仮想通貨

【伊藤が解説】グレースケール勝訴!ビットコインETFとSECの真相解明

ビットコインETF変革:米議員らがグレースケール社の勝訴を支持

米国グレースケール社は、ビットコイン投資信託のETFへの転換についてSECとの訴訟で有利な結果を受け入れました。
これに対し、パトリック・マクヘンリー議員は仮想通貨の規制枠組みの迅速な構築の必要性を強調し、特に「決済用ステーブルコインの明確化に関する法案」の推進を主張しています。

また、退任したパット・トゥーミー前上院議員もこの判決を支持。
コロンビア特別区控訴裁判所は、SECの恣意的な決定に疑問を呈し、グレースケールの申し立てを認めました。
SECは再審査を検討しており、グレースケール社は、この判決がビットコインへのアクセスを向上させるものとして評価しています。

米議員ら、ビットコインETFめぐる判決を支持 グレースケール対SEC訴訟で

COINPOST

グレースケール勝訴!ビットコインETFとSECの真相解明

[sc name=kaisetsushimasu ]

8月29日、ビットコインの価格が大幅に上昇した理由は、グレースケールとSECの間で行われていたビットコインETFの不承認を巡る訴訟で、意外にもグレースケール社が勝訴したからです。
ビットコインの価格が承認や不承認の報道を挟みながら変動する理由、そして、SECが市場への不適切な介入を行っている可能性について説明します。

ビットコイン現物ETFは、ビットコインに紐付いた金融商品です。

高級なロレックス時計を例にしましょう。
ロレックスの価格が急騰しているのは周知の事実です。
しかし、この事実を基にロレックスに投資できる人はどれだけいるでしょうか。
一般の方にとって購入、管理、売却、価格のトレンドを追うのは大変難しいことです。

もし「ロレックス現物ETF」という金融商品が作成されたらどうでしょう。
一般の人々も『とりあえず1万円分購入してみよう。』と市場に参加するハードルが大きく下がります。
管理の手間もなく、いつでも売買ができると考えることができます。

これが、ビットコイン現物ETFが市場拡大に貢献すると期待される理由です。

特に米国では、大手仮想通貨取引所であるFTXが破産しており、興味はあるが現物が投資できない人々が多数いると予想されます。
それにもかかわらず、SECは仮想通貨市場やアメリカの大衆からの需要があるビットコイン現物ETFを不当に不承認し続けているのはなぜでしょうか。
それは、SECが米国経済を優先しているからです。
仮想通貨市場は大きく拡大していますが、米国内の仮想通貨市場の企業はまだ少なく、経済圏はまだ確立していません。

SECは、仮想通貨市場を拡大させないことに対して、インセンティブを持っています。
多くの批判を受けても、彼らは可能な限り判断を延期し続けるでしょう。

同時に、仮想通貨市場が魅力的であることを十分に理解しており、最後の瞬間に承認する可能性が高いです。
これまで短期間での回復が予想されていた米国経済は、予想以上に停滞期間が長引いており、2024年の終わりまで回復の兆しはありません。

次の大統領選挙で人々が何を望んでいるのかを掴んでいない可能性が高く、候補者のマニフェストにはビットコインの言葉が並んでいます。
米国を中心とする経済の停滞が世界中で取り返しのつかなくなると、ビットコインが世界が頼る通貨になる可能性が高いです。

グレースケールとSECの訴訟の結果、ビットコイン価格の変動の背後にある真実が明らかになりました。
ビットコインETFが仮想通貨市場の拡大にどのように寄与するか、そしてSECがこの市場にどのような影響を与えているのか、これらの点を理解することは仮想通貨投資家にとって非常に重要です。

その他のおすすめ記事

【伊藤が解説します】NFT業界に衝撃!SECとの最初の訴訟の背景

【伊藤が解説します】PEPE騒動から学ぶ:ミームコインの中央集権化の真実

【伊藤が解説します】ビットコイン新時代:新規クジラ(大口保有者)の登場と市場の変動

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP