国内の多くの銀行がブロックチェーンを応用して送金テスト!銀行独自の暗号資産も発行?

レポート

金融庁の表明が出てからというもの、国内の多くの企業が暗号資産業界に参入してきました。今回は、その中でも国内の銀行にフォーカスして見ていきます。

東京三菱UFJ銀行がリップルネットワークを使い国際送金を行うと表明?独自の暗号資産も!

東京三菱UFJ銀行が暗号資産の技術ブロックチェーンシステムを使った国際送金を、2018年から行うことを表明。

リップルネットワークを使うということで、リップル(Ripple)の価格が高騰しました。

格安の手数料、素早い送金が実現できると注目を集めています。

東京三菱UFJ銀行は昨年独自の通貨「MUFGコイン」を開発することを表明したことでも注目を集め、国内銀行では暗号資産の先進技術を積極的に取り入れる取り組みをしています。

引用: 暗号資産の投資方法「東京三菱UFJ銀行がリップルネットワークを使い国際送金を表明!!(追記あり)」http://bitcoin-newstart.com/ripple-mufj-news

日本のメガバンク 東京三菱UFJ銀行が暗号資産の技術ブロックチェーンシステムを使った国際送金を、バンクオフアメリカを含む6銀行と2018年から行う ようですね。さらにリップルを使うようで、メリットも多く今後に期待できそうです。

 

さらに、三菱東京UFJ銀行以外の大手銀行も送金サービスを開始するようです。

ほかの大手銀行も送金サービス開始を目指している?SBIやりそなやゆうちょ、三井住友も!

住信SBIネット銀行や横浜銀行、りそな銀行などは2017年冬に海外送金のサービス開始を目指している。

プロジェクトには各国から73銀行が参加し、即日決済や手数料の透明性向上を目指している。

引用: 金融ITニュース。時々雑ネタ。「三菱東京UFJ銀行 2018年にブロックチェーンによる海外送金提供を目指す 」www.fin-itnews.com/entry/2017/03/31/073617

さらに、 ゆうちょ銀行や三井住友銀行も参入 するようです。

ゆうちょ銀行と三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行やみずほフィナンシャルグループなどで構成する新送金システムの連合体に参加する。暗号資産の中核技術である「ブロックチェーン」を活用し、銀行間の送金に暗号資産の応用を目指す。これまでより低コストで迅速に送金できるとの見通しから、両行の参加で国内大手行すべてが出そろった形となった。

引用: BITCOINMANIACS「【高騰目前】リップル(XRP)ネットワークにゆうちょ銀行と三井住友銀行も参加を発表!」https://bitcoin-x.com/xrp-koutou/

多数の国内銀行がリップルを採用するようです。それについての記事はこちらにあります。https://coin-otaku.com/topic/1802

広がる独自暗号資産発行への動き~みずほ主導のJコインにSBIのSコイン~

三菱東京UFJ銀行の独自暗号資産発行については述べさせていただきましたが、 他の大手銀行も検討している ようです。

みずほが主導で独自暗号資産発行を検討!レートは固定で実用的

みずほフィナンシャルグループなどメガバンクを中心とした国内の銀行連合が、独自の暗号資産発行の検討に入った。

この暗号資産は「Jコイン(仮)」と呼ばれる。ビットコインのように日本円や米ドルなど一般通貨との変動相場制にはせずにレートを固定し、投機用通貨にはしない方針。そのため純粋に個人対個人や個人対企業の決済に使われる暗号資産になる。

海外発の暗号資産はビットコインなど普及しているものが多いが、日本が発行した暗号資産は少ない。そこでみずほフィナンシャルグループや他のメガバンク、地方銀行が連合を組み、暗号資産の世界で日本製の普及を促す。

引用: iFOREX「国内の銀行連合が暗号資産の発行を検討中」https://www.iforex.jpn.com/news/国内の銀行連合が暗号資産の発行を検討中-8157

先進的なSBIも暗号資産を発行?名前は「Sコイン」!送金コストはほぼゼロ

 SBIも独自暗号資産を発行する ようです。SBIはこれを含め、暗号資産に関する事業を多数持ち始めましたね。

SBIホールディングスが独自の暗号資産「Sコイン」を発行し、小売店舗などで消費者の決済手段としての普及を目指すと発表しました。

独自の決済基盤システムを開発し、送金コストをほぼゼロにし、決済代金の即日現金化も可能にする。
店舗側の決済コストを抑え、決済を目的とした利用者を増やしていく。

独自の決済基盤システムはブロックチェーンを応用し決済する個人の特定や支払い、店舗側への即時入金などを可能にする。
クレジットカードや電子マネーなどに比べ、低コストで決済できる為、店舗や利用者に大きなメリットがある。
Sコインをいち早く手に入れたい方はSBIバーチャルカレンシーズが開始したら口座を開設することをオススメします。

引用: 暗号資産比較チャンネル「SBIが独自の暗号資産「Sコイン」を発表!決済手段としての普及を目指す」https://virtualmoney-x.com/sbi-s/

 

送金サービスに、独自暗号資産、今後の社会の未来とは?

大手銀行が送金サービスを開始したり、独自の暗号資産を発行すると表明したり、暗号資産業界はここ最近特に賑わってきましたね。投資・投機といった面だけではなく、こういった実用的で便利な方向にも暗号資産業界が進んでいき、筆者も感激しております。今後の便利な未来に大きな期待を寄せてよさそうですね、とても楽しみです。今後の動向も引き続き追っていこうと思います。

 

リップル、SBIについて詳しく知りたい方はこちら

 

今後が期待できるリップルを買える取引所はこちら