ビットフライヤー(Bitflyer)ライトニングとは

ニュース

暗号資産「取引所」の定義

国内最大手のビットフライヤー(Bitflyer)という取引所は有名ですね。
ビットコイン(Bitcoin)など、暗号資産を買ってみたという人も多いかと思います。

ビットフライヤー(Bitflyer)をはじめとする暗号資産の売買をするところは、正式には「暗号資産販売所」と呼ばれます。

ここでご紹介するビットフライヤー(Bitflyer)ライトニングがいわゆる「暗号資産取引所」と呼ばれます。

両者の違いはその相手です。
販売所は、その販売所を運営している会社を相手に暗号資産の売買をする場所を指します。
取引所は、個人間での暗号資産の売買をするためのプラットフォームを提供している場所を指します。

ビットフライヤー(Bitflyer)ライトニングは従来の法定通貨ペアをトレードするFXの暗号資産版取引ができるプラットフォームということになります。

 

 

ビットフライヤー(Bitflyer)ライトニングの概要

国内ナンバーワンの暗号資産販売所ビットフライヤー(Bitflyer)には、ビットフライヤー(Bitflyer)ライトニングという取引ツールがあります。

ここでは世界中で取引されている暗号資産のレートを見ることができ、より実戦的な高速取引ができます。

そしてその大きな特徴として、機能性に優れているだけでなく、安全性が高いということも魅力となっています。

取引ジャンルとしては、現物とFXの両方があります。
ここではそれぞれの主なメリットとデメリットを挙げていきます。

 

現物取引のメリット

単純で分かりやすい

現物取引の場合、販売所としてのビットフライヤー(Bitflyer)でビットコイン(Bitcoin)やアルトコインを買うのとほぼ同じイメージです。

メリットとしては、単純でわかりやすいというの大きいでしょう。
販売所での売買と同じように、日本円で売買したい分だけ入力する、逆に売買したい暗号資産の数量分だけを指定して注文することができます。

負けても追加入金の必要がない

現物ですから、自分の持っている資金以上の取引はできません。
十分な流動性を確保できていない暗号資産の取引において、大きな利益を短期で得られる可能性がある一方、大型材料や大型注文によって価格が暴落する可能性もあります。

これは最悪でも自己資産がゼロになるということで済むので安心です。
もしレバレッジを掛けていたら、初期投入額以上のお金を入れなくてはならなくなります。

金利がかからない

また、長期保有しても金利などのコストがかからないのもメリットですね。

 

現物取引のデメリット

一攫千金が狙えない

持っている資金分だけしか暗号資産の売買が行えないため、一瞬にして大きな利益を生むことができません。
低リスク低リターンと言い換えられるかもしれません。

手数料がかかる

個人間の取引にビットフライヤー(Bitfyer)が仲介しているので、その手数料として0.01~0.15%ほどかかってしまいます。

空売りができない

FXなどで取引をしたことがある方はご存知かもしれませんが、現物取引(レバレッジ1倍)だと空売りができません。

空売りについて簡単に説明します。
通常は物の売買をする時、「買う→売る」という流れをたどります。
売りから入るためには、その商品を持っていなくてはならないからです。

空売りとは、ないものを売って買い戻すことで利益を得る手法です。
利益を上げるには、より高い価格で売り注文を出し、より安い価格でエグジットする必要があります。
買い注文とは真逆になりますね。

ただし、現物取引では上記のように空売りはできません。
一方向からしかエントリーできないのであれば、単純計算でチャンスは半減するということになります。
より頻繁にトレードをしたい人にはデメリットになるでしょう。

 

 

暗号資産FXのメリット

レバレッジが利かせられる

FXのメリットとして一番に挙げられるのは、やはりレバレッジを利かせた取引ができることではないでしょうか。

このシステムがビットフライヤー(Bitflyer)ライトニングを使う最大のメリットです。
これにより、少ない資金で大きな取引ができるので、短期間での利益を積むにはうってつけでしょう。

空売りができる

先ほど、現物のデメリットとしてご紹介した空売り(ショートエントリー)がFXになるとできるようになります。

極端な例を出すと、チャートが描いているギザギザした上下の値動きをすべて利益にすることも理論上は可能です。
上昇波動だけでなく、下落波動も生かせられれば取引の幅は広がります。

予約注文ができる

FXトレーダーの間ではイフダン注文と呼ばれたりします。

あらかじめ指定した価格に達したら買いや売りでのエントリーができる機能のことです。

またそれに付随して、利益確定や損切の注文も同時に入れることができます。
これをイフダンOCO注文と言います。

余談ですが、このイフダンOCO注文の名称について解説します。
諸説ありますが、ここは英文法のルールにのっとって説明します。

正式名称は「If it is done, the entry operation will be invoked. One exit operation cancels the other one.」ではないかと推測されます。

直訳すると「もしそれが成されれば、注文は発動される。一方の決済注文は他方を取り消す。」となります。

つまり、指定した価格に達すれば注文が自動的に発動し、その後利確もしくは損切ラインのどちらかに達すればもう片方の決済注文は自動的に取り消されるということです。

この機能を使うと、チャートに張り付いてトレードを行わなくても最初の設定だけで、一連の取引が自動で行われます。

 

暗号資産FXのデメリット

価格変動リスクが大きい

法定通貨同士のトレードとは違い、暗号資産の取引はまだ十分な流動性を確保できていません。

価格変動が安定しておらず、ボラティリティも広いため、急騰急落によって大きな利益が得られる可能性がある一方で大損失を食らう恐れもあります。

追証を請求されるおそれ

レバレッジを掛けて取引をした場合、大きな価格変動によって初期投資額以上の損失を被ることがあります。
その際、取引所から損失が出た分の追加の証拠金を入金するよう請求されることになります。

強制ロスカットされるおそれ

前述のように、追加入金を請求されたにも関わらず期限以内に入金ができなかった場合、強制的にロスカットされてしまうことがあります。

スワップポイントがかかる

通貨間で金利が異なるので、その調整を行うためにスワップポイントとして含み益から少しの金額ではありますが、引かれてしまうことがあります。

 

終わりに

熱心な投資家の皆さんにとっては、多様な取引ができるようになり、その意味では便利な取引ツールであると言えるでしょう。

しかし、ここまで列挙したように、現物取引にもFX取引にもメリット・デメリットがあります。

それぞれをしっかり認識した上で、自己責任で投資に取り組んでください。

 

 

written by 今井徹