【Fusion Coinを徹底調査Vol.2】F1レースのタイトルスポンサーに!?現地取材で感じたFusion Coinのポテンシャルとは

プロジェクト

Bitcoin、そしてRippleの特徴を兼ね揃えた、大注目の仮想通貨「Fusion Coin」。

そのFusion Coinがメインスポンサーとなった鈴鹿サーキットでのF1レース 『SUZUKA Sound of ENGINE 2018 RICHARD MILLE -Fusion Coin Masters Historic Formula 1 in Japan-』が、2018年11月17日(土)、18日(日)に行なわれました。

仮想通貨×モータースポーツのニュースを振り返ると、実は非常に少ないことが分かります。
唯一、カルダノ・エイダコイン(CARDANO/ADA)が日本のレーシングチーム「CARGUY」とのスポンサー契約を交わした件は、大変な出来事でしたが、今回、Fusion CoinがF1レースのタイトルスポンサーにつくことは、 それに続くビッグニュースと言えます。 

SUZUKA Sound of ENGINE 2018 RICHARD MILLE 概要

SUZUKA Sound of ENGINEとは

1962年、日本初の本格的国際レーシングコースとして開場した鈴鹿サーキットは、2012年に50周年を迎えました。この年に鈴鹿サーキットは、50周年を記念したアニバーサリーイベントを開催しました。

さらなる自動車・バイクへの興味喚起の機会とモータースポーツへの憧れを持つファンの増加を目指し、2015年に新たなヒストリックイベントとして「SUZUKA Sound of ENGINE」をスタートしました。このイベントは今年で”4年目”となり、日本のモータースポーツファンなら誰もが知る大きなイベントとなっているようです。

RICHARD MILLEとは

RICHARD MILLEは、スイスで誕生した、世界屈指の高級時計ブランドです。
F1や航空宇宙産業において使用される最新技術や素材を厳選し、完璧さを追求した唯一無二の究極の時計を目指しています。
2016年より「SUZUKA Sound of ENGINE」のスポンサーとして歴史的名車の競演を支えています。

Fusion Coin Masters Historic Formula 1 in Japan

そして、Fusion Coinがタイトルスポンサーを担うのが、当タイトルレースです。
クラシックF1マシンの世界選手権として、もうひとつのF1グランプリと呼ばれています。

本大会の見どころ、様子

SUZUKA Sound of ENGINE が開催されて4年目となる今年は、「Fusion Coin Masters Historic Formula 1 in Japan」をはじめ、歴史的価値が高く、ファンの印象に強く残っている国内外の往年の名車を招聘し、様々なゲストとともに、日本の自動車・バイクのみならず、世界のモータースポーツの歴史を振り返る夢のような2日間となります。

ヒストリックとはいえ、シリアスなレースである以上、テクニカル・レギュレーションが厳密に管理、施行されているのも本大会の魅力の一つと言えます。。

今回筆者は、初めてF1レースの様子を間近で見ましたが、マシンが超高速でロードを駆け抜ける際に生じる「音」と「風圧」の迫力に圧倒されました。そして、その迫力ある走行を支えるエンジニアスタッフの人数の多さ。。。 生で見た者にしか分からない魅力がそこにはあります。 

当日は往年の日本のモータースポーツファン達の歓声で会場が包まれました。

来場者の声

今大会を心待ちにしていた多くの来場者より大会への感想をいただきました!
一部のコメントを紹介いたします。

■昔からレースのファンだが、昔見たマシンをこうしてもう一回走る姿を見ることができてとても嬉しい。

■今回初めてレースを見に来たが、迫力がものすごい。周囲からの声が聞こえないほど、音が大きすぎてびっくり!

■雑誌を見て憧れた車が目の前にあり、大会中ずっとわくわくしている。

F1タイトルレースの冠となったFusion Coinとは?

 

Fusion Coinは、2016年に創設された通貨で、信頼度の高い金融サービスを提供し、世界中の誰もがアクセスできるように人々をつなぐ、というのがコンセプトです。ブロックチェーン技術により、 従来の銀行システムに革新的な技術を導入し、 グローバルかつ安全で信頼できる金融サービスを提供します。

「今あるメジャーな仮想通貨のすべてを整理し、新しい通貨を作れば、新しい価値を生み出せるのではないか。」Fusion Coinは、もともと上記のようなシンプルな発想から開発が始まりました。

また、メンバーは世界各国におり、グローバルな人材を擁しているのが強みの一つです。
ビットコイン黎明期から業界に携るメンバーもおり、経験値の高さも魅力の一つと考えられます。

Fusion Coin公式HP:http://fusioncoin.info/

Fusion Coin公式Twitter:https://twitter.com/coin_fusion

Fusion Coin公式Telegram:https://t.me/FusionCoinJP

通貨としての特徴

Fusion Coinは通貨として以下の特徴を揃えます。

①Bitcoin、Rippleの特徴を良いとこどり

仮想通貨の中で最も知名度と人気を持つBitcoin、Rippleのそれぞれの特徴にフォーカスし、Fusion coinは作られました。
Bitcoinの価値を高める重要な要素の1つに、発行上限が2,100万枚という点がありますが、Fusion Coinも3,000万枚と発行枚数を制限し、通貨の価値を担保します。
Rippleの最大の特徴は世界中の通貨を繋ぐための送金・決算手段として開発された仮想通貨であることですが、Fusion Coinもまた、この特徴を有しています。

②ブリッジ通貨としての価値
ブリッジ通貨とは、海外に送金・両替する際に利用される専用通貨を指します。
Rippleはまさにブリッジ通貨の代名詞であり、Fusion Coinもまたブリッジ通貨としての用途を有しています。

③Ripple IOUとしての価値
IOUを一言で説明すると、投下した金額と同価値の借用証明です。
Fusion Coinは、Ripple IOUとして発行され、RippleまたはBitcoinで購入できます。

Fusion Coinが目指すのは新たな金融機関としての形

 『ブロックチェーン技術を通じて、新たなイノベーションと従来からある銀行を結びつけること』 これがFusion Coinの本当の目的であり、通貨としてだけでなく、オンライン仮想通貨・法定通貨を扱うハイブリッドな銀行として、『FUSION BANK』の設立を目指しています。

このように、様々な特徴、そして将来的な発展性を持つFusion Coinですが、ロードマップやより詳しい情報を知りたい方は、下の記事を是非ご覧ください!

3月20日更新【Fusion Coinを徹底調査Vol.1】Bitcoin、Rippleの特徴を兼ね揃えたプロジェクトは、新たな金融業界の先駆者と成り得るか? (COIN OTAKU)

2019.03.20

 

※コインオタクはアフィリエイトによる公告利益を得ません。

特設ブースの様子

レースタイトルスポンサーとなったことを記念し、会場には特設ブースが設けられました。
ブース内は、Fusion Coinを紹介するコーナーだけでなく、最新のマシンも展示され、多くのファン達で埋めつくされていました。

 

鈴鹿サーキットまでFusion Coinの追いかけ取材を実施して

『SUZUKA Sound of ENGINE 2018 RICHARD MILLE』は、秋晴れの空の中、大盛況のうちに終了いたしました。

大会を通じて、多くの方がFusion Coinを知るきっかけになったのではないでしょうか。

時代が変わっていくための一つのきっかけ

現在、仮想通貨の市況や取り巻く環境は複雑です。
仮想通貨への一般的な印象は、利便性や将来性といったイメージよりも、投機性など異なるイメージが先行しているのかもしれません。

今回、Fusion Coinが『SUZUKA Sound of ENGINE 2018 RICHARD MILLE』のタイトルスポンサーを担ったことは、仮想通貨市場そして業界へポジティブなニュースを提供しました。

このような取り組みが、少しずつ時代を変えていくきっかけとなるのかも知れません。

Fusion Coinをなぜ注目すべきなのか

Fusion Coinは仮想通貨市場においてどのようなポジションを取っていくのでしょうか。

ホームページには、ロードマップが掲載されており、また、掲げるFusion Coinの掲げる目標も確認することができます。

また、プロジェクトメンバーが強力で、ユニークなトークン設計と、目指すFUSION BUNKへの賛同から、以前より注目されているプロジェクトであることは理解できます。

一方で、その具体的な活動内容に関する情報は多くなく、関係者によるメディアへの露出なども少ないため、展開を予測することは困難だったと言えます。

しかし、 この状況は徐々に変化 しています。
今回の『SUZUKA Sound of ENGINE 2018 RICHARD MILLE』は最たる例ですが、さらに2018年11月より公式Twitter公式Telegramを続けて開設しています。

そして、12月には大きな発表が控えているようです。

今度は、どのようなきっかけを社会に提供するのでしょうか。大いに期待されます。

※コインオタクはアフィリエイトによる公告利益を得ません。