ベネズエラで増える個人マイニングの参入、莫大な電気代を要するのになぜ?

ニュース

インフレへの対策で増えているマイニング

ベネズエラにおけるハイパーインフレーションの影響が、(中略)暗号資産需要を喚起している。

引用元:BTCN
ベネズエラ、ビットコインマイナーが10万人規模に(2017年10月23日)より

ベネズエラでは金融が安定していないため、自国通貨への信用が低下し、 暗号資産への需要が高まっている ということです。

日本などの先進国では主に投機対象としての需要が高まっていますが、 発展途上国では切実な問題 となっているようです。

 

 

隠れてマイニングに勤しむ人が多いという実態

オフィス街の一角、施錠された密室で、マイニング用のコンピュータが20台動いている。(中略)ガレージの地下室、オフィス、あるいは倉庫に至るまで、秘密警察の目を逃れて採掘に勤しむ人びとが存在する。

引用元:BTCN
ベネズエラ、ビットコインマイナーが10万人規模に(2017年10月23日)より

秘密警察にまでバレてはいけないくらい危険な状況下でのマイニングが行われているようです。

 電気代やパソコンの量もかなり必要なはずなのに、なぜそこまでしてマイニングに取り組むのでしょうか 

それだけメリットの方が大きいということのようですね。

 

集団として取り組むことの多いマイニングだが

マイニングは(中略)世界中のどこからでも参加することが可能だ。(中略)電気代の低い地域で、データセンターのような専用のマイニングファームを設立し産業的に事業を行うことが多い。

引用元:BTCN
ベネズエラ、ビットコインマイナーが10万人規模に(2017年10月23日)より

個人でマイニングに取り組むというのも不思議な話です。

先ほど挙げた電気代や膨大な数のパソコンなどを理由に、 普通はある程度の規模のコミュニティを作って行う ものです。

個人でやる意味が隠されているような気がします。

 

無料の電気を使って、ビットコインを稼ぐ

ベネズエラは今年9月、2,400%のハイパーインフレーションに見舞われていると試算されている。外貨である米ドルを調達する方法も乏しく、ボリバルの価値が日に日に減価していくことに耐えかねもはや自国通貨への信頼をなくしたベネズエラの人びとは、ビットコインで日銭を稼ぐことに活路を見出しているようだ。ベネズエラの電気代には助成金が出ており、殆ど無料で電力を使用できる。

引用元:BTCN
ベネズエラ、ビットコインマイナーが10万人規模に(2017年10月23日)より

冒頭にもありましたが、ベネズエラのインフレは深刻なようです。

これまで世界的にもっとも信頼度の高かった米ドルを調達できなくなり、自国通貨の価値が失われているということです。

これからの 金融を大きく変えると言われているビットコインなど暗号資産に期待が集まる というのはうなずけます。

加えて、全世界的な通貨であり、ブロックチェーン技術の安全性も高く評価されています。

大きなポイントは、 ベネズエラでは電気代がかからない ということです。

将来性のあるビットコインを稼ぐことで、今後の生活を成り立たせようとしているのです。

 

 

電力使用規制を逃れるためにサーバーを分散

ベネズエラにおいては(中略)電力使用量を監視し、異常値を検知すると強制捜査に入ることは知られている。そのため、マイニング機器は分散して設置し、サーバーを海外に設置することで監視の目を逃れているようだ。

引用元:BTCN
ベネズエラ、ビットコインマイナーが10万人規模に(2017年10月23日)より

電気代がほとんどかからないとはいえ、電力使用量は規制当局の監視下にあるようです。

マイニング機器を分散しているということですが、そう長くは続かないような気がします。

特に ビットコインのマイニングは難易度が上がっており、個人ではなかなか生計を立てられるほどの報酬を得ることは難しく なっています。

どのようにして極限の環境下を乗り切っていくのでしょう。

 

信用できない自国通貨からビットコインへ

10月の出来高が645億ベネズエラ・ボリバルの高値をつけた。これは(中略)実質レートでは200万米ドルほどの計算だ。米政府は(中略)追加の経済制裁を行う大統領令に署名したと発表。国内に外貨が枯渇し、自己の資産を守る手段としてビットコインが選ばれた。

引用元:BTCN
ベネズエラ、ビットコインマイナーが10万人規模に(2017年10月23日)より

米ドルへの依存が難しくなり、資産を守るためにはビットコインが必要な状況になってきていることがうかがえます。

これはベネズエラに限らず、 多くの発展途上国の間で流行る と思われます。

これからもビットコイン価格は上がり続ける根拠はたくさん挙げられていますが、この理由がもっとも説得力があるのではないでしょうか。

サトシナカモトですらも想定していなかった需要かもしれません。

 

発展途上国での需要が広がっていく

「依然として、ビットコインにアクセスできる人びとの数は1%に満たない」という。(中略)Surbitcoinが、銀行口座が突如凍結、その2週間後に操業を再開した。しかしながら、ベネズエラ国内ではビットコインでの支払いを優先的に受け付ける人びとも現れているようだ。(中略)「ビットコインを優先して支払い方法として受け付けることは、ベネズエラの不確実性に対する助けになるかもしれない」

引用元:BTCN
ベネズエラ、ビットコインマイナーが10万人規模に(2017年10月23日)より

こうして人々の生活を守ることにビットコインの存在が寄与しているのは大変嬉しいことです。

私たち日本人のように、安定した金融環境のもとで暮らしている者にはわからない不安もあるでしょう。

 投機に走らず、堅実な成長を期待 します。

 

 

ビットコインは本当に発展し続けるのか

これに関しては正直誰にもわからないでしょう。

ただ、ここで挙げた例のように、資産を守るための安定した環境を求めている人は大勢います。

初代ゆえの性能の欠陥があるという声もありますが、分散型のブロックチェーン技術を搭載した 暗号資産が世界中の国の金融システムの安定化を図ってくれる ことを祈ります。

 

他の発展途上国に関する記事を読みたい方はこちら

 

マイニングの実態についてもっと詳しく知りたい方はこちら