1日10万人が利用するTokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)にコインオタクが独占インタビュー!!

ニュース

本項ではサービス内容から開設方法まで徹底的に解説します!

Tokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)の基本情報

Tokenize Exchangeでは毎日100,000人以上のユーザーが利用を行なっています。

ウォレット管理と個人認証のためにトップ層のプロバイダーを雇い、ベストな方法で業務を行うことによって、Tokenizeは取引時にセキュリティと強靭さをもつプラットフォームの提供を行います。

また、簡単に暗号資産の売買が行えることも特徴となっています。

Tokenizeはデジタル資産の発行や開発をサポートする次世代のデジタル通貨取引所を構築することを目指しています。

Tokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)の基本情報

案件名:Tokenize Exchange

記号名:TKX

公式HP

公式Facebook

公式Telegram

公式Medium

公式Twitter

公式Instagram

Tokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)の機能とサービス

Tokenize ExchangeはFiat/Crypto、Crypto/Cryptoの取引が可能で、使い方はとてもシンプルかつユーザーフレンドリーなインターフェースを提供しているので、初心者でも手間のかからないスムーズな取引を行うことができ、多額の暗号資産に投資する投資家に対してはOTC(店頭取引)取引サービスを提供しています。

また、ユーザーの資産を安全に保管するためにIPホワイトリスト認証と2段階認証の追加と、マルチシグネチャーによるハイブリッドウォレットメカニズムを導入したセキュリティ機能で24時間体制のもと監視します。

IPホワイトリスト認証とは:APIを利用して取引を行う際に、指定したIPアドレス以外からのアクセスを拒否する機能です。
ホワイトリスト以外のアドレスからアクセスをするとエラーを返します。

Tokenize ExchangeのトークンであるTKXを保有していることで、取引手数料が割引され、さらにユーザーは「Regular Users」と「Premium Users」の2種類に分かれ、それぞれ取引手数料と出金手数料が異なり、Premium Usersの場合、手数料は0.1%です。

Tokenize Exchangeは常にサービスを向上させる方法を常に模索しており、ユーザーに提供できるサービスを拡大しています。そのサービスの一つに 2019年にXpressというプラットフォームを導入 しました。これはIEOプラットフォームでプロジェクトが資金を集める場所であり、このプラットフォームを通してユーザーは新規のIEOプロジェクトの通貨を購入することができます。

IEOプラットフォームでは、暗号資産およびブロックチェーンのプロジェクトの資金がどのように調達されているか明確化することができます。新規の投資家は、検証済みのプロファイルを入手した後は、参加したい新しいプロジェクトごとにKYCを受ける必要がなくなり、多種多様な支払い方法が可能になります。

新規の投資家が当社のIEOプラットフォームで取引する際に手数料の支払いをする必要がなくなるため、支払いも迅速かつ柔軟に行えます。

暗号資産が規制されているマレーシアからも許可を得ているTokenize Exchange

暗号資産が規制されているマレーシアですが、Tokenize Exchangeは当局から許可を得ています。

マレーシアではSC(証券取引委員会)マレーシアが暗号資産の取引を規制する法律を施工したため、Fiat/Cryptoの取引を一時的に停止していました。

Tokenize ExchangeはSCマレーシアからの 規制当局から許可を得ている22ある取引所で、その中でも条件付き承認を受けた3つの暗号資産取引所の1つでもある ので、マレーシアの法律に完全に準拠している安全な取引所です。

Tokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)での取り扱い通貨

Tokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)の取り扱い通貨ペア

Tokenize Exchangeでは以下の取り扱い通貨ペアがあります。

Tokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)登録方法

1.Tokenize Exchangeの公式サイトの「Try for free」をクリックします。


2.メールアドレスとパスワードを入力し、再度パスワードを入力してます。
パスワードは少なくとも1つの大文字、1つの小文字、1つの数字、1つの特殊文字(&%$#など)が入っている必要があります。
全てが入力終了後「Sigh Up」をクリックしてください。


3.メールが送信されます。メールにこちらの画面が表示されるため「Activate Account」をクリックしてください。


4.こちらの画面に飛ぶので、「Back to login page」をクリックしてください


5.メールアドレスとパスワードを入力し「Sign In」をクリックしてください。


6.再度メールが送信されるます。メールこちらの画面が表示されるため「Authorize IP Address」をクリックしてください。


7.こちらの画面が表示されるため、「here」をクリックしてください。


8.また、メールアドレスとパスワードを入力してください。入力終了後「Sign In」をクリックしてください。


9.次に個人情報の入力を行なってください。全てが入力終了後「NEXT」をクリックしてください。


10.本人認証を行うために、個人証明のできる書類の写真をアップデートしてください。
アップデート終了後「NEXT」をクリックしてください。


11.ケータイ番号を入力後「Send OTP」をクリックし、OTPを取得してください。
ダイレクトメールに送信されたOTPを入力し、「NEXT」をクリックしてください。


12.これで登録完了です。本人承認が完了するまでお待ちください。

Tokenize Exchange(トークナイズ・エクスチェンジ)独占インタビュー

どのようにしてTokenizeが始まったか教えていただけますか?

創設者であるQi Yu氏はTokenizeを発足させる前までNanyang工業大学(NTU)で電気工学を学び、Atos、TrasPerfect、Bambu、B2B Robo-Advisoryなど様々な企業に従事し、その後、株取引以外の新たな資産運用の投資先を調査するため休暇を取り、以下の発見を行いました。

発見

・暗号資産のポートフォリオが他の資産を比べ大きく上回っていること

・暗号資産取引プラットフォームの複雑さ

・モバイル最適化が行われていないため、コンピューターの利用が必須であること

・Bitcoinを超える代替コインへのアクセスがほとんどない

・不換紙幣から暗号資産へと暗号資産同士の取引の両方を行えるプラットフォームがないため、2つのプラットフォームを利用しなけれなならない

これらの発見により、以下を目的とし仮想通貨取引の改善に乗り出しました。

目的

・使いやすさのバランスをとりつつ、革新的な取引ツールの提供

・代価コインへ簡単にアクセスが可能

・信用できるワンスポット取引プラットフォームの提供

・シンガポールの暗号資産全ての規制に完全に準拠させる

Tokenizeの特徴とビジネスモデルに関して教えていただけますか?

Tokenizeは完全統合された暗号資産取引所です。我々は個人と機関投資家に摩擦がなく洗練された体験を提供します。

我々は以下の4つのサービスを顧客に提供します。

サービス

・デジタル取引

・IEOプラットフォーム

・マーチャントソリューション

・情報と教育リソース

Tokenizeの強みとはなんですか?他に取引所にはない強みはありますか?

我々の強みは何と言ってもIEOプラットフォームだと言えます。

実際にIEOプラットフォームであるXPressに「What’s Halal」のローンチを行なっています。

What’s Halalは、イスラム教徒コミュニティに正確にハラル食品を提供するためのシステムであり、国内外の加盟店と消費者に利益をもたらすことを目的としています。

 現在、イスラム教徒はハラルと表示された商品が本当にハラルなのかどうか信用できないという自体が発生しています。 

そこで、ブロックチェーン技術を使い様々な規格について企業がより正確に理解し、戦略的なビジネス上の意思決定を下すことを可能にすることで、世界の規格を調和しようとしています。また、ブロックチェーンのトレーサビリティ機能を利用することで、全てのユーザー、特に最終消費者に対するハラルの保証が強化されます。

プロジェクトチームの強みを教えていただけますか?

我々のプロジェクトチームは、知識やリソースが豊富なアドバイザーが募った多様なチームとなっています。

チームメンバーの詳細は下記の「運営チーム」に記載してあります。

近年多くのハッキング被害にあっている日本に関してどのようにお考えですか?

Chincheckなどのハッキング事件が起きていますが、日本はハッキング事件の多い国だとは思っていません。

暗号セキュリティの責任は取引所や規制当局だけにあるのではなく、ユーザーにもあると考えています。また、ビジネスや取引の面では、チームが独自のKYCなど、注意を払うための様々な予防措置が講じられています。一般的に、世界中の当局にとって、ICO詐欺を制御し、暗号資産とブロックチェーンに関する法律(AMLやKYCなど)を制定しています。

ブロックチェーン業界の成長には、プロジェクトを構築する人員がこれまで以上に必要だと考えています。

日本の暗号資産市場をどのように捉えていますか?

 ICOは以前と比べ大きく変化していますが、それは後退しているのではなく前進していると捉えています。 

政府および関係当局は違法ICOや詐欺ICOおよびマネーロンダリングを抑えるために予防措置を強化し、今後の方針そして規則を整備しています。
現在の日本の方針は「成長」という考え方から、「モニタリング」という考え方へと変化していると感じています。ハッキング事件後、取引所が必要なセキュリティ対策を講じ、顧客の資金を管理していることを確認するための調査を行ったことなども一例であると考えています。