暗号資産のトレンドが変わった?Coincheck被害を受けた僕が思うこと

サラリーマンベア

確定申告シーズンも終え、年度末で会社員の人は特に忙しい毎日が続きますね。

本業に勤しんでいる私も同様で、新規案件が佳境を迎えドキドキな毎日です。

それでも相場は待ってくれませんし、投資は自己責任の一言に尽きます。

自分の設定した金融的目標を達成できるよう、花粉症ニモマケズ頑張っていく所存であります。

さて、そんな中、驚くべきニュースが3/23にやってきました。

既に皆さんはこのニュースをチェック済みでしょうか?

香港の暗号資産交換業者に警告 金融庁が発表

 金融庁は23日、世界最大とされる暗号資産交換業者のバイナンス(本社・香港)に改正資金決済法に基づく警告を出したと発表した。同社は無登録で日本での営業をしており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。無登録業者の監視で違法行為を摘発し、健全な取引環境を整える狙いだ。

出典:日経新聞2018/3/23記事より

SNSでも有名なチャーリー・タカ氏が関係しているブロックチェーンラボラトリー(本社マカオ)に続き2社目とのこと。

Binance(バイナンス)社CEOの真摯とした対応

Binance(バイナンス)社は新興勢力ながら急成長している世界有数の中華系暗号資産取引所です。

詳細はこちらにお譲りするとして、今までは日本に積極的に進出していました。

日本は過去の産業政策失敗の反省からか、国際的な金融競争力をつけるため、暗号資産には好意的でした。

世界で初めて、法的な決済手段として暗号資産を合法化したこともあり、暗号資産を積極的に取り入れている国の1つでした。

Binance(バイナンス)CEOの趙長鵬氏(Zhao ChangPeng)は積極的にTwitterを活用することで知られており、今回の日経新聞の記事にも苦言を呈していました。

水面下で金融庁とやり取りしている中、日経新聞の決めつけられた報道には不満があったようですね。

結果的に、正式に「イエローカード」を受けたわけですが、趙長鵬CEOは金融庁の指摘に対し、真摯に対応しました。

後ほど、マルタに拠点を移すということが発表され、また未来ある企業が日本に投資してくれないのかと、暗澹たる気持ちになりましたが、、、

軽率なCoinCheck社が引き起こした”風”の変化

NEMの不正流出がCoinCheck社で発覚して以降、日本政府の方針は 市場原理に任せ過ぎるより、投資家を保護する方向にかじを切った と考えて頂いて間違いないと思います。

今回のCoinCheck事件ではマルチシグ(複数署名による保護)、コールドウォレット(ネット切断管理)対応がなされていない一方、積極的に集客をするなど、「軽率」な対応が多々、見受けられました。

若く有望な和田社長は高すぎる授業料を払ったわけですから、真摯に信頼回復に努めて欲しいですね。

彼らが意図しなかったにせよ、CoinCheck事件により政府の対応が変化したのは間違いありません。

世界的に暗号資産(暗号通貨)を監視下に置く潮流へ

今回のG20会合では具体的な暗号資産の規制策は出ませんでしたが、

・アンチマネーロンダリング

・フィンテックへの対応

この2つは大事だよね、ということで合意形成されました。

日本は森友スキャンダル、世界ではロシアスキャンダル、米中貿易戦争と大きな問題が山積しているので後回しにされた感は否めませんでしたね。

本来、暗号資産は非中央集権、グローバルな即時決済と、お金の流れを掴み管理下に置きたい国家にとっては厄介な存在でした。(通貨発行権は是非、勉強して下さい)

しかしながら、 イノベーションを封じ込めることはできないため、あの手この手で監視下に置こうと各国の金融当局は躍起 になっています。

今後は匿名性の高い通貨からメスが入れられ、ICO規制なども議論されることは間違いないでしょう。

但し、民主主義のプロセスから、即座に禁止!!ということはできないので、規制の議論は少なくとも夏頃まで大きく出ないと私は判断しています。

暗号資産(暗号通貨)は自己責任の領域が大きい

今回のCoinCheck事件で私もアカウントがロックされ、NEMが強制決済されるなど、被害を受けました。

CoinCheck社が自慢していた「セキュリティーの高さ」とかけ離れている実態に不満が募り、先延ばしするかのようなプレスリリースには不信感を抱きました。

投資家保護の観点からすると今回の規制議論は仕方ない面もあり、長期的には健全な市場の発展に寄与することは間違いありません。

自己責任の領域の大きさを痛感しました(リスクヘッジをしていたので問題ありませんが)し、逆に暗号資産(暗号通貨)自体の仕組みは強固であることが再度学べました。何事からも学ぶということを信条としていますが、今回の一件も大きな気付きがありました。

暗号資産業界が盛り上がるのは確実な中、こ良貨、悪貨を見分けるチカラを付けていきたいですね!

そう、このコインオタク(Coin-Otaku)で。

国内取引所についてもっと詳しく知りたい人はこちら

海外のおすすめ取引所バイナンス(Binance)はこちら

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b