Litecoin(ライトコイン)の半減期は本日行われます

海外ニュース

Litecoinの半減期は本日19時ごろに行われると推定されています。

Litecoinの半減期は約4年ごとに発生し、840,000ブロックごとに行われ、ブロックの生成時間は約2.5分かかります。

最初の半減期は2015年8月に行われ、マイニングブロックの報酬が50 LTCから25 LTCに減少し、今回の半減期では報酬は1ブロックあたり25 LTCから12.5 LTC /ブロックに減少します。

過去の傾向からすると、半減期に差し掛かるに連れ、その通貨の価格は上昇傾向にありましたが、今回のLitecoinの場合は半減期前に相場が下落トレンドになったため十分価格が上がり切りませんでした。

Litecoinの創設者であるチャーリー・リー氏は何年も暗号資産市場の半減期を見てきており、その経験から、半減期が訪れるのは誰もが知っていることで、価格上昇はすでに終了していると7月の中頃にコメントを残し、さらに今回の半減期で利益を出せなくなり撤退を余儀無くされるマイナーが出てくるとも示唆しています。

マイナーの数が減ってしまうと、ハッシュレートが低下し、ハッシュレートが落ちてしまうとその暗号資産の価格が下落傾向にありますが、ハッシュレートが一定の水準まで下がり採掘難易度が底を付き、調整され始めるとマイナーが戻ってくるので、また価格は上昇していくと見ています。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

半減期というのは暗号資産にとってはファンダメンタルズとなりますが、一般的な考え方では浸透しておらず、半減期を迎えるとどうなるのか分からないというのが大半です。

歴史から学ぶとすると半減期を迎える手前で価格が上がり、半減期が過ぎた後では価格が戻ります。

そして、 暗号資産の価格に影響するのは銘柄単体のファンダメンタルズよりも市場のトレンドの方が大きいです。 

今回もまさに市場のトレンドに引っ張られる形で価格が形成されております。

 

半減期が過ぎた後の暗号資産自体はどうなるのか。

半減期前後で多少のマイニング事業者の入れ替わりは置きますが、実際には内容が変わってしまうほどの大きなインパクトは起こりません。

すでに半減期は織り込み済みの情報であるために、ビジネスで参入する企業は半減期を前提としているからです。

しかし、市場の理解がついて来ていないのは事実です。

半減期は承認アルゴリズムにおいて重要な役割を持ちますが、コミュニティの混乱を招く可能性があるのため、半減期を採用をするアルゴリズムは減るかもしれません。

 

あわせて読みたい

Litecoin財団がBiboxTernioと提携し、デビットカード「Litecoin BlockCard」発行

[情報量日本一]Litecoin(ライトコイン)をコインオタクが徹底調査!Bitcoinを引き継ぐコインとは?