北朝鮮コインチェックへのハッキング、疑惑から確定へ!

海外レポート
伊藤健次
伊藤健次(@it0ken)です!

今回は北朝鮮のハッキングのニュースです!

北朝鮮、日韓へのサイバー攻撃で約630億の暗号資産を不正に取得!

3月8日に報道された日経新聞によると、 北朝鮮が日本や韓国などアジア圏の暗号資産取引所にサイバー攻撃をするなどして、約5億7100万ドル(630億円相当)のを盗み出していた ことが明らかになりました。

国連の主要機関である国際連合安全保障理事会が対北朝鮮制裁の履行状況に関する専門家パネルの報告書内容を、日経新聞がスクープとして報道しました。

また、盗まれた ほとんどが去年巨額の流出が問題となった日本のコインチェックからのもの だとされています。

まだ具体的な国名や被害額までは詳細に特定されていないとのことですが、今後、具体的な暗号資産取引所名などが明らかにされる可能性もあります。

北朝鮮は、厳しい経済制裁を逃れるべく、ハッキングを行い外貨を取得したほか、漁業権を売り渡したり、輸入が禁止されているメルセデスベンツやロールスロイスなどの高級車を利用している実態が明らかにされています。

 

北朝鮮のコインチェックへのハッキングが疑惑から確定に!今後の日朝関係はどうなる?

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

今回のニュースは暗号資産市場にとってマイナス要素となるであろう、北朝鮮のハッキングニュースです。

 コインチェック流出の事件は北朝鮮が仕掛けたと確定 されました。最近は暗号資産関連の話題に政治色が強くなってきていますが、もともと以前から北朝鮮のハッキングが疑惑が、今回の報道で確定した形になりました。

北朝鮮に何故高度な技術が集まっているのか?というのが目下技術者の中でも話題になっています。

奇しくも来月には北朝鮮初のブロックチェーンカンファレンスが行われますが、そのイベントも一筋縄では行かなそうです。

 北朝鮮の話題は全て政治的、世界情勢に影響してきます。 

先日、米朝首脳会談が終わったばかりで、米国による制裁解除や経済支援の条件だけでは、北朝鮮は「完全非核化」に踏み切らないという意向を示し、合意には至りませんでした。

今回の報道でのハッキングによる被害を受けた国名などが明らかになってくると、 日米朝を交えた国際的な外交問題に発展する可能性 も考えられるでしょう。

日本と北朝鮮が強く対立している構図になりますが、そのゴールは何でしょうか。

強制的に土俵に立たされた日本が、今後どのような選択をするのかを世界が見守っていると言えます。

以前からコインオタクでも北朝鮮によるハッキングを取り上げていました!その記事はこちら

コメントがありません。