【情報量日本一位】Noah(ノアコイン)を徹底調査(4月28日更新)

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

皆さんはNOAH(ノアコイン)をご存知でしょうか。
昨年2017年に 『フィリピンの都市開発を支援し、社会問題の解決』 を目指してICOを行った通貨です。

代理店を立て販売していたことや過剰なプロジェクトをかかげてしまったため 『詐欺コインだ!』と世間をにぎわせたコインでもあります。 ただその一方で、今後NOAH(ノアコイン)は暴騰してくるだろうと考えられている方も多数おられます。

そんな詐欺コインとして名を馳せる事になってしまった「NOAH(ノアコイン)」が、再び暗号資産市場をにぎわしているようです。
また、WORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL 2018にNOAH(ノアコイン)プロモーターの泉忠司氏も登壇するということで今後楽しみでもあります。
そんなNOAH(ノアコイン)の詳細ついてまとめたので一緒に見てきましょう。

Noah(ノア) ヘッドラインニュース

【速報】ノアコイン仕掛け人泉氏、訴訟

今回、訴えられた株式会社ONE MESSAGEおよび泉忠司は、発売していた情報商材、「仮想通貨バイブル」および「パルテノンコース」を購入した消費者が支払った代金、そして原告側の特定適格消費者団体(不特定かつ多数の消費者の利益を擁護するために差止請求権を行使するために必要な適格性を有する消費者団体として内閣総理大臣の認定を受けた法人)へ支払う報酬ならびに費用を負担するよう原告側から求められています。
今回の訴訟は、消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律に基づいた請求であり、実際には得られない利益を誰でも確実に得られるなどと虚偽または著しく誇大な説明や勧誘をして、情報商材を販売したことが原因です。

訴訟された情報商材は、DVD5巻セットで構成された「仮想通貨バイブル」および、イスラエルの企業と開発したと称されたハイスピード人工AIシステムの「パルテノンコース」です。

「仮想通貨バイブル」はメールやライン等で行われ、泉被告が「このサイトにたどり着いたあなたはすでに億万長者になることが約束されたも同然です」や情報商材の価格に関して「100万円で安すぎる」と説明しながら「特別価格」など表し、10万円以下の価格で販売するなど、消費者の価値判断を誤らせる意図があり、実際の商材コンテンツに関しては具体性のない極めて抽象的かつ断片的な内容に過 ぎず、勧誘における被告泉の説明を聞いた一般人が期待を抱くよ うな、誰でも簡単に確実に多額の利益が確保できるような内容では全くなかったと原告側から言われています。

また、追加料金で入ることのできるVIPクラスにおいては「無期限の億万長者インサイダーLINEグループ 」や、「特別セミナー」への参加可能が可能となり、その価値は1000万円の価値があるような表記をしていましたが、実際には通常のコースと同じく、勧誘内容に反した抽象的かつ断片的なもので、到底、 「VIPクラス」に参加しても、これをもって「仮想通貨バイブ ル」だけを購入した場合より有利に利益を得られるはずのないものであると訴えられました。

「パルテノンコース」は簡単な初期設定だけ済ませればAIが自動的にお金を増やしてくれるような表記がされていましたが、実態はAIが何らかの判断をして取引を行うわけではなく、「パルテノンコース」を利用している他のトレーダーの取引をなぞって自動取引するだけのシステムであり、イスラエルの会社と開発するや、人工知能を利用したシステムというのはもっぱら嘘だったと原告側は主張しています。

訴状について詳しくはこちらへ

NOAHの特徴

・フィリピン経済の成長に着目

日本とフィリピンの取引および市場の強化に焦点を当てた暗号資産プラットフォーム。「フィリピン人が稼いだお金は、フィリピン人に還元する」という想いのもと、この国際送金にかかる10~12パーセントの手数料をほぼ無料にすることを目標にしている。

・Ark Wallet

iOS、Android、ウェブプラットフォームで無料で使える暗号資産アプリケーション

・Ark Remit

日本からフィリピンにペソを送金する際にかかる手数料を10%から2~3%に削減できる

 

目次

NOAH(ノアコイン)の基本情報(10月22日更新)

通貨名:NOAH COIN

通貨記号:NOAH

発行上限:915億8,400万枚

(ノアコイン総発行枚数2,160億枚のうち、1,244億1,600万枚(57.6%相当)をバーンすることを発表2018/3/16)

販売時期: 第1期プレセール期間 2017年1月11日~3月19日            

              第2期プレセール期間 2017年4月3日~5月28日

2018/3/12「HitBTC」に上場しました

販売価格: 第1期プレセール・・・1円=1.44noah 販売上限 23.11億noah

第2期プレセール・・・1円=1.263noah 販売上限 55.85億noah

*第3、第4プレセールは中止されました。

ブロックチェーンのタイプ:ERC20

NOAH(ノアコイン)の上場先一覧

HitBTC(ヒットビーティーシー) ※6/3日本在住ユーザーの取引は中止となりました。

Livecoin(ライブコイン

Changenow(チェンジナウ)

Changelly(チェインジリー) ※両替所

MERCATOX(メルカトックス)

BTC-Alpha

Yobit(ヨービット)

Noah(ノアコイン )公式SNS

公式サイト: https://noahcoin.org

ツイッター:https://twitter.com/NOAHCOIN_Proj

テレグラム: https://t.me/NoahCoinCommunity

Facebook: https://www.facebook.com/NOAHCOINOfficial

アクセス数: 米国がトップ

SNSの規模:Twitter:7316follwer Telegram:19155members facebook:58,568 likes

公式YouTube:

NOAH(ノアコイン)の特徴(10月22日更新)

NOAH (ノアコイン)プロジェクトの特徴

NOAH(ノアコイン)が着目しているのは、フィリピン経済の成長です。

フィリピン経済の成長には下記の課題を解決することが必要だとノアプロジェクトは考えています。

Points

1.未設備の決済インフラ

2.わずか3%のクレジットカード普及率

3.非銀行利用者層が70%超

4.フィリピンへの送金コストが6%から10%

5.不十分なオンライン・バンキング・システム

40年間で人口は3倍となり、1億人に到達しています。平均年齢は日本の45歳に対し、24歳と、これからのフィリピン経済を担う若者が多く控えています。また、フィリピンは自国語のタガログ語と英語の二言語を公用語としており、ASEANで英語を公用語としているのはフィリピンだけなので、英語を必要とする業務を行う場所としてオフィスがフィリピンに設置されるなど、経済的な利点も持っています。

しかし、急速な発展とは裏腹に、未解決の課題も多く残ります。このプロジェクトメンバーが特に注目したのは、フィリピン国外で働く労働者が本国に送金する際にかかる手数料です。1,000万人のOFW(Overseas Filipino Workers)と呼ばれる出稼ぎ労働者がフィリピンに送金する額は年間で3兆円ですが、年間にそのうちの10パーセントほどの3,500億円が送金手数料として海外送金業者に搾取されています。 NOAH(ノアコイン)は「フィリピン人が稼いだお金は、フィリピン人に還元する。」という想いのもと、この国際送金にかかる10~12パーセントの手数料をほぼ無料にすることを目標にしています。

2016年に発足したNoahプロジェクトは、主に日本とフィリピンの取引および市場の強化に焦点を当てた暗号資産プラットフォームです。

このプロジェクトでは、送金、B2BおよびB2C決済用のブロックチェーンを活用したアプリケーション、さらにはフィリピンの主要不動産プロジェクトとの提携などによって、日本とフィリピンの市民、旅行者、企業間にあるギャップの橋渡しをすることを目指しています。

※暗号資産は今後多くの送金の方法に変化をもたらしそうです。リップル国際送金システムはマクロファイナンスから世界に変革をもたらしそうです。詳しくはこちらへ

NOAH (ノアコイン)目的

フィリピン国内におけるデジタルコマースおよび電子マネー送金は、日本と比べて何十年も遅れています。クレジットカード保有率はわずか3%であり、このため店舗では、クレジットカードの利用 に多額の手数料を課金しており、この高コストのために、商人がその利便性を享受することが不可能となっています。

ブロックチェーン技術を利用することで、Ark Walletはユーザーによる暗号資産およびその他不換通貨の容易な送金・受け取りを可能にします。このことはArk Walletしように対するインセンティブとなるのです。

NOAH(ノア)コインのサービス紹介

Ark Wallet

Ark Walletとは、iOS、Android、ウェブプラットフォームで無料で使える暗号資産アプリケーション です。このウォレットにより、ユーザーはBTCコイン、 Ether、Rippleといった暗号資産、さらには自社暗号資産のNOAHCOINの送金・受け取りが可能となります。さらに、ユーザーがNoahエ コシステム内の決済を行うことも可能となります。

Ark Remit

日本からフィリピンに10,000ペソを送金する際の平均コストは10%です。現在利用可能な従来型の送金方法にかかる多額のコストが原因で、非常に残念な状況となっています。

Ark Remitを使えば、 このコストは2-3%まで低減することができます。 Ark送金プラットフォームにより、ユーザーはウェブベースのアプリケーションを使って、日本からフィリピンに送金することが可能となります。ユーザーは、暗号資産およびプラットフォームのトークンを使って、従来の送金方法よりも早く、安く、簡単にフィリピンに送金できるようになります。

NOAH (ノアコイン)が目指す世の中

今後は、すべての場所でノアコインが使える街、ノアシティが第二のBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)として誕生させることがビジョンとして掲げられています。

また、観光地として有名なミンダナオ島にノアリゾートを開発するプロジェクトも存在しています。ノアシティ ETON CITY(イートンシティ)エリアに、約40ヘクタールの土地を開発予定とのことです。 ホライズンマニラというマニラ市の最新埋め立て地プロジェクトの一環として、高級住宅街や大手企業の高層オフィスなど、マニラ首都圏で、最も成長し、発展が期待される最先端都市が創られるということです。ノアコインは市内で割引を受けるトークンとして使用される予定になっています。

ノアリゾート

フィリピンミンダナオ島にある「ダカックビーチリゾート」の開発プロジェクトです。テニスコート、ビリヤード・ボーリング、ゴルフコースなどの施設の利用費やホテルの宿泊費を、こちらもノアコインで支払いができるようになるとされています。

NOAH (ノアコイン)の将来性

ノアコインは保有しているNOAHに応じて配当をもらえるシステムとなっており、初年度は20%次年度は17.20%と徐々にもらえる配当は減っていきます。このため購入が早ければ早いほどほど利益は大きくなっていきます。

NOAH (ノアコイン)ロードマップ

プレセール1 (2016年12月4日-2017年3月19日)

プレセール2 (2017年4月3日-2017年6月16日)

Revolution Precrafted との覚書締結(2017年4月)

NipponPay との覚書締結(2017年6月)

SCI(2017年7月24日)ホワイトレーベル・ウォレットARK

オーガニック・オスメニャ(CrowKart) (2017年8月29日)

Noahシティーホライゾン・マニラ Jbrosの覚書締結(2017年9月30日)

Noahリゾートの覚書締結(2017年10月4日)

ダカッタでの利用開始(2018年第1四半期)

Ark Walletのローンチ(2018年第1四半期)

Ark Remitのローンチ(2018年第3四半期)

NoahリゾートでのNoahトークン利用開始(2022年)

NoahシティーでのNoahトークン利用開始 (2023年)

NOAH (ノアコイン ) ウォレット

ノアコイン のウォレットは、下記のURLからダウンロードが可能になっています。

NOAH Wallet(アンドロイド)

NOAH Wallet(iOS)

NOAH (ノアコイン) エアードロップ

NOAH (ノアコイン)のエアードロップの期間には制限がありなんと2018年6月30日まででした。

ノアプロジェクトサポート事務局から問い合わせの件についての回答ということでラインで一斉送信されました内容がこちらになります。

●【重要】エアドロップの期限について
6/30までにエアドロップをお願いいたします。
7/1以降、エアドロップ不可となる予定ですので、
エアドロップを行なっていない方は、急ぎでウォレット作成、エアドロップをお願いいたします。

●iOS版のNOAH Wallet・期限について
iOS版のNOAH Walletに関しまして、現在App Storeへ申請中です。
ただ、審査結果の確定時期および審査通過有無については、
Apple側の判断となり、結果も確約されませんので、
期限までのエアドロップをお願いします。

●Airdropについて
当初、Airdrop申請から配布まで48時間以内と案内しておりましたが、現在大変多くの申請が来ております。
またトランザクションも混雑しており、配布まで48時間以上の時間を要しております。

順に、Airdrop完了しておりますので、まだ完了していない方は今暫くお待ち頂くようお願い申し上げます。

●Android版NOAH Walletアプリのダウンロードについて

Androidのバージョンが4.4以上の端末の動作確認は行っていますが、バージョンが5.0以下の場合は動作速度が遅く、データの取得に時間がかかりすぎる場合があります。
そのため、推奨OSに関しては6.0以上としてPlayStoreに記載させていただいてます。
バージョン6.0以上のAndroid端末のご利用をお願いいたします。

●メールが届かない方に関して
まず、迷惑メールをご確認ください。
確認し、受信できておりましたら、迷惑メールに入らないよう受信設定を行ってください。

迷惑メールにも入っていない場合はメールの契約業者にお問い合わせください。
(特に、携帯メールの場合は、受信拒否される場合が多いようです。
docomo等、携帯電話会社にお問い合わせください)

●マニュアルに関して
NOAH walletに関しては、英語版マニュアルをHPに掲載しております。

◆ NOAH公式テレグラム ◆
7/1以降、以下にサポート窓口が一本化されます。
テレグラムアプリのインストールとグループへの参加をお願いいたします。

上記の内容に関する質問に対しての返答は控えさえていただきます。
ご理解のほど、宜しくお願い致します。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
NOAH(ノア)への質問お待ちしております!
 

NOAH(ノアコイン )のトークン配分

40% 現金資本及び、事業経営

15% Ark Wallet

10% Ark Remit

25% 技術向上

10% コンプライアンス及び法務

 NOAH(ノアコイン)運営メンバー

▽クリックで画像拡大▽

NOAH(ノアコイン)の最新情報(2月15日更新)

WORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL2018に協賛 2018/10/13に行われたWORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL2018にカガヤン経済区域局最高責任者のRAUL L. LAMBINO長官がゲストスピーカーとして参加しました。またその中で以下の5点についての言及がありました。

NOAH(ノアコイン)とODXが提携 ※インターネット環境がなくてもノアウォレットで決済可能!

ODXとは一日に限られた時間しかインターネットを利用できない新興国のユーザーに対して無料で使えるプラットフォームを提供するというものです。費用は企業が負担し、その代わりに新たな顧客を獲得するシステムとなっています。

NOAH(ノアコイン)基軸の取引所が開設(2019年)
※フィリピンのカガヤン地区にて

フィリピンのカガヤン州経済特区【CEZA】はフィンテック企業と提携しすることで、より新しい技術によって世界的な商取引の推進、貿易の拡大や金融ソリュ ーションへの貢献を通じて同地域の経済発展を企図しており、今回ノアコイン基軸の取引所が設立されると発表がありました。取引のための買いオーダーが集まり、価格の安定化・上昇への要因となります。

NOAH(ノアコイン)独自のブロックチェーン技術の開発 ※ERC20からの脱却

現在ノアコインはERC20というイーサリアムのICOで使用されているトークンを使用しているため、取引所の開設にあたってなのかノアコイン独自のブロックチェーン技術の開発を行うと発表がありました。

NOAH(ノアコイン)決済をテーマにしたドラマを日本で制作決定(2019年春)

ノアコイン認知のためのドラマを日本で製作することが決定しました。

しかしながら現在ドラマについての情報は見つからないのが現状です。

NOAH(ノアコイン)が上場する「FCoin」取引所とは(10月22日更新)

FCoinは、大手取引所Huobi(フオビ)のCTOだったZhang Jian氏が創設しました。取引量でBINANCEを抜いて世界1位になったこともある暗号通貨取引所です。この取引所にノアコインが上場すれば、世界的に認知度が向上します。

さらにFCoinは、セキュリティ性が高いと言われています。

取引所で管理している資産の大部分をコールドウォレットで管理しているので、大事なノアコインも安心して預けることができるというわけです。

また、FCoinの取引手数料は0.1%に設定されています。取引手数料として支払った金額の50%がFTで還元される仕組みであるため、よりお得に取引することが可能です。

実績のある取引所に上場が決定したことで、今後も大手取引所への上場ラッシュがあるのではないか、という期待が持てます。

FCoin上場が決定した2018/10/17にNoah Coinの値段が上がり始めて、$0.001419 2018/10/18に$0.001793となり、直近1週間で最高値を更新しました。(最多取引量の HitBTCにおいて)

Fcoinに関する詳しい記事はこちらへ

NoahPay は現在iOSアプリで利用可能(2月15日更新)

今週、アプリケーションの新しいバージョンを発表しました。それによって、同社は13億人以上のAppleユーザーを国際的に市場に投入することができます。

Noah Payは、顧客と加盟店の両方のために開発されたブロックチェーンベースのツールセットで、暗号通貨取引を行うことができます。アプリケーションは誰もが簡単にその使用方法を理解するのに役立ちます。直感的でユーザーフレンドリーなインターフェースを持っています。登録プロセスは簡単で、わずか数分かかります。ユーザーは自分のアカウントを保護するために2段階認証を設定することもできます。また、送信・受信された金額を追跡することもできます。

このアプリケーションをリリースすることにより、ノアプロジェクトは暗号 通貨の採用を早め、暗号市場の発展を全体として促進することを目指しています。

「私たちのスペシャリストは、コミュニティの機会を拡大し、人々の生活をできるだけ簡素化するために、常に新しい製品を作成しようとしています。 AndroidユーザーはすでにNoah Payをテストしています。そして今、Appleデバイスの所有者がデジタル決済の世界に飛び込む時が来ました。 「13億人のメンバーがNoahエコシステムに参加する可能性があるため、iOS上でNoah Payを立ち上げることができて非常に興奮しています」

とNoahチームは述べています。

同社は2018年12月にAndroid上でNoah Payを開始しました。NoahプロジェクトがiOSバージョンをリリースするのに2か月しかかからなかったので、Appleデバイスの所有者はNoah Coinsを使って暗号購入を楽しむことが可能です。

ノアコインのスペシャリストは近い将来にもっと多くの暗号通貨をアプリケーションに追加する予定です。

したがって、Noahチームは、そのエコシステムへのアクセスを90%以上のモバイルデバイスユーザーに提供しました。彼らは常に自分のAndroidやiOSのスマートフォンやタブレットにNoah Payをインストールすることが可能です。マーチャントとバイヤーの両方のためのAndroidのバージョンは、Google Playから自由にダウンロードすることができます。

NOAH (ノアコイン)の懸念点(12月29日更新)

プレゼン動画で「国家プロジェクト」と謳う

フィリピン大使館は正式に政府の関与を否定し、加える形でフィリピンで暗号資産を販売するライセンスを保有していない、登録されている住所に会社が存在しないと言及しました。 しかし、このようにプレゼン動画内で国家プロジェクトとメンバーが語っている姿が見受けられます。

仕掛け人の泉氏とは?

仕掛け人の泉忠司氏が暗号資産界隈では複数の暗号資産に対してマーケティングで協力をしている点から、ノアコインもその一部と考えられてきました。

市場では、暗号資産以外の投資商品やMLMやHYIP商品(高利回り投資案件)など、いわゆる情報商材を広めている人物と捉えられております。

ローンチ手法と呼ばれるこの方法の良し悪しは置いておいて、ローンチ手法の場合、対象となるサービスは自身が関わっていないことが多いです。

ノアコインも泉忠司氏の広告の一つだというのが当初の見方でしたが、実際はかなり泉忠司氏本人が関わっている様子がローンチ後のイベントやビジネスの交渉の場面までに登場していることから伺えます。

ローンチ手法とは

使ったこともない化粧品を「とても良い化粧品だ!」とPRすることなど。

Lucio Tan(ルシオタン)氏にプロジェクトへの関与を否定される

このように協賛メンバーと紹介されていたルシオタン氏でしたが、PNB(フィリピンナショナルバンク)を通じて、これは虚偽であるとの発表がありました。

以下、発表文。

フィリピンナショナルバンク 会社の声明 フィリピンナショナルバンク(PNB)及びその子会社や関連会社(PNB貯蓄銀行を含む)は、下記のものとは全く関係しておりません。

①Noah Project

②Noah Foundation

③Noah Coins

PNB責任者;ルシオ タン(Lucio C.Tan)又はPNBの他の責任者ら、幹部職、スタッフも同様に、上記①-③と提携はしておりません。 PNBは、銀行またはどの幹部や労働者に対しても上記①-③の販売を行うことやスポンサー(財政支援)に対し懇願(勧誘)することも許可しておりません。 PNBとLTグループカンパニーは、虚偽表示を明確にするためには、如何なる適切な法的手段を取ることは躊躇いたしません。

さらにルシオタン氏は虚偽を正すためなら法的措置も辞さないと反発しました。 期待の声も多いなかで、このようにプロジェクトの信頼度が下がるような事案も発生しています。

コインオタク伊藤
ローンチ時にアピールした点に虚偽があり、後になって実態とは違うという事が露見されております。その後、立て直しを図っておりますが、このような「虚偽が発覚」すると信用が失われるので、フィリピン政府公認!と謳っていた内容が否定された時点である程度のノアコインホルダーは離脱しました。今はフィリピン政府が公認している経済特区(SEZA)の中で活動をしておりますので、一定の和解があったものと思われます。

NOAH (ノアコイン)まとめ(12月29日更新)

NOAH(ノアコイン)も大きく値下がりはしたもののプロジェクト自体はしっかりと進行しているので数年単位での取引を行っている人はあまり心配しなくてもよいでしょう。

しかし、投機を目的として行った人には損失を少なからず被っていると考えられるので諦めて損切りをするか、底値になったのを確認して買い足し、プロジェクトが進行する2022年~2023年頃まで所持するのがよいでしょう。

今は上場発表前の価格に戻りました。大口が利確をするために上場すると発表し買いを煽らせ、大口だけ売り抜けるということも無きにしも非ずなので、飛びついて買うのは危険です。

コインオタク伊藤
暗号資産市場は1年も暗号資産を保有する文化がない中で、ノアコインだけが数年先の未来を期待するトークンホルダーが多いという事は認められる点だと思います。

トークンホルダーの中にはフィリピンに対して興味を持っていることも分かっており、将来的にフィリピンに移住を計画している方も一定数おります。このような環境は興味のない方たちからすると理解しにくいかもしれませんが、トークンエコノミーという考え方を地で行くプロジェクトであると個人的には考えております。

トークン価格の値上がりではなく、プロジェクトの行く末に興味があるという評価です。

※他にも国際協力のプロジェクトでHoryou Token というプロジェクトがあります。詳しくはこちらへ

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Noah(ノアコイン)への質問お待ちしております!
 
コメントがありません。