テクニカルスナイパーコラム「ビットコイン急反発で再上昇へ、追撃好機終わる」

ゲストレポート

こんにちは、テクニカルスナイパー(@forgoodtrade)です。
私はコインオタク編集長の伊藤健次さんに次ぐ立場としてオンラインサロンの専属講師を務めています。

そのご縁からコインオタク公式ホームページにて私の記事を寄稿させていただいています。
ぜひ最後までお読みください。

朝型か夜型かの生活スタイルの違い

仕事をするにも勉強をするにも朝型の生活スタイルが良いと言われますが、世の中は夜型の人が多いとされ、朝型を推奨する意見が多くあります。

結論から言えば自分がもっとも楽だと感じる時間で仕事をすればいいのですが、私はやはり朝を好んでいます。

為替トレードは22:00〜26:00がゴールデンタイムと言われていますが、私はその時間に合わせるのではなく、自分がもっとも正常な判断ができる時間を中心に無理のないように取り組んでいます。

無論、材料相場やトレードしやすい展開が突発的に現れた時などは張りつくようにしていますが、それらはあくまで例外的です。

私が朝を好む理由は連絡が来ないという点にあります。

以前チュニジアに渡航したことがあり、それが私の唯一のアフリカ上陸ですが、時差が8時間あったことで日本との生活時間が異なり、自分が集中して仕事をしているときに無用な連絡のやり取りをする必要がなく、快適だった印象を受けました。

相手との仕事時間をあえてずらすことでお互いにとって無用な連絡が減って生産性が向上します。
私が朝の時間を好むのは多くの人が仕事をしていない時間だからです。

本を読まなくなった人間

インターネットやスマートフォンが普及した今日、情報を幅広く得ることが容易になって久しくなりますが、それと同時に書籍が読まれなくなっていっているのを感じます。

紙の本と電子書籍のどちらが良いかという議論をするつもりはありませんが、どちらにせよ最近は文字数を読むことが難しくなっています。

提供する側も文字数が著しく減っており、SEOメディアの記事も競合に勝っていくためにはそれなりの文字数を書かなくてはならない状況でありながらユーザーが読まないというジレンマにぶつかっています。

私もnoteやここでの寄稿で文章を書く機会が多い人間ですが、絶妙なバランスが求められることに苦労することもあります。

ありきたりかもしれませんが、広く浅くは二流であり、これからは狭く深くを追求した専門分野の柱をいくつ持てるかがポイントになるでしょう。

私も読書から学ぶことがもっとも内容は濃いものだと実感します。

早く始めることの優位性

投資やトレードに限らず、何事においても先行者優位というものがあります。
これは受験勉強や起業も含めての話です。

「思い立ったが100年目」という言葉もありますが、基本的には行動ベースで前進できるのと経験値のみでの成長しかありません。

私はトレードについて話すことが多いものですが、誰に対してでも同じような話をし、5万円でも10万円でもいいので勉強する前から果敢に挑戦することを推奨しています。

短期トレードについて言えば、ロット数やレバレッジ、ストップロス注文さえ守っていれば、たとえ初期投入金額を溶かすような結果になってしまったとしてもそれなりに次への経験値として十分な場数を踏めるでしょう。

これがインカムゲイン(配当や家賃収入)を得るための長期投資の場合も多少のタイミングこそ図るとしても、大局が把握できていれば特に問題なく早期参入することが正義とされます。

総じて早く始めるということに大きな意味があると私は思っています。

ビットコイン価格がライン通りの推移、利確ポイントの確認

ビットコイン価格が150万円を高値に急落した状況で、節目の122万円を割り込んだことで予期せぬ現物の買い場になりました。

急激な安値の切り下げがあったため、107万円を割り込んで93万円に達することも予想されましたが、急反発を見せて122万円を越えようとしている展開となっています。

安値水準から現物を保有している方は利確ポイントが近づいているため、構えておく必要があるでしょう。
予定通り150万円での半利確と200万円での全利確を考えています。

またビットフライヤーの新規アカウント受付が再開されたというニュースもあるように、新規ユーザーの参入はまだ勢いを失っておらず、基本的にはFXでもロングを拾っていくという姿勢は変わりません。

テクニカルスナイパーの発信媒体

私は以下の媒体にて発信をしていますのでぜひチェックしてください。

Twitter:@forgoodtrade

LINE@コラム:https://line.me/R/ti/p/%40whs7229i

有料note:https://note.mu/forgoodtrade

セミナー登壇情報など:現在予定されているイベントは有料オンラインサロン会員様限定セミナーのみとなります。