日本STO協会にみずほ証券とSMBC日興証券が加入しました

国内ニュース

SBI証券が筆頭となる日本STO協会に、新たにみずほ証券とSMBC日興証券が会員になりました。

これにより日本STO協会の会員企業数は以下の8社となります。

・株式会社SBI証券
・楽天証券株式会社
・auカブコム証券株式会社
・マネックス証券株式会社
・大和証券株式会社
・野村證券株式会社
・みずほ証券株式会社
・SMBC日興証券株式会社

日本STO協会は昨年10月に設立された自主規制団体で、立ち上げ当初は6社でした。

つい先日には、STO(セキュリティトークン・オファリング)のプラットフォームについて備えるべき機能・遵守すべき事項等を示すガイドラインについて検討するため、事務局にワーキンググループを設置すると発表し、令和2年2月末を目途にガイドラインを取りまとめていきます。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

国内のセキュリティトークン(ST)を活用した資金調達も現実味を帯びてきました。

暗号資産市場にはICO(イニシャル・コイン・オファリング)というトークン・暗号資産を活用した資金調達手法があるため、混同しがちですが、セキュリティトークンを活用した資金調達手法は目的もやり方も大きく異なります。

まず、STOを実施する企業はブロックチェーンや暗号資産に関わる必要がありません。

STOはあくまで手段であり、ビジネスの目的とは異なります。

さらに、STOの一番の目的は調達資金が集まりやすいことではなく、投資資金の分散化です。

通常資金調達をする場合、特定の国での活動になります。

日本企業が日本の資金を調達しビジネスを展開するやり方です。

これから先の未来は、このような国の縛りが減り、グローバル化が加速するでしょう。その時代に必要なのがSTOという手段です。

2020年には国内第1号となるSTOが予定されていると聞いております。

このプロジェクトが市場の行く末に影響をします。成功できるよう我々もサポートをして行きたいと考えております。

 

あわせて読みたい

SBI証券を筆頭に日本初の「STO規制団体」が設立

日本STO協会はSTOプラットフォームのガイドラインを検討