あのICOは今|上場はまだ先?Jasmy(ジャスミー)の価格などを徹底調査

あのICOは今!?
ICO調査員

こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

日本初GAFAを脅かすという理念を抱えてるJasmy株式会社から発行されたJasmyから目が離せません。

Jasmyの基本情報(11月17日更新)

通貨名 : Jasmy

通貨記号 : 不明

発行上限 : 不明

販売時期 : 不明

販売価格 : 不明

公式サイト : https://www.jasmy.co.jp/index.html

猫さん
伊藤さん、なんでこんなに情報が少ないんですか?
このJasmyのプロジェクトはロードマップなどないTGE案件となっています。そのため、 一般に出回る情報は必然的に少なくなっています。 Jasmyでは縁故募集のみを行っています。
TGEとは TGEとは「Token Generating Event」の略です。この言葉には非常に重要な意味が含まれます。
行うことは「ICO」も「TGE」もほとんど同じです。ホワイトペーパーなどで暗号通貨の情報を伝え、クラウドファンディングで資金を募り、暗号通貨の開発を行い公開する。この流れは同じです。
大きく違うのが 「信頼性」 です。CTIA(暗号資産を専門とする投資アドバイザリー)では投資銀行の長年の経験をもつパートナー調査機関が精査を行い、公開しても問題はないと判断された暗号通貨に対して「ICO」ではなく「TGE」として資金調達を行います。

また、現在のTGEに登録されているプロジェクトは

Performance Labs
Pl^g
Sylo
Single Source
Proxeus
Centrality

になります。

ICO調査員
信頼性が高くTGE案件として認められてるこのJasmyについて詳しく説明していきます!

Jasmyの特徴(11月17日更新)

目的

Jasmyの目的は、IoTにブロックチェーン技術を融合させ、今までにない発想のもと業界・業種の垣根を越えて幅広く利用いただけるプラットフォームを準備しています。 本来の持ち主にデータの主権を取り戻し、個々のデータを安全安心に利用してもらう ということです。

プロジェクトの特徴

 ジャスミー株式会社は、「日本からGAFAを脅かす企業を作る。」 ということを理念に掲げてることが大きな特徴です。

「GAFA」とは、

 

Google/Apple/Facebook/Amazon

の現代の世界を牛耳っている4大巨大IT企業の頭文字をとったものです。

IoT分野で先導をきり優位性を保った製品開発が行えれば、将来的にGAFAに匹敵する企業になる可能性は非常に高いと感じます。

実際に、GAFAの4社はインターネットの発展とともに業績を向上させてきました。

インターネットの次の注目産業は、ブロックチェーンやIoTと言われていますから、そのビックウェーブにうまく乗ればかなり期待ができるのがjasmy(ジャスミー)プロジェクトかなと思います。

JasmyはIoT(モノのインターネット)技術の開発と展開を行っているジャスミー株式会社が発行する資金調達手段として出しているICOです。

TGE案件のため、一般に出回る情報が少ないながらに注目されている理由としては、 ジャスミー株式会社の代表取締役が安藤國威氏、取締役CTOが吉田雅信氏、代表取締役社長が佐藤一雅氏 であることです。

ソニーが日本初のグローバル企業へ飛躍する時代を歩んだカリスマたちが今度はスタートアップ企業を興し、ICOを利用して、もう一度世界へと踏み出そうとしています。

 IoT(モノのインターネット)とは 「IoT」とは「Internet of Things」の頭文字を取った単語です。日本語では一般的に「モノのインターネット」と呼ばれています。IoTを簡単に説明すると、「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。人が操作してインターネットにつなぐだけではなく、モノが自らインターネットにアクセスすることがIoTの特徴です

【CEO特別対談】ioeXがもたらす分散型IoTの世界〜なぜ今冷蔵庫はインターネットに繋がらないのか〜 (COIN OTAKU)

2018.10.16

Jasmyが解決するものとは

このプロジェクトは、現代の社会が抱えてる少子高齢化問題、中央集権体制の問題を解決しようと立ち上がりました。

日本社会が抱える少子高齢化の課題

あらゆるモノがネットにつながる時、人々の生活に密着する「衣・食・住・動」が大きく変わります。 ”誰もが簡単に安全に、そして安心してモノを使うことが出来る仕組み(プラットフォーム)をつくり提供する” というのがJasmyの理念・使命だとされています。

あらゆるモノがネットに繋がる、とはIoT技術のことです。今回Jasmyはこの技術とブロックチェーンの技術を融合させた技術を作ろうとしています。安藤氏らIoTビジネスに注力している理由の一つに 少子高齢化社会問題 があります。

少子高齢化社会の課題点としてあげられるのが、

・老後も働く高齢者の増加

・高齢者の介護

・若者の経済負担

・医療、健康

もっとも重くなる問題がとして介護者への負担額の増加が挙げられる。この負担額の増加は、日本国民全体の課題となる。平均寿命が高い日本で少子高齢化社会問題が解決すれば世界のモデルになります。

その少子高齢化によって生じる課題の負担を軽減するのが、IoTビジネスにおけるテクノロジーであり、今後大きな需要の拡大が見込まれます。

なぜならば、第一次産業革命、第二次産業革命、第三次産業革命では作業の効率化がメインであのに対して、現在直面している 第四次産業革命は衣・食・住・動全てに影響を与えるため です。

IoTのおもな課題としては、 中央集権的なデータ管理による処理速度の遅延、セキュリティ面の信頼性、システムダウン、改ざん等 が挙げられますが、ブロックチェーンの技術を使うことでこれらの課題を解決することが出来ると想定しているのです。非常に親和性の高い技術と言えます。

IoTの市場規模について

▽クリックして拡大

このIoT分野の国内の市場規模ですが、IoT市場におけるユーザー支出額は2017年におよそ6兆円を記録しており、2022年にはおよそ12兆円に届くとIT専門の調査会社であるIDC Japanは発表しました。

その市場の年間平均成長率は14.9%とされており、今後のIoT分野で特に期待されている「スマートホーム」の需要は個人消費におけるIoTへの支出を急増させる可能性があるとIDC Japanは見ています。

「スマートホーム」とは家内の電化製品等をネットワークで繋いで一元管理し、これらをインターネット上のデバイスでコントロールしてライフスタイルを最適化させられる住まいのことです。

従来の中央集権体制の問題点とは

ICO調査員

近年、大手企業の顧客データや個人情報の流出のニュースをよく目にしませんか?

Facebookやベネッセなど、日本だけでなく世界の人々の個人情報の多くを保持しているような企業も、彼らが持つデータを流出させています。これが従来の中央集権体制下で起こる問題です。今までは、大量のひとつの場所に集めて保管してきました。つまり、その保管場所がハッカーや内部の社員によって狙われてしまえば、 一度に多くの情報が流出 してしまうのです。

しかし、ブロックチェーンの技術によって、これらの問題が解決されることが期待できます。

猫さん
伊藤さん、ブロックチェーンではどのように管理して安全性を保ってるんですか?

ブロックチェーンにおいては、分散型のデータ管理を行うため、理論上、脆弱なデバイスに対する誤情報の入力やネットワーク妨害による攻撃を防ぐことが可能です。

将来性

Jasmyは上述した 「IoTとブロックチェー技術の融合」 を実現すべく、ブロックチェーン開発のスタートアップ「Centrality(セントラリティー)」と戦略的提携を結んでいます。

Centralityは2018年1月に開始からわずか6分で完売し、200億円程を集めたICOとして話題を呼んでいました。
このCentralityは分散型アプリケーションDappsのプラットフォームを構築し、開発したDappsをプラットフォーム上で他のDappsと連携したり出来ます。今回の提携によって、JasmyはCentralityの持つブロックチェーンプラットフォームを利用でき、Centralityのデジタルウォレット「CentraPay」やコミュニケーションツールである「Sylo」との連携によって今後の実用化を図ります。

なお、CentralityはAmazonとの提携も交わしており、中長期的には様々なDappsレイヤー同士のシナジー効果も期待出来るでしょう。

また、JasmyがCentralityのプラットフォームを利用する事となれば、Centralityが開発元となっている「Pl^g」とも連携が予想されます。

Pl^gとは、あらゆるブロックチェーンプログラムに互換性を持たせてシームレスに接続出来るようにする為の仮想通貨です。

これらとの提携によって、JasmyはIoTプラットフォームの大規模な拡大を狙います

更に、Centralityは、中国の巨大資本ワンダグループとも提携しており、潤沢な資金面でのバックアップの下、これからもプロジェクトが前進していくことが予想できます。

Jasmyの公式サイトにホワイトペーパーを公開していない為、ロードマップは確認できていません。

Jasmyの製品とサービスに関する情報(11月17日更新)

Iotサービスに通じるモジュールを開発

プロジェクト元であるJasmy株式会社では、すでにIotサービス実現に向けて将来の家電などの組み込み用にAndroidOS搭載のCPUとWifiなどの通信機能を一体化させたIoTサービスの発展に通じるモジュールをすでに開発しており、今後市場への導入を図ろうとしています

2016年10月に幕張メッセで開催されたCEATECでモジュールのプロトタイプを搭載した4GLTE-Androidシングルボードコンピュータを出展し、多くの来場者の高い関心を集めています。今後この通信モジュール、4GLTE-Androidシングルボードコンピュータを使ったIoTサービスの開発、 市場導入を日本で検討されている企業を対象に広く提供される予定 とのことです。

Jasmy IoT デバイス&テクノロジー

JasmyのT字型の戦略プラットフォームのそれぞれの柱となるデバイスと技術です。

LTE-Single Board Computer

LTE-Single Board ComputerJasmy LTE通信モジュール(ACM)は単体でAndroidスマートフォンとほぼ同等の機能と性能を持っています。Jasmy Carrier Board (JCB)と組み合わせてLTEにつながるIoT機器を容易に実現できます。

LTE-Wearabale

LTE通信機能とCPUやメモリー、GPS、Gセンサーなどを内蔵し、Android OSを動かすことができます。スマートフォンでは難しかった環境や使用形態に最適です。

Jasmy IoT Platform

Jasmyのプロダクトやサービスは、お客様のビジネスとユーザーを綱が接点の一元的提供を目指し、3つの仕組み作りに取り組んでいる。

デバイス・マネジメント

一つのデバイスに対し複数のユーザーがそれぞれのセンサーや本体をセキュアに管理可能になります。

データ・エクスチェンジ

データの保有者間であるルールのものセキュアに必要なデータの利用や交換が可能になります。

Jasmy IoT Point Trade Platform

データの保有者間でのデータの利用や交換をする際の簡便な報酬付与システムとして、ポイントの付与交換の仕組みを提供し、都度の対価の支払いを不要にします。

注目の理由とは、安藤氏、佐藤氏のプロフィールとVAIOの歴史

Jasmy株式会社の代表の安藤國威は、電子産業界の大企業であるSONYの社長を務めた経験があり、SONYのマーケティング力、ノウハウがどのように今後のプロジェクトで活かされていくのかと注目されています。さらに、SONYでマーケティングを務めていた佐藤一雅氏(61)とソニーで2007年まで半導体事業本部でシステムLSI事業部長を務め、その後ソフトバンクでiphoneを日本で扱うために尽力した吉田雅信氏(61)が副社長を務めています。

吉田氏と佐藤氏はVAIOの開発や販売面で安藤氏を支え、携帯情報端末「クリエ」なども担当した。また、 SONYの元社員2名も現在ジャスミー株式会社のメンバーとしてプロジェクトに参加している模様です。 安藤氏は経済産業省の委員会の座長や、起業家育成などを視野に入れる長野県立大の理事長を務める。突き動かすのは 「日本発のイノベーションを興したい」 という思いからです。

▽クリックして拡大

安藤氏、佐藤氏のプロフィールとVAIOの歴史

安藤國威(あんどうくにたけ)氏

1969年:東京大学経済学部卒業

1969年4月:ソニー入社

1979年8月:ソニー・プルデンシャル生命保険(現ソニー生命保険)代表取締役常務

1985年7月:同代表取締役副社長

1991年4月:ソニー・エンジニアリング・アンド・マニュファクチャリング・オブ・アメリカ社長兼最高執行責任者

1994年6月:ソニー取締役

1997年6月:取締役退任、執行役員常務

2003年4月:取締役執行役員社長グループ最高執行責任者、エレクトロニクス最高経営責任者・最高執行責任者

2003年6月:取締役代表執行役社長

2004年6月:ソニー顧問 品質、環境担当

2007年:ソニー生命保険代表取締役会長

2012年9月:ビットアイル社外取締役

2014年7月:公立大学法人長野県立大学理事長予定者

2015年12月21日 アドベント株式会社設立

2018年4月:公立大学法人長野県立大学理事長

佐藤一雅(さとうかずまさ)氏

1980年4月 ソニー株式会社 入社

2002年4月 ソニーマーケティング株式会社 執行役員

2003年6月 ソニーコミュニケーションネットワーク (現 ソネットエンタテインメント株式会社) 取締役

2005年4月 ソニースタイル・ジャパン株式会社 代表取締役

2007年 ソニー株式会社 クリエイティブセンター長

2012年 株式会社)BJIT 代表取締役社長

2015年12月21日 アドベント株式会社設立

VAIOの歴史

 

 

 

1997年 VAIOノートパソコン505の発売~2014年春まで、様々な形状&機能のVAIOがソニー株式会社より発売されました。

VAIOは「Video Audio Integrated Operation」の頭文字とされ、AV機能を重視している。初代VAIOノートパソコンに初めて、カラーリング&デザインを採用した機種。

後にバイオカラーと称される、独特の紫色
シリンダー形状と呼ばれる、本体とディスプレイのヒンジ部のバッテリーの形状が特徴です。

強力なAV機能と個性的なデザインを採り入れたVAIOは大きなブランドを確立した。日経BPが毎年行っている「パソコン満足度ランキング」では、PCブランドを対象とする調査で継続的にトップの認知度を有している。VAIOノートを中心に熱狂的とも言える支持をあつめ、日本のみならずEUや韓国をはじめとした他のアジア諸国でも高い人気があった

VAIOシリーズの出荷台数は、1999年度に約140万台、2004年度に330万台、2009年度に680万台と徐々に増加し、過去最高となった2010年度は870万台となった

2014年7月からは切り離されVAIO株式会社に移管されているためソニー以外製品、例えば台湾製のものなどにも冠されている。VAIO株式会社に移った以降も、ソニーの登録商標である。

また、VRIO株式会社の株主をソニー株式会社4.9%現在も保有しており今もなお深いつながり 今もなお深いつながり が見受けられます。

ソニー株式会社との関係性

注意しておかなければいけないのが、ソニーの元社員を引き連れていても、Jasmyのプロジェクトにソニー株式会社本体は一切関与していないということです。現在「ソニーが関与している?」などと噂されているのは、

・安藤氏はじめ、ソニーの元社員が関わっていることとの混同

・縁故販売元の誇張表現

・VRIO株式会社と次世代IoT事業創造に向け協議を検討開始

これらが原因だと思われます。

Jasmy株式会社からも そのような公式発表は一切行われていません ので、注意が必要です。

ユーザーの知らないところで始まる攻防戦。IoT化される社会はセキュリティ社会 (COIN OTAKU)

2018.09.13

最新情報(11月17日更新)

VAIO株式会社と次世代IoT事業創造に向け協議の検討を開始

新しいブロックチェーン技術を応用した IoT 事業創造に向け、2018 年 11 月より共同での事業検討を開始しました。
具体的な協業内容につきましては、決定次第、公式HPから発表されます。

協業検討の目的としては、ジャスミー及びVAIO が保有する技術及び製造力のシナジー効果により、IoT とブロックチェーン技術を使った新たな商品群及びサービス・アプリケーションの開発の可能性を検討しているとのことです。

SingleSourceとのパートナーシップ提携が決定!

10月17日、SingleSourceの公式ツイッターにて、Jasmyとのパートナーシップ提携が発表されました。ブロックチェーンとIoT技術の融合という点をサポートしていく模様です。 プロジェクトのさらなる進展が期待できます。 

このコラボレーションにより、元ソニーの技術者・デザイナーを中心に設立されたジャスミーが持つIoT技術と独創的アイデアを、Centralityの持つデジタルウォレット「CentraPay」や、リスクスコアリングプラットフォーム「SingleSource」、コミュニケーションツール「Sylo」などのサービスを活用して、優れたブロックチェーンプラットフォーム上に実現し、同社が目指す新たなIoTプラットフォームを提供していきます。

パートナーシップの中核を成すのが、Centralityの高性能でスケーラブルかつ、複数のブロックチェーンに対応する「PL^G」(プラグ)により実現されるブロックチェーンプラットフォームです。このパートナーシップにより、 ブロックチェーンに対応した自律式IoTネットワークの大規模な普及を目指します。 Centralityの技術最高責任者デイビッド・マクドナルドは次のように述べています。
「日本ではスマートエレクトロニクス技術が広く普及しているので、ジャスミーとの提携はブロックチェーンに対応したアプリケーションを日本中の何百万台ものIoTデバイスに届ける素晴らしい機会となるでしょう。」

ジャスミーの副社長 吉田雅信は次のように述べています。
「Centralityは、我々と非中央集権的分権化のビジョンを共有している、とても重要なパートナーです。Centralityと提携することによって、日本のお客様に対して比類のないデータセキュリティと利便性を実現するIoTソリューションをお届け出来ることを大変喜ばしく思います。」

ジャスミーとCentralityが共同開発している、「Secure Knowledge Communicator」の最初の実証実験用アプリケーションを東京で6月26日-27日に開催されるジャパンブロックチェーンコンファレンスにおいて世界で初めてお披露目する予定です。この「Secure Knowledge Communicator」は、セキュリティが確保されたプライベートなブロックチェーン台帳の上で、個人情報を保護しつつエージェントに検証情報を提供でき、コールセンター等への広範囲な応用が期待されているものです。

金融社会が仮想通貨の受け入れ態勢を準備!まずはステーブルコインから (COIN OTAKU)

2018.11.12

まとめ(11月17日更新)

明るい材料もある中で、世間に出回る情報量の少なさゆえに、 Jasmyの縁故販売を騙った詐欺 も発生しているようです。それは、Jasmyの実態が不明瞭なことが原因で起こっているものだと考えられます。TGE案件自体は精査されたICOだと言えますが、Jasmyにまつわる噂のほとんどは、公式発表ではなく、Jasmyの販売代行(縁故販売)を行っている多数のブログサイトや公式LINEアカウントが発信している情報に過ぎません。

TGE案件ということで前向きな意見も多いJasmyですが、ネット上のどの情報に関しても、 公式発表か否かを見極めることが重要 になってくるでしょう。上場時期は2018年12月~2019年にかけてと噂されていますが、これもあくまで公式発表ではなく、縁故販売をしているサイトなどが発信しているものになります。

また、 これらの縁故販売サイトについても注意 が必要です。現状、そのサイトが本当にJasmyのセールを請け負っているのかどうか、を見極めるのは難しいです。それゆえに、少しでも怪しい点があれば、そのサイトには送金しないことが賢明でしょう。

Jasmyが掲げるビジョンも、 IoT×ブロックチェーン という現在注目されている分野なので、上場後の価格の上昇が期待できます。Jasmyが実際にIoTサービスをブロックチェーンを使ってリリースできれば、現在の中央集権的なデータサービスとは違う分散型のIoTサービスが展開されるでしょう。

このJasmyのプロジェクトはロードマップなどないTGE案件となっています。そのため、特にスマートホームなどは、自宅の電化製品から鍵までをデジタル化するので、セキュリティの問題やプライバシーの問題が抱かれていました。

Jasmyがこれらの問題をブロックチェーンの技術によって解決できれば、さらなる注目が集まることも期待できます。コインの購入は上場後でも遅くはないでしょう。正しい投資には正しい情報と判断が必要不可欠になって来ます

 

今あなたが持たれているJasmyコイン、またその他のICOトークンをどうすればいいのかわからない、正しい情報と判断力をつけるためにはどうすればいいかわからない。迷われている場合は必ずこちらもご確認ください!

↓↓

【11月度】COIN OTAKU代表、伊藤健次によるオンラインサロン詳細 (COIN OTAKU)

2018.11.07

 

あのICOは今|Wowbit(ワオビット)今後の価格と最新情報。コインオタクが調べてみました (COIN OTAKU)

2018.11.06