仮想通貨

【伊藤が解説】SEC規制の波紋:仮想通貨市場の未来

SEC対DEBT Box(デットボックス)訴訟で重要命令

米国の連邦裁判所判事が、米証券取引委員会(SEC)に対し、デジタルライセンシング社(DEBT Box)の資産凍結訴訟での虚偽表明疑惑について理由を説明する命令を下しました。

SECはDEBT Boxが未登録証券を販売し、数千人の投資家から約4,900万ドルを詐取したと主張し、資産凍結を求めました。
しかし、被告の反論と提出した証拠により、SECの主張に疑問が投げかけられました。

SECは、48時間以内に33の銀行口座が閉鎖されたと主張しましたが、裁判所はこの証言を誤解させるものと判断し、SECに対し、虚偽または誤解を招く表明がなされた根拠を説明するよう命じました。
SECは2週間以内に回答を提出する必要があります。

「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す

COINPOST

SEC規制の波紋:仮想通貨市場の未来

[sc name=kaisetsushimasu ]

米国証券取引委員会(SEC)が過去の仮想通貨企業との訴訟において、不十分な証拠にも関わらず企業の資産を凍結したことが問題視されています。
対象企業は一時的に資産を凍結されましたが、すぐに解除されました。

この事例は、単にSECの誤りを超えた、米国文化や仮想通貨市場に影響を及ぼす可能性があると考えられます。
日本人には理解しにくい価値観ですが、米国はさまざまなケースで「やりすぎる」という結果をもたらしています。

2022年の仮想通貨市場の冬は、ステーブルコインのUSTと大手取引所FTXの崩壊によって引き起こされました。
仮想通貨市場は大手取引所の破綻やプロジェクトの失敗を複数回経験しており、今回も復活ができると予想されていました。

しかし、SECはとても厳しい規制を課し始めました。
簡単に言うと、米国では仮想通貨は一切触ってはならないというレベルです。
これは合法的にビジネスができるライセンスを持つ企業にも影響が及んでいます。

現在、その規制に対する反動として、SECへのブーメランが戻ってきています。

この状況は健全ではありません。
SECは将来的に仮想通貨に対する規制を行うことが困難になるかもしれません。
その結果、アメリカで再び問題が生じる可能性があります。

奇しくも、市場は仮想通貨バブルに向かいつつあり、問題が生じやすくなります。

2024年以降、仮想通貨市場は期待と規制の間での対立が生じるでしょう。
SECは市場への影響力を意識しており、ETFが承認される際に何らかの訴訟を開始する可能性があります。
さらにビットコイン半減期の始まりに、市場の需要を打ち消すような情報、例えば何らかの規制を導入する可能性があります。

しかし、市場はSECのオオカミ少年的行動を理解しており、おそらく市場を暴落させるほどの影響はないでしょう。
その後、本当の問題が発生した際、SECはこれを利用してより強力な規制を課し、市場を縮小させる可能性があります。

歴史が繰り返されるアノマリーの背景には、このメカニズムがあると考えられます。
アノマリーが否定されても構わないので、仮想通貨業界が適切に成長することを願っています。

その他のおすすめ記事

【伊藤が解説します】ビットコイン、40,000ドル超えで新時代へ

【伊藤が解説します】テザー社新指導体制、分散型哲学を推進

【伊藤が解説します】USDCとテロ資金疑惑:米サークル社の反論

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP