【情報量日本一位】MedicalBIt(メディカルビット)ASCA(アスカ)トークンへ変更を徹底調査

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回取り上げるのはコインオタクが以前から注目しているメディカルビットです!

現時点で(2019年1月2日)でメディカルビット、MBCコインは存在しません。

今回新しくMedicalBit(メディカルビット)から世界へ羽ばたいていくためにトークン設計を変更し新しくASCA (アスカ)プロジェクトとして生まれ変えありました。

ASCA(アスカ)プロジェクトについては、記事の下に書いてありますのでMedicalBit(メディカルビット)、ASCA(アスカ)プロジェクト共にご覧ください

 

MedicalBit(メディカルビット)の特徴

クラウド型医療情報システム(電子カルテ等)の技術とブロックチェーンの技術を融合

 

・次世代のクラウド型電子カルテ「iMedsn」

今まで倉庫や書棚に保管されていた診察に欠かせない資料はすべてクラウドに保管される 最新の医薬品情報もその場で参照可能に 患者の症状などから即座に診断情報を検索・閲覧することができるようになる。医薬品情報は各医薬品メーカーから定期的にアップデートされるので、ドクターは常に最新の医薬品情報を参照することができる。

 

・iMedsn 健康アプリ

自動お薬手帳の機能、処方記録からジェネリック医薬品情報の観覧、カルテの情報の取得、医療情報コンテンツをピンポイントで配信。

 

MedicalBIt(メディカルビット)の基本情報(10月22日更新)

案件名:Medical bit

通貨記号 : MBC

発行国:日本

発行上限 : 300億MBC

販売時期 : 2018年1月15日~2018年9月12日に販売をクローズ

販売価格 : 1.00ETH=1350MBC
               0.1BTC=1350MBC

トークン仕様:ERC20

MedicalBIt(メディカルビット)の公式サイト・SNS一覧

公式サイト 

ホワイトペーパー

アクセス数 : アクセス数は日本が1位。

MBC日本サイトは販売の終了に伴いクローズしました。現在はMBCエストニアのサイトで配信しています
2019年7月2日時点でMBCトークンは取引されていません。

【情報量日本一位】PacCoin(パックコイン)2019年の状況から将来性など徹底調査 (COIN OTAKU)

2019.08.07

MedicalBIt(メディカルビット)の特徴(10月22日更新)

Medical bitの基本理念は、 「だれもが安心できる未来へ」 です。

「iMedsn」というクラウド型医療情報システム(電子カルテ等)の技術とブロックチェーンの技術を融合させて、新たな価値の創造に取り組んでいます。

メディカルビット社はエストニアで登記されており、プロジェクトの開発と管理は現地のエストニアで行なっております。

日本メディカルソリューションズがこのプロジェクトを実行する役目を果たします。

「iMedsn Core」がもたらすもの

次世代のクラウド型電子カルテ「iMedsn」
カルテや医学書など、診療に必要な情報は未だに多くは紙媒体で管理されています。
これだけIT技術が進歩したにもかかわらず、医療現場でそれが十分に生かされているとは言いがたい状況です。
iMedsnを用いることで、今まで倉庫や書棚に保管されていた診察に欠かせない資料はすべてクラウドに保管されることになります。
 ノートパソコン1台あれば 、iMedsn Coreによっていつでもどこでもこれらの診療支援情報を参照することができるようになるため、医療現場の作業効率ぐんと上がります。

最新の医薬品情報もその場で参照可能に

iMedsn Coreがあれば患者の症状などから即座に診断情報を検索・閲覧することができるようになります。例えばあらゆる病例に対する診断ポイント、治療方針と推奨処方例などをその場で素早く検索するこ とができます。 さらに処方例からは関連する医薬品情報をダイレクトに表示できます。これら医薬品情報は各医薬品メーカーから定期的にアップデートされるので、ドクターは常に最新の医薬品情報を参照することができます。今まで医師が分厚い医学書と向き合っていた時間が節約でき、他の医療業務に充てることが出来るようになります。

▽ クリックで拡大

レセコン機能とスムーズに連携
iMedsn coreにはオーダリングレセコンの機能が内蔵されています。
診察業務において、カルテを入力したのちに、診療支援情報を参照し、さらに推奨処方例から薬剤を直接オーダーといった流れでスムーズにレセコンへ連動することを可能としています。
またオプションとしてレセプトのオンライン請求ができる機能が付随しているので、医事会計業務の負担も、今でと比べ物にならないほど軽減することが実現可能です。[/aside]

レセコンとは

レセプト(診療報酬請求明細書)を管理、作成するコンピュータ、レセプトコンピュータの略。診療報酬を計算し、健康保険組合などに報酬請求を行うための明細書を作成します。医師の診察内容や処方内容などを細かく分類し、レセコンに入力すると言った流れです。医療業務の中でも手間のかかる作業の為、近年では電子カルテとの連携で作業は効率化される傾向にあります。

革命的な操作性
iMedsn coreはできる限りキー入力の手間を削り、作業の大幅な効率化を図っています。診療録は用意されたテンプレートに従って主訴などを選択するだけで済みます。さらに選択した内容に連動して自動的に診療支援情報が検索されます。
診療支援情報の推奨処方例から薬剤を選択すれば、数回のタップだけでオーダーまで完了します。

▽ クリックで拡大

 

健康を強力にサポートする「iMedsn 健康アプリ」
 iMedsn健康アプリは、診療所の診療情報とシームレスに連携しています。

iMedsn健康アプリで可能なこと

・自動お薬手帳の機能

・処方記録からジェネリック医薬品情報の観覧

・カルテの情報の取得

・医療情報コンテンツをピンポイントで配信

また、お薬の飲み方や健康に関する知識を、ドラマ形式で楽しめる「健康サポート動画」も見ることが出来ます。まさに、所持しているだけで自分の健康を管理してくれる、 「未来のかかりつけ医」 だと言えます。

 この「iMedsn 健康アプリ」は既にリリースされています。

▽ クリックで拡大

これらの技術は、今まで紙媒体で管理されていた患者の医療データをクラウド管理することにより、医療従事者、患者、製薬会社など 様々な立場の人々 にメリットをもたらします。患者の診察データを他の診察所、病院、医師と共有することで、医師は効率的な業務を行うことが可能になります。また、製薬会社は、患者のデータと照らし合わせた医薬品の開発、改良を行うことが容易になります。

▽ クリックで拡大

ネコさん
ブロックチェーンの技術がカルテの管理など医療につかわえたらすごい便利そうですね。でもなんでICOで資金調達したんですか?
コインオタク伊藤
このメディカルビットは医療電子カルテのプロジェクトとして発足しました。もともと医師会ともつながりがあるメンバーが立ち上げたことにより他のICOと比較し群を抜いて信頼度はとても高かったです。 しかし、暗号資産市場自体との距離があり、プロジェクトがしっかりとしていた半面、仮想通貨市場をうまく取り入れることができなかったという点が挙げられます。

毎月、イーサリアム価格を固定しプロジェクトトークンの価格を決めていたり、プロジェクトのミートアップを医療関係者を中心に行ったりとICOの王道とは少し離れたマーケティング手法を行っていました。

Medicalbit(メディカルビット)はどういった技術か

iMedsnで大量に蓄積されたカルテ情報が「医療における知の集積」を実現します。

また、医療AI技術の導入で全ての医師をエキスパートに育て上げることが可能だとされています。

医療AI技術とは

臨床情報や遺伝子など複数の医療情報をAI(人工知能)に学習させて、病気の早期発見・治療に役立てていこうとするものです。特に画像診断などの分野ではAIが内視鏡検査を行い、経験豊富な医師と遜色ない正答率を出すなどの目覚ましい研究結果が出ています。これはAIに患者の胃癌画像などの膨大なデータを記憶させることによって、 AIが胃癌の特徴を自動的に抽出して自己学習するディープラーニング技術を応用したものになります。

また、それら医療情報は高度な個人情報であり、その管理には堅固なセキュリティ体制を必要としますが、iMedsnではブロックチェーンの技術を応用し、紛失、改ざん、漏洩の可能性の極めて低い堅牢なプラットフォームの構築を可能としました。

▽ クリックで拡大

MedicalBIt(メディカルビット)のビジョン

iMedsn Coreによって、医療現場での診察業務、医療業務、会計業務を劇的に効率化することを見込んでいます。紙媒体を極力減らしクラウドベース化することで、医療業界全体(医師、製薬会社、医療会計業務者など)の業務を改善します。

また、今後「MBC」は、iMedsnの普及を通して、医療業界全体に流通するコインになることが期待されています。

利用者(MBC保有者)は、

 iMedsnの利用料金は、MBCコインで支払う事で一定割合値引きを受ける事が出来る    iMedsnの利用者は、希望により支払い金額の一定割合に相当するMBCコインを受け取る事が出来る 

という恩恵を受けることが出来ます。

▽ クリックで拡大

また、未実装のシステムにはなりますが、将来的に検討されているものとして、MBCのマイニングを 「健康行動」  「医療貢献」 で代替できるようになります。

iMedsn 健康アプリがライフログから得られる日々の健康努力(ウォーキングや禁煙外来の受診、健康診断の受診など)に対して報酬を設定し、健康アプリの利用を促進します。

また、医療従事者側も、医療貢献することで報酬を得られます。

iMedsnが信頼あるプラットフォームになるためには、相当量の医療関連データ、症例が必要となるため、このような授受の関係が成り立つというわけです。

▽ クリックで拡大

なぜ「医療×ブロックチェーン」なのか

それは、 医療とブロックチェーンはが相性の良いマテリアル だからです。

ブロックチェーンの技術は世界各国で、様々な分野で応用されています。現在、このブロックチェーン技術を医療データと繋げることにより、様々なメリットを医療業界にもたらすことが期待されています。
現在、病院などの医療機関では、カルテや過去の診断結果のデータ、処方箋のデータなど、医療ビックデータと呼ばれる情報を別々の管理システムで管理しています。
さらに、医療データの価値を個人が正しく認識することは難しく、今まで受けた診察結果や医療機関から処方された薬が何かすら判断することができていません。
ブロックチェーンの技術でこれらのバラバラの情報を繋ぐことで、検査結果などがどのような過程で管理・提供されているか、個人で管理することも可能となります。

iMedsn Coreはそのデータを医療機関、医師間、また製薬会社とも共有することで、医療の質を上げることにも貢献します。

MedicalBIt(メディカルビット)の将来性

MBC(メディカルビット)の開発元、JpMedsnは医療、介護向けソリューションの企画やシステム開発を行っています。

資本金も公式サイトで「2億3,975万円」と表記(2018年10月16日現在)してあり、信頼のおける企業であると言えます。

前述のように、既に健康アプリの開発や電子カルテのα版リリースなどを完了しており、プロジェクトの進行も順調であると言えます。

さらに技術面では 3件の特許 も取得しています。

▽ クリックで拡大

他にも15件の関連特許取得を進めています。

月刊仮想通貨 Vol.3に紹介された実績もあり、仮想通貨業界でも注目のICOです。

また、MedicalBit財団はエストニア共和国の法人で、プロジェクトの開発資金管理を行 っています。 プロジェクトの事業実施は日本法人のJpMedsn(日本メディカルソリューションズ 株式会社)が行っています。

エストニア共和国はIT立国化を国策として進めており、電子政府、電子IDカード、ネット・バンキング等の普及が顕著。選挙投票や確定申告、会社設立がネット上でできる他、電子カルテ等の先進的な取り組みが進められている。
また、2014年12月より電子居住権(e-Residency)の制度が導入された。これにより、電子居住権取得者は、エストニアの国民・居住者以外でも、エストニアの電子政府のシステムが利用可能になった。また、外国人が国外から企業の設立・運営、納税手続等を直接行うことができ、事業の効率化、コスト削減の効果があるとされている。
(外務省HPより)

このe-Residency制度は、情報技術を駆使して国境を超えてエストニアの(電子市民)を拡大しようとするもので、 日本国の安倍晋三首相もエストニア共和国の電子居住権を取得していることが知られています。 また、エストニアは世界で初めて国家によるICOの実施を計画しており、Medical bitはその先駆けとなるICOとなり得るでしょう。

エストニアに関するさらなる記事はこちらへ

MedicalBIt(メディカルビット)のロードマップ

2012年
JpMedsn設立
上期:資本金6,000万円
iMedsn電子カルテ開発開始
2013年
上期:資本金8,500万円
下期:資本金9,200万円
2014年
上期:資本金1億925万円
2015年
上期:資本金1億2,825万円
下期:資本金1億4,125万円
2016年
上期:資本金1億4,875万円
iMedsn健康アプリ開発開始
iMedsn電子カルテα版リリース
いくつかの診療所に試験導入中
下期:資本金2億3,475万円
2017年
第1四半期:iMedsn健康アプリα版リリース(AppStore認証取得)
上期:資本金2億3,975万円
MedicalBit設立
第4四半期:MBCトークン予約販売開始
下期:資本金2億4,975万円
2018年
第2四半期:iMedsn健康アプリ製品ローンチ、本格展開へ
第3四半期:iMedsn電子カルテβ版リリース、パイロット運用
2019年
第2四半期:iMedsn電子カルテ製品ローンチ、本格展開へ
2020年
iMedsn健康アプリ、MBCコインによる流通本格化

▽ クリックで拡大

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
ASKA(アスカ)への質問お待ちしております!
 

MedicalBIt(メディカルビット)の最新情報(1月2日更新)

コインオタク伊藤とMedical BitのCEOである山口浩行氏との対談はコチラ。

公式サイトのお問い合わせに、問い合わせフォームが設けられています。

公式LINEが存在しており、ICOに関する情報はここで確認することが出来ます。

ホワイトペーパーも随時更新されています。

MedicalBIt(メディカルビット)の上場なし? ASCAとして上場(1月2日更新)

「TOP FORCE」というシンガポールの取引所に2018年6月に上場予定との情報がありましたが、今現在取引所で「MBC」は確認できませんでした。

MedicalBit(メディカルビット)がASCAへ大改革(1月2日更新)

新たに世界へ展開して行くために、Asclepius Networkプロジェクトを構築しました。

従来のMBCトークンの仕様では、世界展開を基本としているAsclepius Networkプロジェクトに応用できないため、新たにMBC→ASCAへのトークンをスワップすることになりました。
Points

①現在6個認証されている特許がさらに増加。

②世界展開へ向け、スウェーデンのイエテボリ大学のピーター・リングストローム教授がアドバイザーとしてプロジェクトに参加

③MBC→ASCAへトークン変更。

④MBC保有者に対しては1年間のボーナス付き。

⑤顧客は国内ですでに640万人。中国には2000~4000万の顧客創出。

⑥推定数千万人の購入者が確定しているASCAトークン。価格の上昇が期待できます。

⑦国連事業(Sustainable Development Goalsなど)に基金設立して参加する事で世界的な認知度向上が期待されます。

ASCAトークンとして、「CoinBene」に上場決定しました。

MBC保有者への変更点(1月2日更新)

MBCホルダーの方には、特に有利な条件でASCAトークンにトークンスワップする権利があります。また、ASCAへトークンスワップは強制ではんく、MBCをそのまま保持することによって、毎年ASCAをステーキングできる特典があります。

上場は4月の中旬を予定しているそうです。MBCトークン保持者に対しては、特別販売(12/29~1/6)を開催しています。

MBCトークン保持者には以下2つの特典が与えられます。

Points

1.トークンスワップの権利

一般販売に比べて有利な条件で、MBCトークンからASCAトークンへの交換が可能になります。

2.ステーキングの権利

MBCトークンを保持しておくことによって、毎月一定額のASCAトークンを獲得できます。

※ASCAトークンからMBCトークンへ戻すことはできません。

※ステーキングを終了したい場合はいつでもトークンスワップが可能です。

ASCA(アスカ)の特徴(1月2日更新)

ASCA(アスカ)の目的

ASCAの使命は、世界中の医療の知識と専門知識を統合し、最先端の医療をすべての人に平等に利用できるようにすることです。

医療ビジネスが考える現状の課題点

無念なことに、世界中の全員が高度な医療から恩恵を受けることができないのが現状の世界問題として抱えています。

我々が目にする最も高いハードルは「知識と専門知識」です。

身近な患者の家に通う在宅医師は標準的な医療処置を提供することが困難です。 各医師は、膨大な数の病理学的および薬学的知識に習熟する必要があります。 このハードルは、広範囲の病気を治療しなければならない発展途上国の医師にとってはなおさら壁が高く、そこでは最先端の医療を提供することは事実上不可能です。

一人一人の医師が一晩で診断の専門知識を習得することは不可能です。そのため各患者がそれぞれ独自の症状を理解することが重要です。薬の調合を専門とする薬剤師でさえ、職業での経験にかかわらず、各処方の内容を意図したとおりに正確に説明することは困難である。

ASCA(アスカ)のトークン使用者

ASCAトークン(ASCA、今後)は、Asclepius Network内のさまざまなシーンで使用するために発行されます。

無料販売で購入したASCAはロックされ、購入したASCAの10%は、毎月末に10ヶ月間にわたって最初の取引所が開設された日から分配されます。

ASCAの価値を向上させるために、プロジェクト運営会社であるジャパンメディカルソリューションズは、売上に応じて利益の一部を得てASCAを流通市場で購入することがあります。

ASCAa-EMRおよびAsclepius Networkプロジェクトのユーザー数が増えるにつれて、オペレーションからの売上は増加します。 つまり、プロジェクトの成長はASCAのプレミアムを向上させるでしょう。

ASCA(アスカ)は2つの種類のトークン使用者をターゲットにしています。

Points

1.エンタープライズ仕様

2.個人仕様

エンタープライズ仕様

Asclepius NetworkプロジェクトにASCAs-EMRをインストールするためのデポジット

Asclepius Networkプロジェクトの医療情報インフラストラクチャーを使用するための入金

個人仕様

ASCA-パーソナルヘルスアプリの分割払い

サービスの割引およびASCA-パーソナルヘルスアプリを介した購入

ASCA(アスカ)の商品・技術

最先端医療における知識と専門知識の統合を目指しています。

ASCA(アスカ)では世界中からデータを収集し、共有された知識資産のために最先端の医療に関する情報を統合しています。結果として、ユーザーが共有財産から生み出されたサービスを利用することができるシステムの構築は、世界中のすべての人に最先端の医療を提供することへ導くためです。

最新の診断情報と製薬情報、専門知識、その他すべてをリンクするデータのプラットフォームを管理することで、最先端の医療知識と専門知識を統合することによって、グローバルな医療情報のプラットフォームを完成させることができます。

 “Asclepius Network” project

Asclepius Network projectは、先端医療を世界中のすべての人が利用可能にすることを目的としたプロジェクト

Creating ASCAa Labの設立

ASCAa Labは、統合された高度な医学的知識と専門知識、および世界中からの医療記録を活用して、世界中の主要な医学研究者が参加できる仮想研究環境を提供します。

統合データの使用から開発されるシステムの1つは、AI補助診断イメージングから出発して、AI補助診断システムである。ここでの研究結果は、世界中のすべての人々の健康を促進するために様々な事業に使用されます。

健康情報に加えて、専門知識に基づいた確かな評判の製品を慎重に選択し、本物の効果と信頼性の高い情報でそれらを認定します。 ASCAa Lab認定のヘルスケア製品情報を世界中の人々に提供することで、エビデンスに基づく健康増進を支援します。

最先端の医療情報プラットフォームの開発

ASCA(アスカ)は最先端医療の「医療情報プラットフォーム」の開発を目指しています。

ブロックチェーンと暗号化テクノロジーを活用して、この目標を達成しようと試みています。

1.信頼性

医療情報には機密性の高い情報が多く含まれています。 専門知識と知識の統合のために集められた最先端の医療に関する情報や、診断や健康診断の記録などの個人情報を含む医療記録は、決して偽造されてはなりません。

  1. セキュリティー

ブロックチェーンに保存されている患者記録と医療情報は削除されることはありません。

  1. アベイラビリティー

最先端の医療をサポートする医療情報システムは、中断なく24時間365日稼働する必要があります。

4.スケラビリティー

システムは、将来への更新を維持しながら、指数関数的に増加する医療情報、患者記録、および健康診断データに対応しなければなりません。

 

このシステムは、ブロックチェーンと暗号テクノロジーを使用することによってこれらの課題をすべて克服できます。

最先端の医療に関する総合的な専門知識と知識、および個人の診断記録と健康診断データを含む医療記録に関する医療情報は、特に医療過誤や医療事故の際に真正性が最優先される場合に、改ざんから保護されることがあります。

さらに、各データセットには非常に個人的な情報と個人情報が含まれているため、高度に暗号化されています。 これらのテクノロジーによって、情報は検証可能になり、運用のための安全なビッグデータになります。

さらに、ブロックチェーン技術を使用することで、予期しない状況下にあるノードが発生した場合でもデータ損失を確実に防止し、医療システムを中断することなく継続して動作させることができます。

このAsclepius Network projectの第一歩として、ASCAa-EMRによる情報蓄積があります。

電子カルテシステムASCAa-EMRは次世代の操作性を備えており、システムに診断支援情報を埋め込む予定です。

日本では、いわゆる5分診断規則が制定されているので、各患者と対面診察を5分間行う必要があります。

その他の国々でも医療費システムによって設定された診察時間に従う必要があります。

この規則の目的は、患者に対してより徹底的な検査を促進することです。

このASCAa-EMRでは高度で効率的な技術を仕様することによって、患者の記録を入力するのに30秒しかかかりません。 私たちのこの特許取得済みの技術は、医療記録の登録に必要な時間を大幅に短縮します。これにより、医師は患者の診察時間を増やすことができます。

ASCAa-EMRにより下記の事柄が可能になります。

ヘルスケアアプリ ASCAa-Personal

ASCAa-Personalは、個々の健康情報と臨床記録をシームレスにリンクさせ、彼らの健康状態に最も適した健康指導を提供しながら、医療の専門知識と知識および医療記録の蓄積と統合に活用します。

Points

・健康支援情報ビデオ
・デジタル医療ノート
・健康診断結果および関連する健康情報の提供
・重度の疾病予防のための注意
・健康診断サポート
・郵便健康診断の申請
・テレショッピング医療情報基盤と検索機能へのアクセス。
・財布機能とお守り
・多言語アスカパーソナル

ASCA(アスカ)プロジェクトのロードマップ(1月2日更新)

ASCA(アスカ)プロジェクトの運営メンバー

Hiroyuki Yamaguchi (CEO, JpMedsn Co., Ltd.)

Toshifumi Oda Director on Board, JpMedsn Co., Ltd.

Masakuni Tamura Director on Board, JpMedsn Co., Ltd.

Miho Naruse                 CMO

ASCA(アスカ)プロジェクトのパートナー

メディカルビット時代に、株式会社日本ヘルスケアビジネスを買収し子会社化しています。

日本メディカルソリューションズはこの度、当社取締役である織田敏文が代表取締役を務める日本ヘルスケアビジネスの株式の67%を取得し子会社化することを決定致しました。日本ヘルスケアビジネスは日本でトップクラスのレセプト点検事業者で、大規模企業健康保険組合100組合超がその顧客。月間の点検レセプト枚数は200万枚を超えており、想定組合員数は被扶養者も含めると約640万人となります。

当社は日本ヘルスケアビジネスと共同で健康保険組合向けのサービスであるiMedsn健康アプリの開発を行ってきましたが、この度、子会社化することにより、より緊密度を深め、日本ヘルスケアビジネスの顧客層にiMedsn健康アプリの浸透を促進を図ります。
なお、ホワイトペーパーでご案内しましたようにiMedsn健康アプリにはERC20対応のウォレットを実装し、MBCコインを扱えるようにする予定。

(株)日本ヘルスケアビジネス 公式サイト

 

ASCA (アスカ)プロジェクトまとめ

メディカルビットからASCA(アスカ)プロジェクトに変更したこのプロジェクトですが、現在ASCA(アスカ)プロジェクトについての情報は少なくないのが現状です。

今度、また最新情報が入り次第更新していきます。

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
ASKA(アスカ)への質問お待ちしております!