【情報量日本一位】Lendroid(レンドロイド)をコインオタクが徹底調査!上場は?

あのICOは今!?
 

Lendroid(レンドロイド)ヘッドラインニュース

【速報】プロトコルのスマートコントラクト言語としてバイパーを移転

 

2019年1月20日

スマートコントラクトを暗号資産の貸借利用を書くことは挑戦的なことです。機能性、セキュリティーは万全ではなくてはいけません。そこでLendroid(レンドロイド)は3つのデザイン哲学を定めました。

Points

1.スマートコントラクトを実行する物事に対し完全に効率的な物にする

2.それぞれのスマートコントラクトを軽くしておくこと

3.クロスコントラクトのそれぞれのセルを切れ目のないものとし、セキュリティを強化すること

 

Lendroid(レンドロイド)の特徴

1. ビットコインを手元に置きながらアルトコインの購入を可能にする

Lendroin(レンドロイド)は個人間でデジタル資産の貸し借りができるプラットフォームを開発するプロジェクトとなることを目指している。ビットコインを担保にアルトコインを借りることができる。

 

2. お金の貸し借りでのトラブル発生を防ぐ

スマートコントラストで契約書を保存しておくため、借りたまま逃げたことを防げる。また、ブロックチェーンで貸し借りが管理されるため不正を防ぐことができる。

 

3. お金を借りたい人と貸したい人を繋げる

貸主:
LSTを貸し出すことにより利息が発生し、その利息を受け取ることができる。

保証人:
借主のローンを保障することで利息の一部を受け取ることができる。

借主
:デジタル資産(現段階ではビットコインのみ)を担保に低利息でお金を借りることができる。

上記のような役割があり、ブロックチェーンを利用しお金を借りたい人と貸したい人をつなげている。

 

Lendroid(レンドロイド)の基本情報 

案件名:Lendroid

シンボル:LST(Lendroid Support Token/レンドロイド・サポート・トークン)

通貨記号:LST(Lendroid Support Token/レンドロイド・サポート・トークン)

総発行枚数:60億LST

発行上限:120億枚(12,000,000,000 LST)

上場期間:2017年10月から2018年2月

開発者:ウィグネシュ・スンダサン(Vignesh Sundaresan)氏とハシーブ・アワン(Haseeb Awan)氏

ブロックチェーンタイプ:ETHブロックチェーン

Lendroid(レンドロイド)の公式サイト、SNS一覧

全ての公式SNSは英語バーションのものとなっています。
SNSコミュニティーの規模はTwitter :8,580人 フォロワー、Telegram:4,752メンバーとなっています。

Lendroid(レンドロイド)取引所一覧 

gate.ioは試験的な一時的上場だってようで2018年6月16日にすでに終了しています。現在はIDEXで上場しておりますが、取引高がほぼ皆無と言っていいほどです。

Lendroid(レンドロイド)の特徴 

Lendroid(レンドロイド)の目的 

points

1. ビットコインを手元に置きながらアルトコインの購入を可能にする。

2. お金の貸し借りでのトラブル発生を防ぐ。

3. お金を借りたい人と貸したい人を繋げる。

Lendroid(レンドロイド)は今後の急成長することが期待される ビットコインを手元において置きたいが、アルトコインも買いたいという人の葛藤を解消することを目的としています。 

ブロックチェーンを使用した非中央集権取引所になるため関係者とは独立し、最も信頼されるプロトコルを目指しており、お金の貸し借りの際に貸した、返した、逃げたなどのトラブルを解消するために開発されました。

また、世の中にいるお金を借りたい人と貸したい人を繋げ、お互いの条件をマッチングするという役割も果たします。

Lendroid(レンドロイド)問題視した課題

Lendroid(レンドロイド)が問題視した課題は大きく分けて2つ。

1, アルトコインを買いたいがビットコインを手放したくない人がいること

ビットコインを担保としてキープすることで、事実上両方の暗号資産を手元に置いておくことができます

2, 個人でお金の貸し借りを行う際発生する問題

Lendroid(レドロイド)はブロックチェーンを利用した非中央集権取引所を活用することにより、個人間における問題解決にも取り組んでいます。

Lendroid(レンドロイド)が目指す世界

第一の目的としてLendroid(レドロイド)は個人間でデジタル資産の貸し借りができるプラットフォームを開発するプロジェクトです。

第二の目的としてマーケットの急速な成長です。マージンファウンディングは幅広く使われている取引所でも記録されているように急上昇しています。ビットコインローンは2016/10~2017/10では6.12百万USDから183百万USDに上がり、イーサリアムローンは同時期で834,192USDから88.29百万USDに上がっているのが現状です。

Lendroid(レドロイド)はマージンの取引を可能にする中央集中化された取引は負債を残し、資金と担保のマネージと共に不履行から守るという二つの責任を負うという問題点がありました。Lendroid(レドロイド)はブロックチェーンの特有の強みを生かした中央集中化取引を活用し、お金を貸す人と借りる人の架け橋となることを目指しています。分散型のブロックチェーンはグローバル総意の元、安全面と匿名性が強化された世界の創造を目的としています。

他のICOに比べて優れている点 類似プロジェクト

Lendroid(レドロイド)で行われるお金の貸し借りをする際に使用されるのは法定通貨ではなく暗号資産です。有名な暗号資産(ビットコイン)を担保に入れ、他の暗号資産(アルトコイン)を借りることができます

他のアルトコインを買いたいが、ビットコインは今後上昇が期待できるため手放したくないという時にビットコインを担保にしてお金を借りることでアルトコインを購入することが可能です。

つまり、ビットコインとアルトコインを両方保持できる状態になるということです。ビットコインを担保にアルトコインを買うだけでなく、購入した暗号資産をビットコインのトレードに回したり経費に回したりと借りた暗号資産ででき、利用方法は多様になります。

お金を貸す側もLendroid(レドロイド)を使ってお金を貸せば利息が得られるため、銀行が行なっていることを個人・企業相手に行えます。要するに個人で金融業が行えるということです。

また、Lendroid(レドロイド)はビットコインやイーサリアムが利用しているオンライン・チェーンシステムの課題である取引処理上限によるネットワークの遅延や非効率生を解決するために、off chain infrastracture(オフ・チェーン・インフラストラクチャー)を搭載しています。これにより処理上限の向上、待ち時間の削減、非効率的な運用コストの削減が期待できます。

ETHLend

dharma

Compound

などが類似したプロジェクトとして挙げられます。

Lendroid(レドロイド)プロトコルの特徴

Points

1.手数料がかからない

2.信用を必要としない

3.相互運用性と共有流動性

手数料がかからない

オフチェーンネットワークによる安定性とユーティリティを支える0x(ゼロエックス)のエースであるRelayer(リレイヤー)とWrangler(ワングラー)に支払われます。

Relayer(リレイヤー):0xプロトコルと非多様なコンセプトを元にしたレイヤー

Wrangler(ラングラー):レンドロイドによるオリジナルレイヤー

0xとはアルトコインの一つで、イーサリアムのプラットフォームで作られたトークンを自由に取引させるアルトコインです。

信用を必要としない

スマートコントラクトは資金管理を第三者に依存しないため、関係者のリスクを低減させます。これによりユーザーやオフラインの管理者は中央の権限によって制限されることなく操作を管理することができます。

これは、直接契約であるオープンP2P(peer to peer)を採用しているため、従来の中央管理が不必要なため実現しています。

相互運用性と共有流動性

複数の取引所をサポートし、交換プロトコル互換性があるためグローなるな共有流動性プールに貢献することができます。貸し手はグローバルな共有ローンをプールを成長させ、貸出流動性を向上させることができます。

Lendroid(レンドロイド)内での4つの役割

貸主

0xプロトコルからの類似したマーケットです。貸主は全ての非集中権力取引所(オフチェーンアクション)でローンオファーを広めます。それぞれのローンオファーはローンの条件、オファーパラメーター、ECDSA(Elliptic Curve Digital Signature Algorithm:エリプティックカーブデジタルシグネチャーアルゴリズム)と関係したのサインを含んだオファーオブジェクトと呼ばれるデータパケットです。

ECDSAとは:楕円曲線デジタル署名アルゴリズムのことです。情報の安産性を保つデジタル署名の仕組みの一つであり、照明などに利用されています。

レイヤー

オフチェーンのすべてを運営するにあたり、円滑さ、迅速さ、ユーザーの経験を作るレイヤーの保護はあって困ることはありません。現在利用可能なインターフェースは、段階的なアップデートとともに洗礼されていくダッシュボードを提供しています。また、貸主とマージントレーダーがより情報を元にした決断をすることを助けるような、マーケットからの適切な情報のデータを元にしたプロトコルもダッシュボードも提供します。

ローンオファーはLendroid(レンドロイド)インターフェースの一部として捉えられ、売り出されています。このディスプレイ上の情報の豊かさは特定のレイヤーがショーケースとして選ぶ深さによって決まります。一部の例外を除く、全てのレイヤーは共有されたレンディングプールの完璧なアクセスを持つため、共有のローンはプロトコル上の特定のレイヤーだけでなく、レイヤーの全てのコミュニテーを記録します。全てのレンディングプールのアクセスとオフチェーンのスピードと柔軟性とともにレイヤーは流動性を維持し、組織などの後援を促進させるインターフェースを構築します。

マージントレーダー

レンドロイドにおけるマージントレーダーはユニークな非中央集権の環境で、借入金による融資を楽しむことができます。マージントレーダーは貸主によるローンオファーを助け、マージントレンディングと短期間販売を加えます。同時にマージントレーダーは自由にポジション変える、もしくは担保を加えることのできるマージンアカウントを拡大します。また、ローンの借金がないとき、担保や弁済するマージンアカウントを引き出すことができるます。

Wrangler(ラングラー)

プロトコル内で利用されている2つのアクターの1つであるラングラーは、レンドロイドのエコシステムのために必要なものを概要化しています。具体的にはラングラーの対象となる、マージンアカウントをモニタリングする計算上の役割などです。期間的なアカウントをモニタリングすることによって、ワングラーは貸主の利益を守りつつエコシステムの安全で”健康”とも言える運営を維持します。しかし、プロセスパワーなどのアプリケーションはプロトコルの資格を超え、他の参加者の経験を拡張し始める為、ラングーの勢力が及ぶ範囲には限界があります。

Lendroid(レンドロイド)の使い方

マージントレーダーはまず、担保を受け入れるところから開始します。トレーダーはコミュニティーのガバナンスを通し、初期のレベルより高いマージンレベルで特定のレバレッジ(借用費などを用いて少ない資本で利子率を高める手法)を行えます。借りた資産は借主がオファーを提出することのできるレンディングプールで共有されます。

トレーダーはオーダーブックをもとに将来の価格変動予想を反映させた、借りた資金のポジショニングを行います。また、このポジションはスマートコイントラストに保管されます。担保もしくはトークンの購入がこの資産を使って行われた場合、マージントレーダーによってローン負債が完了したと認められるまで、資産はマージンアカウントから離れるのです。一度トレーダーが契約を解除すると決定した場合、トレーダーはオーダーブックを再度変更となります。この時、もしトレーダーが利益を生み出していたら、貸し手に支払いを行い、担保とともに利益を引き出すことができます。もし負債を負った場合、トレーダーは偏差を埋めるためのデポジットを払わなくてはなりません。また、ローンをフルで支払い、担保のみしか引き出すことができません。

中央集権取引所では負債を返せないという状況は、マージンコール(トレーダーが借主にマージンアカウントのバランスを取り直すことを要求する事)によって解決されてきました。非中央集権取引では、ネットワーク上で不変性を維持するために働くアクターたちに基づいて構成された、実用的なレイヤーを運営するなどの役割があるオフチェーンによって解決されます。アクターの1つはRelayers(リレイヤーズ)であり、その他はWranglers(ラングラーズ)と呼ばれます。Wranglers(ラングラーズ)はマージンアカウントをモニタリングする役割や、報酬を得られるレベルの決済レベルにマージンアカウントを向上させるためのマージンレベルのメンテナンスの援助を行います。

イーサリアムブロックチェーンでのオラクルはうまく機能していないという報告がされてきました。オラクルの中心的部品は信頼が不完全であり面倒であったため、外部からただ情報を持ってくるだけの存在として見なされていました。しかし、レンドロイドでのオラクルはWranglers(ラングラーズ)からの予期せぬトリガーを防ぐための役割を果たします。オラクルの機能は、スマートコントラクトがWranglers(ラングラーズ)マージンアカウントでの弁済レベルを見極めるために使用されています。

オラクルとは:ブロックチェーンネットワークにおいて外部の情報を取得してくれるシステムです。つまり、ブロックチェーンとネットワークの橋渡し的な役割です。ブロックチェーン内の情報に関係ない外部情報を自ら持ってきます。

Lendroid(レンドロイド)のお金の貸し借りの流れ

お金を貸したい人

金額、金利、借用期間、LTV(Loan to Value/ローン・トゥー・バリュー)などのローンの具体的条件を決め、これをスマートコントラクトに保存します。貸したい金額分のLSTをLendroid(レンドロイド)プラットフォームの貸付プールに入れます。

お金を借りたい人

ビットコインなどの暗号資産をLendroidプラットフォームに担保として預けます。

貸す人と借りる人の条件があった場合、スマートコントラクトは署名されます。その後、担保が確保され、借用者に資金が解放されます。その後お金を借りた人は期限内に返せなかった場合、担保を貸主に取らるのです。

Lendroid(レンドロイド)の対象の顧客

・レバレッジ取引サービスなどを提供する大手暗号資産取引所

・ICOなどの手段で資金調達をしたいと考える企業

・0x(セロエックス)のような次世代系分散型取引所

・保管しておきたい資産を担保にお金を借りたい個人

Lendroid(レンドロイド)のサービス紹介

LSTを保管しておくことで期待されるメリット

LST所持者
LST価値の上昇が期待される。

貸主
LSTを貸し出すことにより利息が発生し、その利息を受け取ることができる。

保証人
借主のローンを保障することで利息の一部を受け取ることができる。

借主
デジタル資産(現段階ではビットコインのみ)を担保に低利息でお金を借りることができる

 

担保について

第1フェーズ
BTC、ETH、LTC、XRPなどのビットコインを担保にすることが可能です。(現在はこのフェーズで止まっています)

第2フェーズ
Amazonカード、ドメイン、航空マイルなどのデジタル資産であれば、すべて担保にすることが可能です。

第3フェーズ
ローン証人になることで利子の一部を受け取れることが可能です。

TRS(Tatal Return Swap/トータル・リターン・スワップ)契約でLSTを12ヶ月以上保持する契約をした保有者は、LSTの総供給量の10%とTGE(Token Generating Event/トークン・ジェネレーティング・イベント:トークンセールのこと)用の未販売分を含めた36億枚を配分すると言うものです。また、この契約をした保有者は確保されている12億枚と24億枚の未販売のトークンのプロレート分配から、25%のボーナスを受け取ることができます。これにより150%のトータルボーナスになります。全てをまとめると、解約をした保有者はTGE中に少なくと所持トークンが2.5倍になると言うものです。
 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Lendroid(レンドロイド)への質問お待ちしております!
 

Lendroid(レンドロイド)のロードマップ

2018年2月5日
創立公開のアナウンスメント

2018年2月8日
テレグラムのAMA(公開質問会)

2018年2月11日
TGE(Token Generating Event/トークンセール)の登録開始

2018年2月13日
TGE(Token Generating Event/トークンセール)の登録終了

2018年2月19日
パブリックセール開始

2018年2月22日
ファウンドライズ(プロジェクトのためにお金を集めること)サマリーのアナウンスメント

2018年2月25日
TRS(トータル・リターンスワップ=プロテクションの買い手が参照資産の経済的価値をより安定したリターンと交換することによって参照資産の保有に伴う信用リスクと市場リスクを売り手に有効に移転する取引)の署名終了

2018年3月10日
トークン配布開始

Lendroid(レンドロイド)の運営メンバー 

 

ウィグネシュ・スンダサン/Vignesh Sundaresan(CEO)

暗号資産の天才学者であるチャールズ・ホスキンソンとイーサリアムの開発をしたエンジニアです。レンドロイドの開発リーダーであり、レンドロイドをイーサリアム上で開発した人物です。

ハシーブ・アワン/Haseeb Awan(開発者)

エンジニアとして工学修士をもち、フィンティック業界でももっとも重要なトップ100のうちの1人です。イーサリアム開発者チャールズと同期で同じ釜の飯を食べた仲と言われています。

ポール・マーティンズ(ブランド&UX)

過去FacebookやAppleに在籍し、チーフデザイナーを歴任したブランドディレクターです。

フランカ・シャンベラ(リーガルカウンセル)

ヴィ(開発)

サプリヤ・ヴィス(コミュニケーション&オペレーション)

アナンダ・ヴェンカテスワラン(コミュニティ&コミュニケーション)

ヴィヴェック(開発)

タイラー・フィルアトル(コミュニティマネージャー)

 

情報の少ない謎に包まれたメンバーばかりで構成されている運営チームです。しかしウィグネシュ氏とハシーブ氏が開発、運営に関わっていることで注目を浴びています。

Lendroid(レンドロイド)の最新情報  

2019年1月10日

今後税制と会計、法的に対応するために、さらなる基盤の発展を目指しています。Lendroid(レンドロイド)は一つのゴールとして「ブロックチェーン上で貢献する」と言うものを立てています。そのため、税制、法律、会計などに尽力してきました。改善を図ろうとした時、多くの意見はありましたが、改善に対する人々の反発に抵抗することが困難でした。その解決策として出た答えは、一から築き上げると言うものです。具体的な工程はロードマップに詳細が載っていますので是非ご確認ください。


2018年9月14日

様々なプロジェクトからのプレゼンテーションを聞き、情報交換を行うことができたようです。ここでの刺激はLendroid(レンドロイド)のプロジェクトの新たな発展に繋がっていくでしょう。


2018年8月29日

(BUIDLとは:ブログラムの元ネタ/ソースコードを使い実際のプログラムを作る作業のこと)

ベアマーケット対策としてLendroid(レンドロイド)は、ロードマップの公開、Dai基盤であdApp であるReloanrの公開、Lendroid(レンドロイド)のイメージ変換、ETHインディアでの活動、Maticとのパートナシップ、スケーラビリティの追求などを行います。


2018年8月14日

ハッカソンと呼ばれる何人かのプログラマーが集まり、短時間でソフトウェアを開発するイベンが執り行わられました。またLendroid(レンドロイド)の開発者であるViiからReloanrのライブデモストレーションを交えたプレゼンテーションも行われました。


2018年8月2日

Lendroid(レンドロイド)はつねにイーサリアムのイベントと密に接してきました。

特にインドでのイベントは、Lendroid(レンドロイド)の多くのメンバーの暗号資産に関する関心が高まったきっかけの場所なので思い入れが強いと言えます。

ETHインドでは主にスケーラビリティに関しLendroid(レンドロイド)は話す予定になっています。


2018年7月20日

どのような人が運営し、何をしているかをよりよくわかってもらうために新たなロゴと、洗練された事業計画表を提示しました。

より良いプロトコルのために以下の2点を行いました。

Points

1.エコシステム内のあらゆるところでベストなテクノロジーが利用できるようにする

2.変更の時期にかかわらず、利用価値が高いことをリマインドする

Lendroid(レンドロイド)の将来性

ローンの担保化

交換可能なトークン(シングル担保:DAI, Digix→複数担保:NFT)

担保保険

許可ゲートウェイ

組織内

マージントレンディング

シングル担保(シンプルラングラー)

複数担保(+アクションマーケットサポート)

バージョン1のラングラーゲームを浸透(+担保保険)

バージョン2のラングラーゲームを浸透(クラウドソース)

アクションマーケット

ERC(Ethereum Request for Comments:イーサリアムに関する関する技術仕様の提案書)20トークンバケット

NFT(Non-Funggible Taken/ノン・ファンジブル・トークン:非代替性トークン)サポート

ガバナンス

ファンクションマルティシグ

コミュニティドライブフェイズ1TGE(担保トークンからファウンドトークンへ移行)

コミュニティードライブフェイズ2(プロトコル特徴のアップデート)

という計画が立っていますが、全てのセクションに置いて0〜20%程度しか達成していません

Lendroid(レンドロイド)のまとめ 

はっきりいうと、暗号資産を担保に入れて暗号資産を借りる利点はないでしょう。担保に入れた暗号資産の金額より高い金額の暗号資産を入れるのであれば利点があると言えますが、そうなると貸す側に元本が返却されなくなるリスクが発生します。

従来の銀行を通して行わない取引のため、借主が返済できないという状況に陥った際、誰がその支払いを継続するのかという疑問が残ります。借主が返済できなかった場合、貸主は担保は手に入れることができるが元本の回収ができません。

また、日本人向けのホワイトペーパーに、任意で保証人をつけて第2の担保にすることができると書かれていて、保証人も利息の一部ももらえるそうですが、そうなると金利がさらに高くなることが懸念されますし、世界の全く知らないユーザーの保証人になってもいいという人はいないでしょう。

現在は取引所に上場しているものの、全く取引高もない状態なのでトークンの流動性がなく売り買いができません。
このままいくと上場廃止になる可能性も無きにしも非ずです。

代理店組で買うと値段が70倍近くになるため、巷では”ぼったくり”という声が上がっていました。
トークン価値がない上に70倍の値段で買わされた人たちは泣き寝入りするしかなさそうです。

運営からの何か救済措置があるといいですね。

コインオタク伊藤
ビットコインを始めとしたメジャー通貨がまだ右肩上がりで価格が上がると市場が信じ切っていた時代、レンディングサービスは貸す方も借りる方もニーズがあり、期待の中で生まれたプロジェクトでした。

その後、非常に短い期間の間で市場は崩れ、メジャーといえども暗号資産自体に担保力があるのか?と疑問が生じ、レンディングサービスは軒並み衰退しました。 また、当時と比較し、誰でもレンディングサービスは行うことができるほどスマートコントラクトの実装が進んだため、レンディングだけで暗号資産のビジネスを成功させるのは難易度が大きく上がりました。ここからの再起は難しそうです。

ビットコイン高橋
暗号資産のレンディングサービスは、価値が安定しない今は時期尚早ではあるけど、もう少し暗号資産自体が実ビジネスに溶け込んでくると必然的に流行るでしょうね。 その際に重要視すべきなのは利率や返金保証など。大手金融機関や企業がバックボーンに無いと大規模で広げることは難しい。 レンドロイドが生き残る道としては、早期にERC20からプライベートチェーントークンに切り替え、しっかりとしたプラットフォームを運営すること。そして自社サービスを各取引所に導入してもらうこと。 ロードマップの中で取引所や金融機関との提携のニュースが出てくるようであれば、多少期待しても良し。

 

今あなたが持たれているLendroid(レンドロイド)、またその他のICOトークンをどうすればいいのか。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
Lendroid(レンドロイド)への質問お待ちしております!