ライトコイン(LTC)の半減期は2019年8月6日頃になりそうです。

ニュース

時期は2019年8月6日頃にされる予定で、Litecoinマイニングブロックの報酬が半分になり、現在のLitecoinのマイニング報酬は1ブロックあたり25 LTCですが、半減期を迎えると報酬は12.5 LTCに減少します。

ライトコイン(LTC)は100日以内に半減期を迎えます

Litecoinの半減期はBitcoinの半減期に似たイベントで、約4年ごとに発生します。

Litecoinの最初の半減期は2015年8月に行われブロックの高さ840,000で、マイニングブロックの報酬が50 LTCから25 LTCに減少しました。
次回のLTC半減期である次の半減期イベントはブロックの高さ1,680,000で発生します。2019年8月6日頃に推定され、Litecoinの採掘に対する 報酬は1ブロックあたり25 LTCから12.5 LTC /ブロックに減少します。 

この半減期は、840,000ブロックごとに発生する固定イベントで、Litecoinのブロック生成時間は約2.5分に設定されているので、4年ごとに発生するようにスケジュールされています。
マイニング報酬を半分にするという仕組みは、通貨のインフレを抑制することを目的としています。

ライトコイン(LTC)ブロック報酬の半減の重要性

半減期とは、コインの報酬を25コインから12.5コインに減らすことです。
ライトコインのマイナーたちは現在、1ブロックあたり25 LTCを稼いでいます。しかし、この半減期後、マイナーは1ブロックあたり12.5 LTC獲得することになり収益性は半分になりますが、この出来事は暗号資産のインフレ率を減少させるので通貨の希少性を高め、価格をも押し上げる仕組みになります。

ライトコインは2015年8月に1度半減期を迎えていて、マイニング報酬が50LTCから25LTCに減少しました。その時のライトコインの価格は急上昇し、最大で3倍ほどに高騰したこともあり、ブロック報酬の減少がLitecoin市場全体に大きな影響を与えました。

多くの専門家は、8月に行われる半減期でも大きな市場の反応を引き起こし、 ライトコインの価格を引き上げると考えています。 

歴史が繰り返されることに期待したいですが、もしかしたら下落に転じる可能性もなきにしもあらずなので、実際に何が起こるかを予測するのは非常に困難です。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

暗号資産市場の独特の文化である「半減期」。マイニングを行っているマイナー達が影響するだけと思いきや「半減期」は非常に広範囲で影響を及ぼします。

その最も厄介な点がトークン価格の向上。

通貨の価格は安定していてこそ通貨としての価値を発揮します。

ビットコインなどに代表されるブロックチェーンは、マイニングする人に対して一定の報酬を支払うロジックが組み込まれておりますが、利用が進むほどその報酬のコストダウンがされるように設計されております。

それがマイニング報酬の「半減期」です。

それにもかかわらず、最近では「半減期」が起きることで暗号資産自体の価格が上がるという事象が起きており、過去の半減期を迎えた暗号資産の多くでは、予定通り価格が上昇しております。

どこかで 「半減期」が価格が上がるファンダメンタルズであるという事実を断ち切らないといけないのですが、暗号資産の価格は市場が決めますのでしばらくは「半減期」は価格が上がるファンダメンタルズとして続きそう です。

半減期を迎えるライトコインこの負の連鎖を断ち切ることができるのか、それともそのまま進んでしまうのか、答えは今年の8月に分かります。