ICO

ICO詐欺を一掃できるプラットフォーム!?VESTARIN(ヴェスタリン)をご紹介!

皆さん、ICOをご存知でしょうか。ICOは資金調達を意味する言葉です。
しかし、最近ではこのICOの90%以上は詐欺とも言われています。世間のイメージも悪いらしいです。
そして今このICO詐欺を一掃するためのプラットフォームが作られているようです。
一体どのようなプラットフォームでしょうか。調査致しました。

ICOとは資金調達のこと

ICOはInitial Coin Offeringを省略した言葉です。 要は資金調達を表します 
別名「クラウドセール」、「トークンセール」とも呼ばれています。

ICOは、新しいプロジェクトで発行した独自の「暗号通貨」や「トークン」が仮想通貨取引所に上場することで、取引所で公式に売買が可能になるのです。
イメージしやすい例えで言うと、クラウドファンディングのようなものでしょう。

クラウドファンディングの場合は、アイデアを提供し、それに対して資金を得ることでそのアイデアが形になります。
ICOの場合も、クラウドファンディングと似たように新しいプロジェクトで発行した独自の「暗号通貨」や「トークン」に対して、仮想通貨でお金を集めるのです。

例えば、企業やプロジェクトで研究や、開発を行うために、独自の「トークン」と呼ばれる仮想通貨を発行して、販売することで研究、開発費などの資金調達を行います。

ただ、ICOがクラウドファンディングと少し異なっている点は、クラウドファンディングがアイデア段階は形になっていないのに対し、ICOはすでにプロジェクトが出来上がっている段階で資金調達するものが多いという特徴があります。

しかし、このICOが最近悪いイメージでとして捉える人が増えてきているようです。

ICO情報をしっかり取りたい方はこちらをご覧ください。

ICOは情報が命!!人気沸騰中のオススメICO情報まとめサイト4選!

ICOに対する世間の悪いイメージ

このように世間では、 ICOのイメージは悪いイメージが定着してしまっている ようです。
ただ、仮想通貨自体やプロジェクト自体が悪いというわけではなく、マーケッターに対して悪いイメージを持っている方もいるようです。

そして最近ではこのICOに関しては規制を強めていくという話も出ています。
詐欺に対する規制に伴い、ICOがどのような変化をもたらすのか大変注目です。

また規制の一方では、ICO詐欺を一掃するためのそもそものプラットフォームを創っているということです。
一体どのようなプラットフォームなのでしょうか。

ICO詐欺を一掃するためのプラットフォーム

今回ご紹介するのが、 ICO詐欺を一掃するVESTARIN(ヴェスタリン)というプラットフォーム です。
それではVESTARIN(ヴェスタリン)とは一体どのようなプラットフォームなのでしょうか。

VESTARIN(ヴェスタリン)の特徴的な機能

このプラットフォームは専門家にICOを管理し、それが「ゴミ」と呼んでいるものを一掃してほしいと考えている。これを経験豊富なアナリストからのデータとレビューと組み合わせると、―投資家にとってのリスクが大きく減少するとヴェスタリンは言う。

引用元:COINTELEGRAPH ICO詐欺を一掃し考案者の成功を助けるプラットフォーム(2018年3月20日)より

こちらのプラットフォームの特徴的な機能として、 投資家に対するICO案件のレビュー・紹介という機能 があります。

VESTARIN(ヴェスタリン)はICO専門家によって統括されています。
詐欺的なICO案件やプロジェクト成功の可能性が低いICO案件は、このICO専門家によって調査され除外することが目的です。

あらゆるICO専門家、技術者であるスマートコントラクトの開発者、有力投資家などがすべてのICO案件を一元的にレビュー・評価して、ユーザーと情報共有するプラットフォームの構築を試みているようです。

VESTARIN(ヴェスタリン)は多言語にも対応

ヴェスタリンは英語とだけでなく中国語、ヒンディー語、アラビア語、フランス語、スペイン語を含む15の言語で利用可能になる予定だ。

引用元:COINTELEGRAPH ICO詐欺を一掃し考案者の成功を助けるプラットフォーム(2018年3月20日)より

VESTARIN(ヴェスタリン)のプラットフォームは、 日本語を含めた15カ国語にてサポート されているので日本人だけでなく世界中の方に安心して利用して頂けます。

日本語以外には、英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、フランス語、ヒンディー語、アラビア語など、世界的に主要な言語は大丈夫です。
世界で通用するプラットフォームにするという意図が伝わってきます。

消費者のための大きな架け橋となるVESTARIN(ヴェスタリン)プラットフォーム

ヴェスタリンの通貨であるVSTトークンは、商品やサービスを購入する入口になるもので、それを財布の中のお金を使うのと同じくらい簡単にすることを目標にしている。プラットフォームに登録している地元の店をユーザーが見つけられるように、ジオ・サーチ機能がヴェスタリンに統合される予定だ。

引用元:COINTELEGRAPH ICO詐欺を一掃し考案者の成功を助けるプラットフォーム(2018年3月20日)より

VESTARIN(ヴェスタリン)はお店と消費者とをつなぐプロジェクトもあるということで、非常に面白いです。
 VESTARIN(ヴェスタリン)プラットフォームに登録しているお店とユーザーがつながり、ヴェスタリン通貨にて支払いができる仕組み のようです。

そこでは誰もが欲しい通貨を手に入れたり売ったりできて、なおかつ決済もできる取引所を目指しているようです。
今や取引所も多くの工夫をしていることがわかります。

先日、日本でもコインチェック事件より取引所の在り方が問われていました。
セキュリティ対策の必要も増えてきており、VESTARIN(ヴェスタリン)プラットフォームも多くの工夫を凝らしたプラットフォームであることがわかります。

今後のVESTARIN(ヴェスタリン)プラットフォームとICOの将来性について

ヴェスタリンは猛スピードの成長を予測しており、19年1月までにユーザー20万人、19年5月までにユーザー100万人が集まると予想している。またその5ヶ月間で、2000の店舗とサービスが8000に拡大するだろう、としている。

引用元:COINTELEGRAPH ICO詐欺を一掃し考案者の成功を助けるプラットフォーム(2018年3月20日)より

今や多くのICO投資家からも注目されており、今後VESTARIN(ヴェスタリン)プラットフォームは非常に大きくなることが予想されます。
先日トークンセールも無事終えられたようですが、この一番の願いとしては、 このVESTARIN(ヴェスタリン)プラットフォーム自体が詐欺にならないでほしい ということです。

今後ICOの規制が強くなる一方で、事前に詐欺を防ぐためにもプラットフォームの在り方はとても大事になってくるかと思います。
今まで通りの投資は難しくなってくることが予想されますが、今まで以上に仮想通貨投資を楽しめるよう、VESTARIN(ヴェスタリン)プラットフォームようなプラットフォームにも期待したいと思います。

引き続きICOにも、このようなプラットフォームにも注目しましょう。

 

ICOに興味のある方にはこちらの情報サイトがオススメ

今注目のICOについてはこちら

 

公式Line@で最新情報をGET!

公式Line@「@eae0487b」では、webサイトCOINOTAKUで配信できないような特別な情報を配信しています!

コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
公式Line@で最新情報をGETじゃ!
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
最新のnewsをどこよりも早くお知らせし、
毎週月曜日にはyoutube動画”コイオタチャンネル”を配信します!
コインオタク伊藤
コインオタク伊藤
ワシが独自ルートで仕入れた上がる銘柄も配信するぞぃ
ビットコイン高橋
ビットコイン高橋
公式@eae0487bでお会いしましょう!

公式Line@リンク:@eae0487b

このエントリーをはてなブックマークに追加