「世界で最も影響力のある50人」にイーサリアム(Ethereum)創始者「ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)」選出、若干23歳の偉業

ニュース

ブルームバーグ(Bloomberg)が30日、2017年で「世界で最も影響力のある50人」を発表し、イーサリアム(Ethereum)の創始者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏もその中に選出されました。

ブルームバーグでヴィタリックは、このように紹介されています。
「ヴィタリックは、2017年にセキュリティ上の懸念があったにもかかわらず、 イーサリアム(Ethereum)で3,600%以上の価値を上げました。」 

ヴィタリック氏はわずか23歳。現在イーサリアムの開発を進めるとともに、ICOのコンサルタント、世界中のイベントにてプレゼンテーションなど、精力的に暗号資産市場の普及に世界を飛び回っています。

「世界で最も影響力のある50人」で、日本からはソフトバンクの 孫正義 氏や、任天堂の 小泉歓晃 氏も選出されています。世界では、アマゾンの ジェフ・ベゾス 氏や、テスラの イーロン・マスク 氏も名前が挙がっています。

ブルームバーグの「世界で最も影響力のある50人」は、政治、金融、IT、エンターテインメントで世界に大きな影響を与えた人物を選出するもので、毎年リストされる人物が注目されています。

【ブルームバーグ「世界で最も影響力のある50人」の動画はこちらから視聴可能です。】

イーサリアム(Ethereum)は、現在ビットコイン(Bitcoin)に次いで 世界第二位の時価総額を誇る次世代の暗号資産 として、世界中の注目を集めています。イーサリアムは2017年初期から約60倍以上の上昇率を見せ、今後のテクノロジー開発にも期待が持てる暗号資産です。イーサリアムのサポートチームには、日本からも トヨタ、三菱 、世界からは マイクロソフト、JPモルガン、BP、インテル 等、ビッグネームが参加しています。

ブルームバーグのサイトでは、このように記述があります。

イーサリアムがコンピューターを通してお金を動かす方法を革新する潜在能力はウォール街を惹きつけている。すでに企業が資金調達する方法すら変革させており、伝統的な資金調達方法であるベンチャーキャピタル(VC)や株式上場(IPO)などので資金調達する手法とは全く別の、ICO(Initial Coin Offering)にETHはよく使われており、ブロックチェーン関連スタートアップ企業すでにこの手法で3000億円以上も調達している。
出典:https://www.bloomberg.com/features/2017-bloomberg-50/

来年は、ジハン・ウーやロジャーバーなどの名前も上がり、暗号資産、ブロックチェーン関係の有力者が名を連ねるかもしれません。その中に是非ビットコイン(Bitcoin)開発者の「Satoshi Nakamoto」も名を連ねて欲しいものです。その可能性は限りなくゼロに近いでしょうが。

 

ヴィタリックブテリン氏が作ったイーサリアムについて詳しく知りたい方はこちら

 

10種類の取引所から自分に合った取引所を見つけたい方はこちら

 
Written by 酒井 和