【情報量日本一位】【Mining City(マイニングシティ)】世界初特定国政府の公認のマイニングファーム、高還元率の理由とは?

あのICOは今!?

【Mining Cityを20秒で理解】

・コスト削減に特化⇒高還元率
・世界初の政府(アフガニスタン)公認
・1,100日毎日報酬を受け取り可

マイニングは暗号資産を得る手段としては、非常に有効です。

しかし、近年発生したビットコインの価格の急激な下落により大手ビットコインのマイナーの撤退が相次ぎました。しかし、ブロックチェーン維持のためにも、整合性を保ちながら取引の承認作業を行なっているというマイニングは必要不可欠です。

そこで誕生したのが、今回ご紹介する「Mining City」です。

Mining Cityはビットコインの市場環境が悪い中でも、 コスト削減を測り、効率的にマイニングを行うことのできるクラウドマイニングサービスを提供 しています。

コスト削減を徹底することにより、ユーザーへの還元率を上げ、好ましくない市場状況でも収益性を保てるスキームを持ち合わせています。

高収益性がポイントの様ですね。早速詳細を見ていきましょう。

今回のMining Cityに関しての記事は暗号資産メディア「サイニュー」さんからのご依頼で取り上げました。

Mining Cityに関する質問等はサイニュー公式LINE@よりお問い合わせください。

サイニュー公式LINE@

サイニューマイニングLINE@

Mining(マイニング)とは

先ずはマイニングについておさらいです♪

ビットコインのマイニングとは取引データの承認作業のことです。

暗号資産であるビットコインは24時間365日世界中の人々の間で取引が行われています。これらのやりとりはブロックチェーンによる分散型管理によって成り立っています。

このブロックチェーン上のブロックには、「いつ」「誰が」「どのくらいの取引を行ったか」などの情報が書き込まれています。

取引に関する記録の承認をする人を「マイナー」と呼び、マイナーがマシンを利用し取引を承認することによって取引を送受信することが可能です。

 マイナーは取引承認作業をすることによって未発行の暗号資産を報酬として得ることができます 。その作業が鉱石の発掘と似ていることからその意味をなぞらえて「マイニング」と呼びます。

日本のマイニング企業の現状

現在日本が運営しているマイニング企業は窮地に立たされている状況です。多くの企業はASICと呼ばれるマイニングマシンを利用していますが、このマシンは膨大な電力が必要なため費用がかさむことが懸念点としてあげられています。

実際、マイニングに必要なコストが利益を大幅に上回りマイニング事業から撤退していった企業も多数存在します。

また、現在辛うじて生き残っているマイニング企業も顧客への還元率が決して高いとは言えません。これは、使用するマシンの性能だけでなく、日本国内ではマイニングのための最適な環境や条件を見つけられていないからです。

 Mining Cityはこのような電力確保、コスト効率の最適化を図りつつ顧客への還元率向上、マイニングファームの整備など様々な課題を乗り越えたマイニング企業 です。

それではMining Cityについて紹介していきます!

Mining City(マイニングシティー)とは

拠点地:アフガニスタン共和国

関連企業:Mine Best(Mine Bestの拠点地はポーランド)

Mining City チームサイニュー公式ツイッター

Mining City チームサイニュー公式LINE@

Mining Cityとはポーランドを拠点に活動する「Mine Best」の提供するクラウドマイニングプロジェクトで、 世界で初めて特定国政府(カザフスタン)の公認を受けた指定経済特区 を拠点としています。

2019年、日本向けにMining City Japan Projectをローンチし、今後注目がさらに高まることが期待され、Mining Cityの仕組みとしては、ユーザーの出資に対し、マイニング報酬を還元する仕組みのもと運営しています。

Mining City(マイニングシティー)の特徴

Mining Cityの強みは 低コストで行えるマイニング です。高収益のコスト効率を5つの方法で行なっています。

コスト効率の方法

・低価格な電力確保

・圧倒的な電力供給量

・最安値でマイニングマシーンを確保

・マイニング報酬の非課税

・Mine Best社への設備利用収入

カザフスタンにマイニングファームを設ける利点は大きく分けて3つあります。

カザフスタンで行う利点

・広大な土地

・賃金の安さ

・マイニングマシン適した気候

低価格な電力確保

カザフスタン、ウズベキスタンは世界的に見ても電気代の安価の地域なのでマイニングを行うための電気料を低く抑えることができます。また、主要マイニングフォーム運営国である、カザフスタンでは石炭の産出が豊富なため火力発電がメインとなっています。

また、ウズベキスタンでのファーム設立では、水力発電により電力を賄う予定です。

このように、 拠点地の環境に応じた最適な条件で安価な電力を確保や、拠点国政府や関係機関との交渉、施設運営を行なっています。 

圧倒的な電力供給量

Mine Bestグループ全体の電力供給量は600MWにも及び、その全てが自社運営なため他社と比較すると大幅なコスト削減で運営が可能となっています。

最安値のマイニングマシーン

Mining Cityのマイニングマシーンは大手、小メーカーにかかわらず、売り先に困っていたマイニング機器を最安値で大量購入したものです。機械の最安値で仕入れを可能にしたことで、さらなる低コストも実現を行なっています。

マイニング報酬の非課税

カザフスタン政府公認施設は非課税特区なため、その地で行うマイニングの収益は税金がかかりません。

マイニング収益であるビットコインを日本取引所で円に変換すると、日本国内で両替分の所得税がかかるということをMining Cityは公式サイトで喚起しています。

Mine Best社への設備利用収入

Mining Cityは他のクラウドマイニング業者から設備利用料として収益の10%を徴収しているため、Mining Cityのユーザーのマイニング収益から捻出されるMining Cityの運営費は最低限に抑えることができます。

他社では、マイニング収益をマイニング配当40%、アフィリエイター報酬40%、会社運用費20%ほどで分配されることが一般的なのに対して、Mining Cityでは63:35:2の比率で行なっています。つまり、 マイニング収益のうちMining Cityの運用に当てられるのはたったの2%ということです。これによりより多くのユーザーに還元することが可能です。 

カザフスタンの広大な土地

下記の図は日本とカザフスタンの面積と人口密度を比較したものです。ご覧の通りカザフスタンは日本より広い面積の国土に対し、人口密度が極めて低いことがわかります。つまり、使われていない敷地が多くあるということです。

マイニングファーム設置には広い敷地を必要とします。カザフスタンは地価が安く、土地代にかかる費用を抑えることができるため、効率的にマイニングが行えます。

カザフスタンの賃金の安さ

マイニングはマシンを使い行われますが、高価なマシンの警備や不具合の対応などを行う人材は必要不可欠です。

平均月収が5万円程なので日本と比べてカザフスタンの国民賃金が安いため、マイニングにかかる経費を最小限に抑えることが可能です。

カザフスタンのマイニングファーム運営に適した気候

カザフスタンの気候は北海道と似た比較的涼しい気候です。

マイニングマシンは、70-80度を超える高温になることがあり、高温になればなるほどマイニングの効率が低下します。また、マシンの耐用年数を短くする原因になります。そのため、マイニングマシンにとって適切な室外温度は20~40度です。

Mining Cityではこのカザフスタンの気候とコンテナを活用することによって耐用年数を最大化しています。

コンテナに関しては後記を参照してください。

Mining City(マイニングシティー)はBTC.comに帰属

マイニングシティはBTC.comに帰属し現在ハッシュレートランキング世界一になっています。

世界1位のBTC.comが公式パートナーとしてマイニングシティがサイトに記載されています

Mining City(マイニングシティー)のマイニング工場視察レポート

火力発電所の隣でマイニングを行っており、マイニングに使用中の土地はカザフスタン国営企業火力発電との契約しています。

通常マイニングファームはビルなどの建物内に設置されますが、Mining Cityではコンテナの中にマイニングマシンを設置しています。

このコンテナには以下の写真のようにカザフスタンの気候を最大限活用するために通気性をよくし、外気を通す工夫がなされています。外気によって気温を下げることによりエアコンなどの電気代の削減を行うことが可能です。

また、夏場でも20~40度という適切温度を保つためにコンテナ内にも空調設備が完備されています。最適温度に保つことによって耐用年数を最大5~7年引き延ばすことが可能です。

コンテナは遠目から見ると小さく見えますが、1つのコンテナには600台のマシンを設置し稼働させることが可能で、実際人が近くに立つとかなりの大きさがあることがわかります。

また、このマイニング施設はいつでも見学することが可能です。実際現場に出向きどのような環境、どのようなマシンでマイニングが行われているか目にすることが、さらに安心してマイニングを行うことができるでしょう。

Mining City(マイニングシティー)の今後

Mining Cityは現在設立されているカザフスタンのマイニングファームに加え、現在の施設の倍以上の規模を誇る施設の開発に取り組んでいます。新施設は2019年9月ごろ完成予定です。

新施設予定地には、コンテナ50台、マイニングマシン30,000台が稼働する予定で、既存のマシンと合わせると50,000台が稼働する体制となります。

また、新施設予定地のすぐ側には最大発電能力4,000MWという世界最大規模の火力発電所が隣接しているため、低価格かつ大量の電力を安定して受けることができる環境が整っています。

 Mining Cityはこの新施設が完成後、50,000台でハッシュレート分布シェア2%、50万台で20%、最終的に100万台を稼働させビットコインマイニングで絶対的なトップシェアを狙っていく予定です。 

 

コインオタク伊藤
ビットコインの価格の上昇に伴い、マイニング市場も盛り上がっております。BTC価格が100万円を超え、多くのマイニングビジネスで利益が出ているでしょう。BTC価格が高ければwin-winのモデルになります。
気を付けるべきはBTC価格は変動するという事を忘れてはいけません。もし、価格が下がった場合耐えられるだけのコスト管理が重要です。今はマイニング市場総好景気ですが、BTC価格が下がってから初めてどこが一番良いプロジェクトだったかが分かります。
ビットコイン高橋
マイニングシティが間借りしているマインベストのファームの中には、運営が異なる様々なプールが存在する。これって、マイニングシティに投資したらマイニングシティだけでなくマインベストの運営リスクも同時に考えなければいけないってことになるよね。
とはいえマインベストの立地や規模等を見ると、日本国内や電気代が高い地域でマイニングを行うよりは圧倒的に高利率を吐き出すことができるって利点もある。
どちらにしても、マイニングシティがMLMモデルを取っている以上「自分が投資する金額」よりも「自分が紹介する人数」にコミットした方が明らかに利益は出る。他の人のマイニング益も自分に入ってくるからね。
ちょっと話の角度が変わるけど、MLMモデルは内容がどうこうより仕掛けている人や拡散の仕組みにフォーカスを当てて、どれだけ長くしっかりとやる母体かどうかを判断基準に入れて精査した方が良いと思うよ。
マイニングシティがAmwayレベルまで大きく長くできるかどうか・・・とかね。

※コインオタクはこのプログラムには参加していません。