワン通貨!

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はApollo(アポロ)の実態を徹底調査しレポートしたします!

本文はヘッドラインニュースの後ですので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

Apollo(アポロ) ヘッドラインニュース
【速報】Apollo、メディアショーケース1.0を公開<2019年9月12日更新>

Apollo、メディアショーケース1.0を公開しました。

【速報】Apollo、新たにブログを公開<2019年8月24日更新>

Apolloは2020に向けたビジョンを示したブログを公開しました。タイトルはナショナル通貨のイニシアチブです。

ブログの中では、今後国際的な通貨となるべくアフリカに事業を展開していくことなどを伝えています。

詳しくはこちらへ。

【速報】Apollo、2020のビジョンを発表

Apolloは2020のビジョンを発表し、新たなロードマップと2020年用のテクノロジードキュメントを公開しました。

また、新たに2020年のビジョンに関する動画も公開しています。

Apollo(アポロ)の基本情報

案件名:Apollo(アポロ)

シンボル:APL

通過記号:APL

発行上限:21,165,096,531 APL

ブロックチェーンのタイプ:Hermes

総発行枚数:14,685,096,531 APL

Apollo(アポロ)の上場先一覧

Apollo(アポロ)の公式サイト、SNS一覧

Apollo(アポロ)の特徴

Apollo(アポロ)の目的

Apollo(アポロ)の目標は、多数のニッチ通貨を現在利用可能な最高の機能と組み合わせた1つのプラットフォームに置き換えることです。 暗号資産社会を牽引している他通貨との比較することによってApollo(アポロ)がどの点で優れ、先に進んでいるかを見ることができます。
Apollo(アポロ)基盤の第1の目標は、 最初のオールインワン通貨 を実現し、デジタル通貨で有益なあらゆる能力を革新的に組み込み、すべてを単一の分散プラットフォームで統合することです。

現状の問題(メジャー暗号通貨別)

現在の暗号化通信はほとんどが分散化されていますが、外部からのが容易に規制や制限をかけることができる多くの欠陥があります。Apollo(アポロ)は、政治的圧力や外部からの干渉への無制限の解決策を提供しています。

ビットコイン

Bitcoinの大きな問題はトランザクション(取引)時間が非常に遅いということです。トランザクションの確認に数日かかることがあり、ビジネスで使用することは現実的ではありません。また、小額の支払いに対しては送金額と同じかそれ以上の取引手数料を支払うことになってしまっています。

Apollo(アポロ)はHermesブロックチェーンによって取引は非常に高速!

イーサリアム

現在、Ethereumブロックチェーンは肥大化しているだけでなく、ユーザーのIPアドレス、アカウント、トランザクションにおけるプライバシーに関する極端な問題を抱えています。7,500万ドルの損失をもたらしたDAOのハッキングがその一例です。(イーサリアム記事)

Apollo(アポロ)はIPマスキングやコインシャッフリングでプライバシーを守り、独自の通貨システム及び資産システムで通貨やトークンの発行が可能。

リップル

リップルは本質的に中央集権的な企業であり、米国に本拠を置く企業が所有しています。その企業は利用可能な総額の60%以上を所有していることが証明されています。 XRP(リップルの発行するトークン)は一般の銀行と同様に厳しい通貨規則に従うように作られました。暗号通貨が現在の腐敗した金融システムから逃れるための代替手段と考える中で中央集権化され、通貨規制に従うリップルは主役になり得ないと考えられます。(リップル記事)

Apollo(アポロ)はProof of Stakeを採用しているので非中央集権的である。

ダッシュ

プライバシーに最も焦点を当てていますが、このプライバシーは厳しい制限があり絶対的な自由はなく、Darksend機能で送受信できる金額には限界があります。(ダッシュ記事)

Apollo(アポロ)は厳しい制限なく高いプライバシー保護の下で取引が可能。

モネロ

Moneroは完全に隠されたプライベートトランザクションをユーザーに提供するという目的で作成されました。しかし、単純なプライベートトランザクション以外では、Monero は余分な機能をほとんど提供しない膨大なブロックチェーンに依存しています。大量採用には不可欠なパブリックトランザクションを送信する機能はなく、IP アドレスは公開されています。したがって長期的なプライバシー通貨としての存続可能性に欠けていると言えます。

Apollo(アポロ)はパブリック及びプライベートトランザクションの両方に対応しており、選択が可能である。

Apollo(アポロ)のソリューション

上記の通り、現在暗号通貨社会を牽引している主要通貨もそれぞれに弱みを抱えていることがわかります。アポロはオールインワン通貨として優れたテクノロジーによってこれらの問題を一つ一つクリアし、 暗号通貨の普及の障害を取り除こう としています。

他のICOにはない特徴

  • 通貨システム

Apollo(アポロ)の通貨システムにより、ユーザーは即座にApollo(アポロ)の分散型取引や外部取引で自由に取引できる通貨やトークンを作成できます。これらの通貨はApollo(アポロ)によって簡単に裏付けられた有形の価値です。

可能な使用例:クラウドファンディング資金、ICO、財務、慈善団体、有権者 ID、エスクロー、クーポン、通貨など
  • 資産システム  

Apollo(アポロ)資産システムを使用して、ユーザーは公的および私的資本から実世界の商品に至るまでの何でも表すことのできるトークンを発行することができます。他の市場や暗号通貨とは異なり、ユーザーはこれらの資産を完全なプライバシーで取引することができます。

可能な使用例:株式、社債、プライベート・エクイティ、パブリック・エクイティ、コモディティ、デリバティブなど
  • 暗号化されたメッセージング

Apollo(アポロ)ブロックチェーン上の暗号化されたメッセージングにより、任意のユーザーが100%のプライベートな、追跡不可能なメッセージとデータファイルを送受信できます。アカウント間の取引において、ユーザーのIP アドレスとメッセージを運ぶトランザクションは見えなくなります。

可能な使用例:トレース不可能な通信、追跡不可能なファイル転送など
  • 投票システム

Apollo(アポロ)投票システムにより、ユーザーは公的投票または私的投票を作成できます。世論調査は、口座から資金を導き、管理したり、公務員を選出したり、単に世論を評価するために使用することができます。これにより、指定された情報源からの正確な応答を収集するための可能性が開かれます。

  • 複数署名アカウント

Apollo(アポロ)は、複数のユーザーがアカウントを制御できるようにする複数署名のアカウントをサポートしています。

  • 分散市場

Apollo(アポロ)分散市場では、Apollo(アポロ)通貨を使用して、物理的およびデジタル的な商品を購入、販売、取引ができます。ユーザーはローカルまたは世界中で販売される商品を一覧表示することができます。取引は分散化され、追跡不能になり、任意の商品の自由取引が可能となります。売り手の販売力を上昇することが可能なレビューと評判システムが含まれます。

  • 認証システム

Apollo(アポロ)認証システムでは、ブロックチェーンを使用してアカウントを認証し、アカウントの監督者であることを証明することができます。

Apolloの強み

オリンパスプロトコル

・IPマスキング

tor(匿名性を重視したプラウザ)を含む先進的なテクノロジーを利用したIPマスキングは、すぐにApollo(アポロ)ウォレットに統合され、ウォレットとそのすべての機能のシームレスなトレース使用が可能になります。


・プライベート取引、パブリック取引双方の利用が可能

用途によってメリットデメリットが分かれるプライベート取引とパブリック取引の双方を利用できることはおそらくApollo(アポロ)の最も重要な機能の1つです。


・統合された分散型取引所

Apollo(アポロ)に統合された分散型取引所は、取引が100%分散されており誰にも実行されないため絶対的な秘密を持って売買することができます。IPはマスキングされ、取引所からプライベート取引を直接送ることができます。


・コインシャッフリング

コインシャッフリングは、ユーザーのApollo(アポロ)とアカウントに保持されている他の通貨をユーザーアカウント間でランダムにシャッフルすることを可能にする追加のプライバシー機能です。これにより、口座保有者は資金をほぼ即座に匿名化することができます。

Hermesブロックチェーン

・ライトニング高速取引

エルメスは平均して10~30秒のトランザクション速度をとり、 2~3秒の速さでトランザクションを実現可能にします。最新のブロックチェーンテクノロジーを活用することで、Apollo(アポロ)は地球上で最も高速な暗号通貨の1つになります。これは、マイクロトランザクション、分散型銀行業務、金融サービスなどの大きな可能性を開拓するなど、支配力を確立するのに役立つこととなります。

Apollo(アポロ)の対象顧客

Apollo(アポロ)の主要の特徴はオンラインウォレットであり、現在一般のユーザー向きであると考えられます。

暗号資産社会の発展とともにApolloが掲げるオールインワン技術が一般のユーザーの枠を超えてBtoBの使用頻度が大幅に向上すると思われます。

Apollo(アポロ)の商品・サービス

Apollo Wallet

Apollo Walletは上記、Apollo(アポロ)の 主流機能を包括的に組み込み 、暗号通貨社会で非常に役立つツールをユーザーに提供するオンラインウォレットで、現在アンドロイドモバイルで利用可能となっています。(IOS版はアップルストアの審査が完了後に使用可能となる予定です。)

アップデートにより、ユーザーはインターネットに接続されているどのブラウザからでもこれらの機能などにアクセスできるようになりました。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Apollo(アポロ)への質問お待ちしております!
 

Apollo(アポロ)のロードマップ

2017年 Apollo(アポロ)開発

2018年第1四半期 Webウォレットリリース、通貨システムと資産システムの統合

2018年第2四半期 オリンパスプロトコル1.0リリース

2018年第3四半期 交換取引の開始、Webウォレット2.0リリース

2018年第4四半期 IOS&ANDROID対応ウォレットリリース

2019年第1四半期 Hermes2.0リリース 日中央集権取引がウォレットで対応可能に

2019年第2四半期 Hermes3.0、オリンパス3.0(テストネット)リリース

2019年第3四半期 オリンパス3.0リリース

2020年第1四半期 Hermes4.0(スマートコントラクト対応)リリース、オリンパスプロトコル4.0リリース

Apollo(アポロ)の運営メンバー

Victor Konovalov(ブランド開発担当ディレクター)

Viktorは、Microsoft、Green Battery LTDによって買収され、最近ではDMarket、Kickico、Anzyze、Hacken、Veda、Emotiqなどの成長ブロックチェーン・プロジェクトに投資および支援を行い、多くの企業のアイディアを現実に変えました。

Steve Mccullah(ビジネス開発担当ディレクター)

スティーブはテクノロジー開発の広範な知識を活用して、McCullah TechnologiesのCEOを務め、米国軍隊、国土安全保障、有名人、多くの主要小売業者などと協力する機会を経験しています。

SERGEY ROKHVARG(CTO)

Sergeyは高度な暗号技術、軍用セキュリティ、ソフトウェアアーキテクチャーの経験を活かしてApollo財団の研究開発を推進する大手ソフトウェアエンジニアです。

Alexander Mora(マーケティングディレクター)

アレクサンダーは、ディズニー、ベライゾン、ESPNデポルテス、NASCAR、シアーズ、XMラジオ、ゼネラルモーターズ、ジャックダニエルズのマーケティングとクリエイティブな経験を活かし、これらのクライアントを代表する代理店と仕事をしています。彼は現在、Apollo(アポロ)の宣伝を進めています。

Kyle Hornback(マネジメント)

カイルはSkylark incのエグゼクティブとして働いているビジネスプロフェッショナルであり、非常に成功したサービスビジネスを構築し、実行しました。KyleはApollo(アポロ)の効果的なチーム編成および管理能力にその力を貸しています。

Alessandro Mazzi(法律顧問)

アレッサンドロは弁護士およびトークン販売に関する法律に関する豊富な知識を持つ弁護士です。アレッサンドロは、クロスボーダー紛争解決および商事仲裁の分野において、Minter Ellison、HKIACおよびYingke Law Firmなどの有力な国際法律事務所および機関と協力してきました。

Apollo(アポロ)まとめ

他の暗号通貨にはない機能を多数持ち、セキュリティ管理を徹底的に行いながら独自のブロックチェーンは驚きの速度で取引の完了が可能なApollo(アポロ)はまさに オールインワン通貨といっても過言ではない かもしれません。取引の遅延、セキュリティ不足、セキュリティ維持のための止むを得ない制限など、Bitcoinを始めとするメジャーな暗号通貨が抱える問題を解決し、新たな機能を盛り込んでいることは上述の通りです。時価総額は現在90位台とまだ大きく目立った存在ではないですが、これからの暗号資産社会を担う存在として注目して損はないと思われます!

コインオタク伊藤
ブロックチェーンには課題があることはすでに周知の事実です。決して何でも解決できる魔法の技術ではありません。しかし、ごく一部のプロジェクトではブロックチェーンを魔法にまでアップデートしようという試みがあります。その一つがこのApolloCurrencyです。このようなハイスペックのプロジェクトは2つの課題を抱えます。実現と浸透です。まだApolloは構想がスタートした段階であり、これから構想が実現されます。実現されただけではなく、誰がこの技術を必要としているかはとても重要です。このプロジェクトは完ぺきなブロックチェーンを作るという始まり方をしております。ブロックチェーンを使わずに成熟した社会に対してどこまで浸透させることができるかは大きな課題です。
ビットコイン高橋
「○○を超える暗号資産」というブランディングで開発し走っているけど、結局はどこの誰が使うか? どんなにいいものでも誰にも使われなければ無価値。投資家・投機家の売り圧が落ち着いた今、実際に使う人達が使う分だけ購入して流動性が生まれるのが見えるか、企業が提携して実際の製品?などで使われるようになるまでは様子見でいいかと思うね。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Apollo(アポロ)への質問お待ちしております!