メットライフの子会社が生命保険の請求を自動化するためにブロックチェーンを導入

海外ニュース

アメリカの大手保険会社「Met Life」の子会社である「Lumen Lab」は生命保険の請求を自動化するためにブロックチェーン技術の導入を始めました。

シンガポールの新聞・出版大手「Singapore Press Holdings」と、シンガポールの大手保管会社「NTUC Income」、Met Lifeと共同で、新システム「Lifechain」を今月から試験的に導入し、地元の新聞に記事を掲載した遺族はすぐに検索を開始し、自分の愛する人が生命保険に加入しているかどうかを確認できます。

今月は、1,000人の被保険契約者がこのシステムに参加するためランダムに選択されます。

このテクノロジーは、家族の同意が得られた後に、死亡した国民の登録IDカードをLifechainにハッシュデータとして送信することによって機能します。情報が一致すると、家族は1営業日以内に通知が保険会社に自動的に送信され、請求プロセスが開始されます。

Singapore Press Holdingsは、死亡者の管理問題と家族に対し大きな利便性をもたらすため、より多くの保険会社がLifechainを導入することを望んでいます。

保険会社はますますブロックチェーン技術に目を向けています。イギリスにある保険向けのブロックチェーンテクノロジー企業の「BlockClaim」は、ブロックチェーンを使って自動車保険の請求を自動化するプラットフォームのための資金として627,000ドルの融資を受けました。

さらにイギリスの保険会社「Legal&General」は最近、年金取引を管理するためのブロックチェーンシステムを構築するために「Amazon」と提携したことも発表があり、世界では着々と様々な業界でブロックチェーンが導入されてきています。

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

ブロックチェーンの企業利用が増えてきましたが、保険業界での保険請求の自動化は非常に大きな業界インパクトがあります。

日本でも保険請求によるトラブルが起きており、ブロックチェーンを利用することによりユーザーもメリットがあります。この仕組みにより保険会社もコスト削減にはなりますが、日本ではなかなか保険業界へのブロックチェーン導入が進みません。

理由の一つは、大きく抱えてしまった保険会社の従業員雇用があります。ブロックチェーンの導入により自動化しても従業員をリストラすることは日本の法律では難しいです。

 効率だけで社会は回っておらず、日本ではガチガチに組まれた社会のルールがテクノロジーの浸透を阻害している面があります。 

まずは世界から新テクノロジーの導入が進みます。

テクノロジーのアップデートが出来た国が未来の先進国となることは間違いありません。

あわせて読みたい

自動車保険もブロックチェーン導入を始めています⇒⇒詳しく知りたい方はこちら

ブロックチェーンの需要が高まるにつれ、ブロックチェーンエンジニアの給料も高騰⇒⇒詳しく知りたい方はこちら