アーティストCOINOTAKUとは?「もっと来い!ビットコイン」を輩出させた彼らの裏側に迫る

レポート

仮想通貨界隈で活動している投資家、トレーダー等を中心に着実にファンを増やしてきているアーティスト「COINOTAKU」。
最近ではCDを発売したり世界的にLIVEツアー行っていたり、時には仮想通貨系のカンファレンスでLIVEセミナーを行ったりと、その活躍の範囲は留まることを知りません。
アーティスト「COINOTAKU」とは何物なのでしょうか?その実態に迫りたいと思います。

アーティスト「COINOTAKU」とは、仮想通貨メディアから飛び出た広報部隊

2MC1シンガーから成るユニット

アーティスト「COINOTAKU」とは、COINOTAKUの代表を務める伊藤健次を筆頭に、弟子のビットコイン高橋、一般人YAMATO(やまと)、その他コインオタクの中の人を引き連れて集結したユニットです。
メインパートをビットコイン高橋が務め、歌のパートをYAMATO、そして賑やかしをコインオタク伊藤が担当する 2MC1シンガー 

MCとはマイクロフォンコントローラの略(広義ではマスターオブセレモニーの略)で、リズムに合わせてラップをする者のことを指します。

曲調はHIP HOPを中心とし、レゲエ、R&B、EDM、POPなど様々なジャンルの楽曲を制作。

曲によって歌い手を変え、メインの伊藤、高橋、YAMATOの3人以外が歌う楽曲も多々存在しますが、最もメッセージが届くようにと歌い手すら変え届きやすい工夫が施されています。

仮想通貨を1人でも多くの人に理解してもらいたいという願いを歌に

COINOTAKUの楽曲は、全て仮想通貨にまつわる内容で成っています。

ビットコインの歴史や未来について解説している曲、ブロックチェーンの技術を解説している曲、仮想通貨の相場について説明している曲、2017年の暴騰時に一躍有名になった「億り人」の行動や心理を表現した曲・・・
後程詳しくご紹介させていただきますが、 様々な角度からこの市場を見ているコインオタクにしか表現することが出来ないテーマ で、この市場の面白さを伝えています。

億り人とは、仮想通貨資産1億円以上を所有している人のことを指します。

ビットコインを筆頭に仮想通貨という言葉は日本国民の98%以上が認知しておりますが、具体的にどんなものか説明できる人は50%以下ですし、実際 仮想通貨に触れたことのある人は20%を切るのが現実 です。

我々コインオタクのメディアに訪れる人は、前提として「仮想通貨に興味がある人」であり、他のメディアも同様。
日本全体の20%以下の同じ人間が、各メディアをグルグルと回っているに過ぎません。

この状態では新たな人に面白さを知ってもらうことは非常に難しく、それどころか2018年初頭に起きたCoincheck(コインチェック)事件などでマイナスのイメージとして認知され、その誤解が解けることは極めて低いのです。

新たな仮想通貨ファンを増やすには別の分野から流入させればいいだけ

この当たり前のような発想ですが実際に行動に移すことが出来ている人はいなく、そのポジションが空いていた為に立ち上がったのです。

「流行っているから乗りかかる」
「異色アーティスト枠を狙う」
「便乗すれば有名になれる」

このような便乗商法ではなく、
 この業界の酸いも甘いも知るコインオタクだからこそ発信できる 内容を1人でも多くの人に届けたい。」

我々の想いはこの1点だけなのです。

メインで活動するメンバーの紹介

メインラップ(RAP)担当、総合プロデューサービットコイン高橋

経歴紹介
Name ビットコイン高橋
D.o.B 1984/03/11
Blood type B
Birthplace 静岡県富士宮市

アーティスト「COINOTAKU」の総合プロデュースを担当しています。

15歳でHIP HOPに興味を持ち、Rapを始め地元静岡県のライブハウスにて活動を開始。5年間活動を行うが、突如ダンスに目覚めグループ脱退。
音楽の世界とは常に寄り添いながら時代の流れを傍観し、様々な時代やテーマに沿った歌詞、曲調を作成することを得意とします。

所属していたユニットRevival Stanceは現在も活動中。
2018年3月にリリースされた1stシングル「もっと来い!ビットコイン」から現在に至るまでの楽曲は、全てビットコイン高橋が作詞作曲監修の元、Revival Stanceメンバーの手を借り製作しています。

実ビジネスとしては人材業界に10年以上在籍し、長きにわたりマネージメントを勤めた経験を持ち、現コインオタクでもバックサポート全般を担当。
各イベントやセミナー等での登壇、ラジオ番組出演などの実績も持ちます。

本人曰く苦手なフリースタイルラップ(即興ラップ/RAP)も時折披露し、ビットコインの価格予想や仮想通貨業界についてのテーマで観客を沸かします。

「仮想通貨 × アート」

ブルーオーシャンの分野ではあるものの、ここまで両足を入れ 尖った人間は彼ひとり と言えるでしょう。

賑やかしパート担当、言葉の魔術師コインオタク伊藤

経歴紹介
Name コインオタク伊藤
D.o.B 1984/01/16
Blood type A
Birthplace 静岡県浜松市
Career一般社団法人Fintech協会会員/国内企業仮暗号貨事業顧問/暗号通貨取引所アドバイザー/暗号通貨投資アナリスト

仮想通貨市場の最前線を知る男」として世界中の仮想通貨界隈の人脈を持ち、国内外のイベントに引っ張りだこ。
各種イベント登壇のオファーは勿論のこと、TV、ラジオ、書籍、司会などの依頼についてもこなし着実にその知名度を上げています。

有名な番組ではワールドビジネスサテライト(テレビ東京)おはよう日本(NHK)モーニングサテライト(テレビ東京)などにも出演した実績を持ちます。

但し、 歌唱力はほぼゼロ 

「一緒にカラオケに行くと楽しい!※友人談」とよく言われるものの、音楽センスは一般人レベル。むしろそれ以下の可能性もあります。

だからこその「賑やかしパポジション」に抜擢。
本人曰く、普段登壇しているセミナーやカンファレンス等で初心者に向けて解説するのと同様にやればいいだけとのこと。

彼の技は主にLIVEパフォーマンス中で発動します。
曲の途中やトークタイムにて仮想通貨の良さを解説し、 サブリミナル効果のようにリスナーの脳裏に刷り込み理解させる「言葉の魔術師」 なのです。

歌パート担当、クールキャラYAMATO

経歴紹介
Name YAMATO
D.o.B 1983/09/16
Blood type
Birthplace 静岡県富士宮市

結成当初RAPパートを希望していたが、あまりにも良質な声帯を持っていた為、ビットコイン高橋によって歌パートを担当させられることになったYAMATO。

・・・というのは建前上。
3人の中で1番歌が上手かった為抜擢されたが、活動しているうちに仕上がり今では欠かせない存在になってきたというのは本人には内緒の話だそうです。

YAMATOはMBA(Master of Business Administration)の学位を持ち、世界的に有名なマーケティング会社でマネージメントをした経験をもつエリートシンガー
高学歴シンガーは世の中に多々存在するかと思いますが、実績ベースでは彼の右に出るものはいません。
スタートアップ企業のコンサルティングや、海外企業のジャパンマーケティングマネージャーなどの実績も持ち、世界を股にかけて活躍しています。

LIVEでは クールキャラポジション 
国内では一貫してクールキャラを演じますが、海外でLIVEする際には一変しておしゃべりキャラへと変身します。

楽曲紹介

アーティストCOINOTAKUの楽曲は、全てのワードが仮想通貨界隈の出来事でまとめられており、様々な角度で表現されています。

その中でも人気の楽曲について一部紹介させて頂きます。

もっと来い!ビットコイン

コインオタクの代表作。ビットコインを中心とした仮想通貨全体の市場についてを歌に乗せて伝えています。

曲調は2000年代のアメリカ、West CoastやSouth Sideで流行ったHip Hopを彷彿させるようなミドルテンポ。
時代の最先端であるビットコインをテーマにしていながら、曲調やPV(白黒)はあえて一昔前のテイストで表現することにより、なじみのあるモノから得体の知れないモノへと時代が移り変わる様を表しています。

歌詞の1番はビットコインが生まれてから世に認知されるまでを描き、
2番は2017年にハードフォークして生まれたビットコインキャッシュやその他ハードフォークについてを描き、
そして最後は仮想通貨市場に対する今後の期待値を歌詞にし、表現しています。

また、サビで何度も繰り返す「仮想通貨」という言葉は1度聴いたら頭に残るような作りになっており、戦略的にサブリミナル効果を演出しているのです。

ライオン

数々のアルトコインが誕生してはいるものの、仮想通貨1.0であるビットコインを超える通貨は未だ誕生しておりません。
そういう意味ではこの業界をけん引しているのはビットコインであり、常に中心に存在するのもビットコインです。

この楽曲は、そんな業界の中心にいるビットコインと、権威の象徴として表現される百獣の王ライオンをリンクさせて表現されています。
群れの頂点に君臨するボスライオンのストーリーとして聴けばその情景が思い浮かび、またビットコインのストーリーとして聴けばその歴史が思い浮かびます。

歌詞の1番はビットコインが誕生してから認知され、その喜びまでを描き
2番はダークウェブやマネーロンダリングに使用され非難を受ける苦悩を表現しています。

何度も繰り返す(盛り上がる)サビパートを持たないのも特徴的。メッセージ性に特化したポエトリーリーディングな楽曲です。

ポエトリーリーディングとは、広義には朗読のことを指すが自身の詩をラップに乗せて表現することを意味します。日本のポエトリーリーディングラッパーとしては不可思議/wonderboy、狐火などが有名。

Amateur Mining Girl

Amateur Mining Girlを直訳すると「マイニング初心者の少女」となりますが、このストーリーはマイニングの機械の気持ちを表現しています。

マイニング機のモデルチェンジはとても早く、次から次へと高いハッシュパワーを持った機械が開発されます。
耐久年数で言えば3年以上は使える機械であるものの、半年そこそこで型落ちとなり、1年も経たずに中古市場に出回るのが現状。
このサイクルの速さを何度も男に捨てられてしまう女性の気持ちとリンクさせ、切ない気持ちを表現しています。

曲調は2010年代から流行しているEDM(Electronic Dance Music/エレクトロニック・ダンス・ミュージック)をモチーフにし、ストーリーとは真逆の楽しい感じを表現。

ゴリゴリのパーティーチューンとして、元気になりたい時に聴けるよう仕上がっています。

Crypto Dragon feat. Key.i.m

1st Albumまでの間で唯一ダークサイドな話題を取り上げた楽曲。
Revival StanceのKey.i.mを招き、それぞれの角度から表現しています。

ビットコイン高橋はマフィア、華僑、北朝鮮、ユダヤ、ロスチャイルド、ロックフェラーなど、都市伝説とされている範囲までの大きな圧力が市場を操作しているという観点から、
便乗して稼げるのは今の内だというメッセージを伝えています。
またKey.i.mは仮想通貨市場をギャンブル(投機)として見立て、情報の重要性を伝えています。

曲調は2010年代後半から日本でも流行ったトラップ(Trap)をベースに、中国系音楽をMIX。タイトルからも中国感を彷彿させるような作りになっています。

トラップ(Trap)とはHardcore Hip HopやCrunkから派生したジャンル。長いベース音や連続して叩かれるスネア音がループされるのが特徴的。

なぜ中国をモチーフにしているかという点についてビットコイン高橋に問うと、「察してくれ」という目をするだけで一切の口を閉ざします。

世界で活躍する仮想通貨アーティスト「COINOTAKU」

Discography(ディスコグラフィ)

First Single
「もっと来い!ビットコイン」リリース

発売日:2018年3月14日(web配信のみ)
レーベル:PAPRIKA Recordings
作詞:ビットコイン高橋
作曲:木村基良

First Album
「コインオタク~仮想通貨教団~」リリース

発売日:2018年11月14日(先行web配信は2018年10月3日リリース)
レーベル:PAPRIKA Recordings
作詞:ビットコイン高橋、他
作曲:木村基良、他

Biography(バイオグラフィ)

2018年3月 ユニット結成、音楽活動開始
2018年6月23日 HEART & POWER LIVE 出演
2018年6月29日 Block CO + 出演
2018年6月30日 Crypto Girl 出演
2018年7月10日 BRANDWAGON min Vol.18-旬な人ら- 出演
2018年8月6日 BRANDWAGON min Vol.19-旬な人ら- 出演
2018年9月20日 BRANDWAGON min Vol.20-旬な人ら- 出演
2018年10月27日-28日 INDONESIA COMIC CON 出演
2018年11月1日 Asia Pop Culture Festival 出演
2018年11月18日 Crypto Future Bace Shibuya – Future Experience Zone- 出演
2018年11月26日 BRANDWAGON min Vol.23-旬な人ら- 出演
2018年12月16日 Asia Pop Culture Festival 出演
2018年12月29日-2019年1月1日 Japan EXPO Asia in Malaysia 出演
2019年1月11日 BRANDWAGON min Vol.25-旬な人ら- 出演
2019年1月25日-27日 Japan EXPO THAILAND 2019 出演
2019年2月5日 BRANDWAGON min Vol.26-旬な人ら- 出演
2019年3月7日 BRANDWAGON min Vol.27-旬な人ら- 出演予定
2019年5月15日-19日 Japan EXPO VIETNAM(仮称) 出演予定
2019年7月 Japan EXPO THAILAND(仮称) 出演予定
2019年9月 Japan EXPO CHINA(仮称) 出演予定