ニュース

【伊藤が解説】ビットコイン半減期、2024年は異なる展開へ、勝者は誰か?

2024年は特殊なビットコイン半減期、グレースケール分析

米国仮想通貨運用会社グレースケールは、今回のビットコイン半減期が過去と異なると指摘し、ビットコイン現物ETFの承認やオーディナルの台頭が新たな要素となると分析しました。

ETFの資金フローがマイニング売り圧力を相殺し、市場構造に良い影響を与える可能性があると示唆しています。
また、半減期によるマイナー報酬の減少を、オーディナルからのトランザクション手数料が補う可能性があるとし、ビットコインエコシステムにおける新たなトレンドとして取引手数料の増加がネットワークセキュリティ維持に寄与すると述べました。

「今回のビットコイン半減期は前回と違う」グレースケール分析

COINPOST

ビットコイン半減期、2024年は異なる展開へ、勝者は誰か?

[sc name=kaisetsushimasu ]

ビットコインETFを提供するグレースケールは、2024年のビットコイン半減期がこれまでと異なることを発表しました。
多くの市場参加者が漠然と感じていたことですが、これまでの半減期との違いやアノマリーがどうなるかを解説します。

半減期アノマリーでは、ビットコイン価格が半減期手前で大幅に上昇したことがありません。
半減期アノマリーとは、半減期の6ヶ月から1年後にビットコイン価格がATHすることを指します。

2024年には、ビットコインETFなどの大きなイベントが半減期の手前にあったため、全体的に人々の動きが前倒しになっています。
また、取引所の戦略がうまく機能していないという点もこれまでの半減期とは異なる特徴です。

海外の大手仮想通貨取引所は半減期に備えてオーディナルやBRC20を準備しています。
しかし、現在の結果はあまり良くありません。

ビットコインETFとビットコインNFTは全く反対の思想によるものです。
ETFはWEB2の金融革命であり、NFTはWEB3の革命です。
どちらが強いかというと、現時点ではETFの勝利です。

仮想通貨市場は半減期に向かって同じ方向に進んでいますが、細かい点においては競争関係があります。
予測が外れる市場は予期せぬ出来事が起こりやすく、バブル市場の兆候があります。
どんな市場でも、うまく乗りこなしていきましょう!

その他のおすすめ記事

【伊藤が解説します】イーサリアムカストディ始動、SECの見解はどうなる!?

【伊藤が解説します】イーサリアムステーキング、3%台の低報酬でも活況!

【伊藤が解説します】イーサリアムDencun最終テスト成功!ETH価格への影響は?

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP