生徒と教師を直接つなぎ、教育システムを変えるブロックチェーンプロジェクト計画

ニュース

高等教育の費用が急騰し、学位取得のために20万ドルの負債を抱える学生が一般的です。

このシステムは、エリートに対応するように設計されていますが、クラスの移動を可能にするためにはほとんど行いません。

これは、自動化が経済全体に広がり、単純な仕事の一部を置き換えるにつれて悪化することが予想されます。

ODEM(オンデマンド教育市場)という新しい会社が登場し、この問題を解決しようとしています。

解決先は非常にシンプルです。

革新的な新技術を使用して、システムの非効率性を削減し、生徒と教師を直接つなぎます。

プラットフォームの基本的な考え方は、教育業界の信頼できるメンバーと学生をつなぐことです。

技術は、通常、教育業界が物理的境界によって制限されている場合、国境を越えた関係が生じることを可能にすることによって、多くの新しいつながりを可能にします。

プラットホームの実現により、学生の住宅、交通機関およびその他の必需品の管理がより簡単になり、さらに多くのオプションが利用可能になります。

ODEMの拡張可能な側面は、国内外の学生が教育を受けるプロセスを改善するのに役立ちます。

ODEMトークンは、仲介人を切り離しソフトウェアプラットフォームのライセンスとして機能することで、このイノベーションの実現の鍵となるものです。

このプラットフォームは、イーサリアムベースのスマートコントラクトによってサポートされているため、学生と教授の間のすべての契約が簡素化されます。

イーサリアムブロックチェーンの使用はODEMの機能に不可欠です。

このシステムの透明性と支払いの円滑化が、このサービスの重要な利点です。

ODEMの3つの主要な使用事例は、市場を分散させ、複雑な関係を調整し、取引を円滑化することです。

ODEMが全種類の市場シェアを獲得するための唯一の方法は、これらの分野のそれぞれでかなりの量を革新することによるものです。

 

トークンの販売

オーダーメイドの学習は未来であり、ODEMは、中等後教育が直面している低品質で高コストの問題への解決策を提供する最初の企業の1つになるかもしれません。

プロジェクトチームは、生徒と教師が直接的なレベルで交流し、相互作用することができれば、より多くのことができ、より良い学習成果が生まれると信じています。

この解決策を市場に出すためにはICOが必要であり、ODEMは2月17日に開始する予定です。

トークンの販売で注目されていることの1つは、KYCまたはお客様の知るルールに従う必要があることです。

他の投資と同様に、投資家に関するある程度の情報を規制当局が利用できるようになれば、投資家は当該トークンに投資する資格があると確信することができません。

部のトークンの販売では、これらの要件を自己責任で無視していますが、ODEMはベストプラクティスの実施に重点を置いています。

ユーザーはodem.ioでODEMトークンの販売を事前登録することができます。

 

 

引用元:THE COINTELEGRAPH

翻訳:nakano