もはや誕生は必然だった?ビットコインより新たにハードフォークするビットコインキャッシュクラシック(BCC)について解説

プレスリリース

2018年11月16日、ビットコインキャッシュ(以下、BCH)は、ハードフォークによりBitcoin ABCと、Bitcion SVに分裂しました。

世界中を賑わせたこのニュースは、何を背景にして起こり、またビットコインキャッシュを持つ多くの投資家にとって良い結果となるのでしょうか。

Poloniexによる違法取引?PoloniexのBCHABCとBCHSVは架空取引。ハードフォークと架空先物取引は繰り返される (COIN OTAKU)

2018.11.22

ビットコインキャッシュとはどのような通貨だったのか

今回のハードフォークを理解するためには、ビットコインキャッシュについて理解する必要があるでしょう。

ビットコインに顕在した問題を解決する目的で誕生

従来ビットコインには、「スケーラビリティ問題」が存在していました。

「スケーラビリティ問題」とは、ビットコインネットワークの処理能力が制限されていたため、ビットコイン取引の拡大に伴って未処理の取引が溜まり、平均処理速度が低下し処理手数料が高騰する問題です。

ビットコインの「スケーラビリティ問題」を解決させるために、2017年8月1日ビットコインより初めてハードフォークされて誕生した通貨がBCHです。

さらに、BCHは「容量の拡張」「トランザクションの高速化」「低い手数料」を主な機能として有しています。

2018年11月16日に発生したBCHのハードフォーク

ハードフォークの背景とは

ハードフォークを経て誕生したBitcoin ABCとBitcion SVに対しては、【分裂】という表現が当てはまります。これまで1つのまとまりとして機能していたBCHが、コミュニティ諸共2つに分かれてしまったことを意味します。

そしてこの分裂は、それぞれの個人的な利益を優先するための対立から発生したと言われています。

ハードフォーク

利益を重視した対立から発生した今回のハードフォークにおいて、コミュニティのメンバーは最大の被害者と言えるでしょう。
本来、ビットコインより派生したBCHは、コミュニティ主体で運営していく非中央集権型のシステムのはずです。
今後、Bitcoin ABCとBitcion SVは、従来BCHが持つ大きな使命を果たせるのでしょうか。

BCHの使命に回帰する新たな構想

前述のハードフォークによる騒動を受け、BCHが本来目指していた目的の実現や、分裂したコミュニティを1つの戻すための、新たな構想が立ち上がっています。

ビットコインキャッシュクラシック(BCC)構想

「容量の拡張」「トランザクションの高速化」「低い手数料」といった本来BCHが備える機能の追求と、民主的なコミュニティ形成を目的に、ビットコインキャッシュクラシック(以下、BCC)として、ビットコインからのハードフォークを目指す構想があります。

BCCが実現するハードフォークとは

下の図を見てみましょう。
ビットコインからハードフォークしたBCHをはじめ、これまでハードフォークにより誕生した通貨を表しています。

お気づきでしょうか。

BCCはビットコインからハードフォークします。
2017年8月1日にBCHがビットコインからハードフォークしたブロックまで遡り、ハードフォークを実施します。

BCCは分裂したBCHの後継となるか

前述のとおり、BCCは「容量の拡張」「トランザクションの高速化」「低い手数料」といった本来BCHが備える機能を追求することを目的とします。

 

例えば処理速度を比較した場合、BCCはビットコインABCの10倍、SVの5倍を誇ります。

これらの機能を高い次元で備えることは、BCHの後継に成り得、市場においてビットコインと競うことが可能となると考えられます。

そして、BCCは分権化を証明するために、ビットコインよりフォークすることを選択しました。BCCを形成する新たなコミュニティは、コミュニティのあるべき姿へ回帰させるのです。

2018年11月16日に発生したBCHのハードフォークによる様々な騒動は、未だ収束していません。

BCCの誕生は、必然的な「原点回帰」なのかもしれません。