Huobi(フォビ)がUAEの不動産会社と提携し不動産の暗号資産決済が可能に!

海外ニュース

シンガポールに本拠を置く大手暗号資産取引所のHuobiは、アラブ首長国連邦(UAE)の不動産会社と提携しました。

ドバイに本拠を置く不動産代理店の「fämProperties」と提携したことで、不動産投資家に暗号資産決済のオプションを提供します。これにより暗号資産決済で不動産の売買ができるようになり、不動産市場の安定性と流動性が向上するといわれています。

対応通貨はビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要通貨で、その他USDTなどステーブルコインもいくつか取り扱うとのこと。

fämPropertiesのCEOによると、「今回の提携により、顧客に計り知れない機会を提供しUAEの一等地への投資を容易にします。暗号資産は世界中で需要が増える支払い方法になりつつあり、不動産取引を増やし、ここの不動産市場により多くの価値をもたらすでしょう。」と述べ、UAEの市場が活発化することを期待しています。

Huobiは、ドバイで商品取引を拡大するためのインフラストラクチャプロバイダーであるDubai Multi Commodities Center(DMCC)のライセンスを受けており、この不動産取引がUAEの法律に準拠していることを保証し、不動産取引にはHuobiのOTCが採用され、UAEディルハム、ドル、ユーロ、ポンドなどの法定通貨をサポートしています。

UAEの不動産市場は、ブロックチェーンに関連するデジタル資産などの新興技術を積極的に採用しており、2019年10月、世界で最も高いビルであるブルジュハリファを開発したドバイに本拠を置く不動産大手である「Emaar Properties」は、新しいブロックチェーントークンベースの紹介およびロイヤリティプラットフォームをリリースしました。

今後もドバイから目が離せませんね。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

ドバイの不動産業とは国最大の産業であり、ブロックチェーンがいかに重要視されているかがよくわかります。

日本にいると産業の市場規模の大小はあるものの、全ての産業のバランスが取れているように感じます。

ドバイは国の産業の半分以上が不動産業であり、政府が関わるプロジェクトも非常に多いです。

ドバイがブロックチェーンを採用することで、ブロックチェーン業界にも世界のマネーが集まる可能性が大きいでしょう。

また、不動産系のブロックチェーンプラットフォームにとっては競争が激化する脅威でしょう。

Huobiもまた各国とのつながりを意識した提携を広げており、取引所競争では着目しております。

 

あわせて読みたい

WBFWorld Blockchain Forum)とドバイ・ブロックチェーンセンターが戦略的パートナーシップを締結

住友商事とビットフライヤーブロックチェーンが提携し不動産プラットフォームを開発へ