【FCoinJP】取引所マイニング?FCoinJPの特徴と登録方法を徹底解説!

初心者向け
ICO調査員
コインオタク公式ICO調査員です。FCoinJPの最新情報を常に更新しています。

本文はヘッドラインニュースの後なので、本文から入りたい人はスクロールしてくださいね。

初配当のイベントマニュアルに関して追記しました。(11月13日 21:00)

FCoinJP ヘッドラインニュース
FCoinJPは日本最大の取引所になるのだろうか(11月13日21:00)

日本仮想通貨デジタルジャーナルの報道によると、FCoinJPがこれから3か月間で、5つの新しいサービスを展開するとのことです。一時的に価格が下落しているFJですが、今後の価格上昇にも期待できるニュースとも考察できます。

1.FCoinJPが5つのが5つのサービスを展開予定
FCoinJPが展開するサービスについてはすでに公式ホームページ☆リンク飛ばすよ☆で確認でき、5つのサービスを3カ月以内に開始予定です。

まずひとつが「レバレッジ取引」で12月10日までの開始を予定いしています。2つ目に、FCoinJPのリファシステムについて12月を目処にリリース予定です。開発は完了されたという報告も受けています。3つ目が「日本コミュニティユーザーに人気のあるコイン・トークンのリスティング計画」。こちらは、FCoinJPが日本コミュニティに人気のある主要通貨やメジャーなアルトコインを中心に、FCoinJPプラットフォームで全てを取引できるように動いているそうです。FCoinJPは、日本で最も多くのコインやトークンを取引できるプラットフォームを目指していることがわかります。
4つ目が、日本企業のトークン発行計画。最後にアプリのUI向上についてです。この中でも特に注目されているのが、3つ目で紹介した「日本コミュニティユーザーに人気のあるコイン・トークンのリスティング計画」と言われています。まだFCoinJPを利用していない顧客を呼び込むことにも期待できます。

2.直近のFCoinJPの動向・今後の価格上昇に期待
FCoinJPは6日の「初配当」後、プラットフォームのトークンFJの価格が8日午前、一時的に急落。1FJ=0.004533USDTの安値に至りました。しかし、その後は上昇と下落を繰り返し、11月9日に1FJ=0.00576USDTまで上昇しました。およそ15%近くの上昇です。また、9日にはFCoinJPの公式サイトでFJ日次収益率変動の詳細を公開されました。FJの日次収益率は11月6日から2.43%、7日に3.95%、8日に3.88%と日を増すごとに上昇しております。足元ではFJの価格は下落しつつはありますが、上記に挙げた今後のサービス展開を考えると、価格と配当額の上昇は十分に期待できると言えましょう。引き続き、躍進を続けるFCoinJPの動向から目を離さずにはいられません。

-FCoinJPのコミュニティリンク-
FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/
FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese
FCoinJP公認Twitter:https://twitter.com/fcoin_jp

FCoinJPによる最大規模の配当はTwitterでも大反響(11月7日17:35)

1. 初日は1,164BTC相当を配当
6日午後4時半、FCoinJPは初回の配当金をユーザに支払いました。
100万FJあたり5,729USDT(約64万円)の配当を行った今回の配当価値は、1,164BTCに相当するそうです。
主な内訳は、504BTC、542万USDT、166ETH、5,442万FJ等で、今回の配当に際して、約12.8億FJのロックアップ申請がユーザによってされました。
これは、日本人ユーザーが初めて経験した大規模な配当イベントであり、2018年の日本の仮想通貨業界において主要なイベントだと言えます。

FcoinJPの出現により、日本の取引所はその仕組みを見直すことになるかもしれません。それだけの影響力が、今のFcoinJPにはあるかもしれません。

2. 配当後の反響続々
配当開始後、多数のユーザーがTwitterに感想をあげています。
多くの方が配当に対する歓喜、期待を込めたコメントをしていますが、この配当は毎日続くのです。
これからさらにファンが増えていくことでしょう。

 

 

3. 500万FJを保有しているユーザーの配当例
あるユーザーは100万FJを保有しており、100万FJ(每百万FJ)の配当金は1 BTCを超えました。11月6日のFJの配当率は70%に近く、配当金はすべてのFJ保有者に毎日返されます。
配当生活が実現できてしまいます。

もちろん、無数のファンが彼を羨みます。
しかし彼は、これからも毎日多くの配当を得ることができるのです。
現在、FJの価格は依然として低く、今が本当にチャンスなのかもしれません。

4. 様々な意見が寄せられている今回の配当
また、配当に関するツイートには、歓喜だけでなく、様々な意見が寄せられています。
皆さんもTwitterでFCoinJPの関連コンテンツを検索し、11月6日の配当イベントについての報告、意見をしてみてはいかがでしょうか。

5. FJの価格変動をどう見るか
FJの価格はなぜ下落したのでしょうか?
それはあまりにも多くの分配金をユーザに支払ったからです。

株式や投信では、分配金が支払われる場合には、決算日の基準価額は通常、
分配金支払いに伴う下げを反映したものになります。しかし、仮想通貨の場合、
伝統的な金融商品と異なり、分配金支払いに伴う価格の下げも市場の売買によっ
て調整されます。

そのため、価格の下落はいわば正常なことです。
どのような上場会社でも、分配金を株主に支払った後は株価が調整され、株主は当然のようにそれを受け入れています。FJの場合、60%近く分配をしています。しかし、価格の下落分はユーザに支払った分配金よりもはるかに少なく、ロックアップ申請をしたユーザは、むしろ利益が出ているのです。
そして、FJの価格が下がった今、購入のコストも低く、ポジションを保持するコストを下げ、投資収益の期間を短縮することができます。

6. FCoinJPのトークンエコノミー
FCoinJPは日本の仮想通貨業界にどの様な影響を与えるのでしょうか。
FCoinJPのトークンエコノミーについて調査した内容に加え、直接FCoinJPより伺った内容をまとめました。

FCoinJPはトークンエコノミーを運用する究極の例です。
“取引手数料マイニング”という仕組みは、FCoinJPの切り札でもあります。
ホワイトペーパーでも紹介している通り、FJの総発行枚数は100億FJであり、そのうちの51%が、“取引手数料マイニング”によってユーザーに還元されます。よって、“取引手数料マイニング”は、ユーザーが取引する過程で支払った手数料であり、次の日にFJとして100%還元されます。例えば、あるユーザーが頻繁に取引を行い、1ETHの取引手数料を支払ったとすると、次の日に1ETHに相当するFTが還元されます。
このモデルの2つ目の魅力は、FJ保有者は配当を受けることができます。FCoinJPは取引所の前日の80%の収益をユーザーに還元します。
これは、株式の配当に似ており、FJを保有する比率が高い程、多くの株式を持ち、多くの配当を得ることができます。
例えば前日、取引所の収益が100BTCであり、あなたが1%のFJを保有していた場合、1BTC相当の配当を得ることができます。
また、これは取引所を“コミュニティユーザー”に還元するということです。
コミュニティユーザーが取引所の所有者であり、使用者であり、取引所のトークンを得ることができ、取引所のトークンを保有し、配当を得ることができます。
この様な中で、コミュニティユーザーは非常に積極的になり、取引手数料マイニングを行いもっとたくさんのトークンを保有しようとする人、自らトークンに投資する人もいます。

※11月3日 15:30更新の「FCoinJP新規ユーザー向けマニュアル」を参照しましょう。

配当について(11月6日19:30)

150万円取引した方の配当例を記事下部に掲載しました

11月6日、FCoinJPは日本史上最大規模の仮想通貨配当を実施します!(11月6日13:22)

1.新興のコミュニティ自治取引所FCoinJPは今日(11月6日)初めての配当日を迎えました。

2.FCoinJP初めての配当日は全部で1164BTC(当日の公式サイトの最新データ)がFJ保有者に分配されました。これは日本ユーザーが初めて経験したこんな大規模の仮想通貨配当です。日本仮想通貨業界2018年度最大の盛事と言っても過言ではありません。

 

 

3.配当日以降の予測について:
1),一部の資金が流出するはずです。一部の投機目的のマイナーが離れるため、価格がある程度下がりますが、一旦下がったら、配当を認識している多くの人は購入し続ける見込みです。
2),もともと配当後は配当対象と価格を調整すべき。毎日の配当で予測すれば、購入コストの回収時間が最長でも3カ月内になっているので、依然として割のいい投資で、FJの上昇を信じ込むユーザーが依然多い
3),人々が配当を認識し、市場に大量押し寄せると、必ずしも暴落を起こすとは限りません、激しい値動きが出るが、だんだん落ち着きます。7日以降の値動きが正常な現象で、価格が下がっても配当の価値を入れると、却って価格が上昇になる可能性があります。

4.FJが株と同じように毎日配当を得れると認識している人はますます増えてきています。これはユーザーと取引所の生産関係を逆転させます。Twitterの価値はユーザーに決められるのに、TwitterのユーザーはTwitterから何の株式の報酬ももらっていません。Twitterの核心資産は何でしょうか?その答えはユーザーです。ユーザーはTwitterに最大の価値を創出したのに、ユーザーはそのプラットフォームから何の利益ももらっていません。FCoinJPは生産関係に巨大な変革をもたらしました。今までのプラットフォームとユーザーの対立関係を統一関係に逆転しました。このような刺激的な仕組の下で、ユーザーの積極性が爆発し、皆は取引マイニングでより多いTokenを獲得するか自分でTokenを購入します。ユーザーは最終的にプラットフォームの所有者、つまり受益者になり、配当に参与します。

FCoinJPの初配当イベントマニュアル(11月5日11:55)
有名取引所FCoinとは?(11月5日07:58)

1.FCoinJPとは?

近日中、有名取引所FCoinが日本のチームと組み、FCoin日本(FCoinjp.com)を立ち上げることになりました。FCoinは2018年6月に創立されて間も無く、仮想通貨取引業界に奇跡を起こしました。最近、世界中にブームを巻き起こしたFCoinは、新しい取引所FCoinJPを日本に上陸させることが正式に発表されました。

2. 取引マイニングとは?
「取引マイニング」というのは、ユーザーが取引中に発生した手数料を翌日にFCoinのToken(トークン)「FT」として100%キャッシュバックするのです。例えば、あるユーザーは取引所で頻繁に取引し、一つのETHを手数料として徴収されました。そうすると、次の日にこのユーザーのアカウントに一つのETHが返還されることになります。

3. 配当日の対応方法
FCoinJPの初配当イベントマニュアルを参照しましょう。

4. 11月6日はFJの最初の配当日です。
FCoinJPは1,039BTC(当日のデータで更新)に相当するコインの払い戻しを1回で行います。 これは、FJユーザーのための祝祭です!FCoinJPは、ユーザーがSNSで配当の経験を共有することを期待します。

5. 11月6日のFJの割当率は現在約70%
ユーザーがFJを1日保持すると、元本の半分以上を回収することができます。11月6日から、FJは毎日配当金を支払う予定です。こうして、毎日の配当のパターンを徐々に理解するユーザーが増えます。

6. FCoinが中国で発売された際に起きたこと
FCoinが今年中国で発売されたとき、FTの累積配当価値は非常に高く、理論的には、25ETH(今は57万円相当)だけで100万のFTを得ることができました。そして、今までの配当は約1億円に達しました。FCoinの最初の配当日の後、多数のユーザーがFCoinに流入しました。

7. FCoinJPのユーザーは受益者となる
日本のKOLは、ユーザーがFJの配当を経験した後、日本のユーザーは徐々にFJモデルに夢中になっていくと考えています。 Twitterの価値はユーザーからのものですが、TwitterユーザーはTwitterの株式を返還しません。 Twitterのコア資産は何ですか? 答えはユーザーであり、ユーザーはTwitterにとって最大の価値を生み出しており、しかしユーザーはプラットフォームのメリットを享受できません。 FCoinJPでは、最終的にユーザーはプラットフォームの所有者となり、受益者となり配当に参加します。

8. FCoinJPは、新たなパススルー経済を日本にもたらしました
これは日本経済の革命を引き起こすことができるでしょうか?

FCoinJP新規ユーザー向けマニュアルを発表(11月3日15:30)
ロックアップに関して

運営サイドに確認したところ、資産ページにロックアップ機能がつくそうです。

FCoinJPが”コインを保有するだけで配当”の規則を発表(11月2日13:16)

今夜、FCoinJPは”コインを保有するだけで配当”の規則を発表し、コミュニティユーザーは毎日0:00(GMT+9)までにFJ(FCoinJPのプラットフォームコイン)のロックアップ操作を行えば、前日の配当を受けられるという

コミュニティユーザーはいつでもロックアップができ、ロックアップの時間は24時間とする。

FCoinJPのコミュニティユーザーは、”この制度は短期的にマイナーの利益のバランスも取れ、長期保有者にとってもいい。この様なルールは、凄く公平だ”と述べた。


FTあるいはFJはただの仮想通貨ではない。どちらかというと、株と似ていて、しかも毎日配当が得られる。

データを見てみましょう。

これまで、100万のFT累計106.5493btcの配当を提供している。ビットコインが平均80万円だとすると、配当は約8500万円となる。つまり、100万FTを所持するだけ8500万円の配当利益を得ることができるのだ。

平均すると、1FTが最高で約85円の配当を得ることができる。

それでは、FTの購入価格はいくらだろうか?

FJの初回配当の配当率(概算)

今なら、

・18000USDTで100万FJ買える

・一回目の配当で1.37BTC(約8700ドル相当)入る

よって、

11/6の1回目の配当だけで

約48%の配当率です。

FTのプライベートセール価格は0.00002ETHであり、上場直後の価格は0.000025ETHだった。

理論上、25ETH(現在のでいうと約57万円)で100万のFTを買えたことになる。これまでの配当状況からいうと、1億円近くの配当金を得ている計算になる。

いまのところ、たった230万円程度で100万のFJを購入できて、かつ1.4BTCの配当を得ることができる。驚くべきことだ。

FCoinJPの快進撃(11月1日10:10)

10/30 0:00 取引を開始し驚異的な取引高を初日に上げ、業界を震撼させたFCoinJPだが、更に衝撃的なデーターを公式サイト上で公表している。

FCoinJPはプラットフォームの透明性を謳っており、リアルタイムで”現在100万FJあたりの累積収益”を公表している。

そのデーターによると100万FJを保有することにより現在(11/1 3:00)1.46701308BTC(JPY1,044.580円相当)の巨額の配当を受けることになる。

現在1FJ=JPY5.43円と計算した場合、100万FJを保有するのにはJPY5,430,000円程であり、この投資は決して悪いとは言えないだろう。

今この時間もその配当の累積額は増え続けており、伝説の取引所FCoinJPが日本マーケットに与えるインパクトの恩恵を受けるのはそのコミュニティユーザーであろうことは明らかである。

FCoinJPという、”全く新しいコミュニティ化プラットフォーム”の動きから一時も目を離すことができないのは私だけだろうか?FcoinJPが取引手数料還元キャンペーンを発表、わずか5時間で出来高が105億を突破!

FCoinJPがローンチ後三日目、取引手数料還元メカニズムを始動した。

第一段階において、FCoinJPは特別に毎日2000万のFJ(FcoinJP Token)を用意し、ユーザに還元する。還元額はFcoinJPの出来高に対して各ユーザの取引金額が占める割合によって決定される。

例えば、FcoinJPの出来高が100万で、あるユーザの取引総額が5万の場合、当ユーザは出来高の5%を占めていることから、特別に用意された2000万FJの5%、つまり特別に100万のFJを得ることができる。

第1期目を例とすると、マイニング総数が100btcで、ユーザAが5btc貢献し、つまり5%を占めている場合、ユーザAはマイニングによる収益以外に、さらに2000万FJの5%、つまり100万のFJを得ることができる。

このキャンペーンが公表された5時間後、FCoinJPの出来高は1705億円を突破した。

FJ TokenがFcoinJPで取り扱い開始、瞬時に500%暴騰!(10月31日15:15)

FJ Tokenが10月30日、日本時間21時に取引が開始されました。取引開始1分後には500%に暴騰し、0.05USDTに達しました。 FJの発行数量は100億であり、その51%は取引によるマイニングで算出されます。FcoinJPの日々の収入の80%はFJホルダーに配当として分配されます。

FCoinJPは”トークンエコノミーのリーダー”であると自負しており、また、世界中に”取引マイニング”モデルを普及させる準備ができているとのことです。 2. FJの高配当性 FJを長期に保有すると、驚くほどの配当を得られる可能性があります。過去四ヶ月間で、100万FTの配当は1億円近くに達しました。

FCoinJP公式ホームページ:https://www.fcoinjp.com/

FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese

コインオタク伊藤
こんにちは、コインオタク伊藤(@it0ken)です。世界一の取引所であったあのBinanceをも超えたFcoin取引所はご存知でしょうか?取引マイニングは儲かる?あのFCoinが日本にも上陸する?と言ったことで話題沸騰中です。

この記事では、仮想通貨取引所FCoinJPの特徴と登録方法を解説します。

FCoinJPによると、近日中に大手仮想通貨取引所FCoinが日本のチームと組み、FCoinJPを立ち上げることになっています。

FCoinは2018年6月に創立されて間も無く、 仮想通貨取引業界に奇跡 を起こしました。

そんなFCoinが人気を集めている理由は以下です。

・ユーザーの手元に取引手数料は100%還元される
・取引所で得られた収益(前日分)を毎日80%返還

わずか半月で取引高が当日取引総量の世界1位になり、なんと取引高第2位から7位までのトータル取引高に達しています。
最近、世界中にブームを巻き起こしたFCoinは 新しい取引所FCoinJPを日本に上陸させる ことも正式に発表しています。

今後、仮想通貨で脚光が浴びるであろう、取引マイニングができるFCoin。

本記事ではFCoinの使い方や特徴、気になるアカウントの登録の仕方ついて徹底的に解説します。

これを読めば、FCoinを使うための準備は完璧です。

さっそくFCoinの特徴から見ていきましょう!!

半月で世界一の取引所になったFCoinの特徴とは?(10月30日更新)

FCoinは大手の海外取引所Huobi(フオビー)の経営者だったZhang Jian氏が作りました。その為、本拠地も中国にあります。

2018年6月、仮想通貨業界は活況づく中、FCoinは誕生しました。そして、瞬く間に取引高世界1位なりました。

またこの度、日本でも始動したFcoinJPですが、予想を遥かに超えた熱狂ぶりを見せています!

2018年10月30日(火)の0時から開始し、 「3日間で15億ドルの取引高」の目標 が、なんと133分で達成されました!

わずか133分の間に3億のFJが生み出され、取引手数料が300万USDTに上り、取引高がなんと15億USDTに達しました。

FJとは、取引所FCoinが発行しているトークンのこと

コインオタク伊藤
たったの133分間で日本でも取引高世界一の座に君臨!これは、同日のbitflyerの取引高の37.5倍にも及んだそうです。他の取引所からすれば驚異的な存在ですね

それだけ、多くの人に使われている取引所と言われるFcoinですが、どのような理由が人気なのでしょうか?

まずは、FCoinの特徴を見ていきましょう。

FCoin CEO 張健氏とはどんな人?

張健氏は有名取引所「Huobi」の元CTOです。

彼は、「ブロックチェーン:金融と経済の新たな未来を定義する」という本を出版し、ブロックチェーン業界における最も早い段階から活動していた伝道師の一人であり、 「世界でブロックチェーンのノウハウを一番知っている人の一人である」 と言われています。

そしてFCoinは半月ばかりで取引高が取引総量の世界1位の座に上り詰め、取引高第2位から7位までのトータル取引高に達しました。

そのパフォーマンスが、世間に衝撃を与えたことで最近話題になっております。

▽クリックで拡大できます

FCoinの採用する取引マイニングとは?

コインオタク伊藤
FCoinが従来型の取引所と異なるところは新たな「取引マイニング」モデルを採用したところです。

「取引マイニング」というのはどのようなモデルなのでしょうか。
なぜ世界中にブームを巻き起こすことができたのでしょうか。

FCoinホワイトペーパーにはFT総発行量は100億枚、そのうちの51%つまり51億枚を「取引マイニング」という形でユーザーに返還すると記載されています。

取引マイニングはユーザーが取引中に発生した手数料を翌日にFCoinのToken(トークン)「FT」として100%キャッシュバックする仕組みです。

例えば、あるユーザーは取引所で頻繁に取引し、1ETHを手数料として徴収されたとします。
この場合は翌日に同ユーザーのアカウントに1ETHが返還されることになります。

つまり ユーザーの取引手数料は最終的にユーザーの元に戻る ということです。
これは張健氏曰く「取引所をユーザーの手に」というFCoinのコンセプトに基づいています。

このモデルにおける魅力はFTを保有しているユーザーが配当に参加することが可能な点です。
 FCoinは毎日、前日取引所の収益の80%をユーザーに返還 しています。

これは株の配当と似ており、ユーザーが保有するFTの割合が多ければ多いほど多くの株を持っているように、配当を多く得られます。

例えば、昨日取引所の取引収益が100BTCだった場合、ユーザーが総量の1%のFTを保有している場合は1BTCが配当されるということになります。

FCoinが配当を大量に分配し始めると、ユーザーが熱狂的になることは想像に難くありません。

コインオタク伊藤
FCoinJPの今後の可能性は無限大だと考えています。この度、コインオタクではFCoinとメディアパートナーを組むことにしました!

2018年6月20日、 FCoinは65,599BTCと同価値に相当する手数料を返還 しました。
驚くべき量の配当により、一夜でかなりの利益を得たユーザーもいたようです。

最もピークの時は100万枚以上のFTを保有しているユーザーに対する毎日の配当だけで8.3BTCにも及び、ある中国のユーザーは毎日午後に実施される配当時間になると必ずパソコンの前で待ってFCoinのアカウントを開き、コインが自動的に増えてくるのをじっと見ているそうです。

またFCoinで取引の開始が早い投資家ほど、得られる配当が多くなります。

あるコアなFCoinファンがFTに対して配当の価値を計算しました。
1FTを保有してから今までに獲得した配当は5.3274元人民元(約86円)となります。

最初に発行されたFTは0.000025ETHであり、25ETH(現在大体57万円相当な価値)だけで100万枚ものFTを購入することができます。

現在ではおよそ1億円の配当という計算になります。

つまり FTは従来の仮想通貨と根本的な違いがあり、FTの配当というプロパティが投資家の魅力 とも言えます。

FCoinの取引所にするリスク・デメリットは?

FCoinは人気の取引所と言っても、リスクやデメリットはあります。

コインオタク伊藤

仮想通貨取引所はそれぞれ取引所ごとに、特徴がありメリット・デメリットはつきものなので、それらを理解した上で、使い分けることが賢い道と言えましょう

日本円を入金できないこと

これは海外の取引所ほぼ全てに言えることですが、 日本円の入金ができなこと です。あのバイナンスも不可能でしたね。

国内の取引所は銀行などから、日本円を入金し、日本円建てで通貨を購入することができます。

しかし、海外の取引所は日本で購入した仮想通貨を海外の取引所に送金し、仮想通貨建てで通貨を購入することになります。FCoinJPの場合、全てUSDT建てでビットコインやイーサリアムの購入ができます。

USDT(USD Tether)とは、1USDT≒1USDというほぼ等価の図式が成り立ちます。さらにTether(テザー)とは、米ドル(USD)や日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨のこと。法定通貨と連動していることから、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われていることもある。
取引所の閉鎖や日本人規制により使用できなくなるリスク

FCoinは人気の取引所の為、取引所の収益が上がらずに閉鎖されるリスクなどは少ないとは思いますが、各国の仮想通貨規制の動きをうけて、取引所自体が閉鎖したり使えなくなる可能性がゼロとは言いきれません。取引所閉鎖の波も、昨今落ち着いてきているとは思います。また、金融庁の仮想通貨規制の動きにより、日本人のFCoinの使用ができなくなる可能性もあることは理解した上使用しましょう。

資金流失の恐れ

FCoinはセキュリティー対策にも力を入れており、信頼性も高い取引所ですが、それでも仮想通貨の取引をしている限り ハッキングなどが起こりえないとは言いきれません。 

このリスクはFCoinに限ったことではなく、どの取引所でも言えることです。そのため、仮想通貨取引を行うときには、最低限の対策として2段階認証は行いましょう。また、心配な場合や巨額の取引を行う方は ハードウォレットなどを使うなどして、自分の資産は自分で守ることを心がけておきましょう。 

FCoinは新たなフェーズへ

FCoinはグローバル化の道を歩み、「取引マイニング」モデルを再起動することに決めています。

FCoinは「取引マイニング」モデル全体に対して、深層から最適化とアップグレードを行い、この前のモデルに比べより精度を高め、潜在力を発揮できるようになってきているのが伺えます。

また FCoinJPは日本においても100億のトークンを発行する予定 があります。
トークンの名前は「FJ」です。

そしてその内51%がユーザーの取引マイニングで発生します。

「FCoinのモデルはトークンエコノミーにおいて初めての試みであり、人の潜在能力を十分にアクディプにし、偉大なるコミュニティーを構築することになる。このモデルは取引所だけに運用するのではなく、他の様々な領域で運用することもできる。」
上記はFCoinJPのリーダーSummer Xie氏によるコメントです。

さらに同氏は語ります。
「FCoinはきっと日本でブームを巻き起こし、日本のユーザーにトークンエコノミーの魅力を感じさせることになるでしょう。」

Fcoinは日本に上陸した後、様々の領域でトークンモデルを試み始め、新たなトークン時代を本格的にスタートさせます。
同氏はそれを 「偉大なる時代のスタートである」 と語りました。

FCoinJPプラットフォーム

FCoinJP公認Telegram

FCoinJP公認Twitter:@fcoin_jp

FCoinJPの登録方法

実際にFCoinJPの登録を行ってみましょう。

FCoinJPの登録は、 たったの2ステップ。 

さらになんと、 ほとんど日本語 です。

STEP.1 公式サイトからメールアドレスの登録

①ここからFCoinJP公式サイトにアクセス。

※ もし英語だったら、日本語に変換


②右上にある登録をクリック。

メールアドレスの入力

追記(2018年10月29日 20:18)
※ 過去にFCoinで登録したメールアドレスだとはじかれる事があります。
運営側に確認したところ、別のメールアドレスで登録を推奨されました。
STEP.2 基本情報の入力

先ほど入力したメールアドレス宛に、FCoinJPからメールが届きます。

そのメールに記載されている、Verify code基本情報の入力を行い、登録を完了させましょう。

Google2段階認証の設定

この2分の動きが、あなたの人生を変えます。

口座を開設した後は、必ず2段階認証を設定しましょう。

①ログイン後、右上のメニューから、「設定」を選択。

 

②右にある、「Google Authentication」 の下にある、「ENABLE」をクリック。

※ 私のパソコンでは英語によく戻されたので、日本語と英語が混じってますがこのまま解説します。

 

③Google 2段階認証アプリを持っている方は、QRコードを読み取って、「CONFIRM」。

※ アプリをお持ちで無い方は、下記画像に従って設定お願いします。

 

FCoinJPへの入金、出金方法(11月2日 17:28追記)

ログイン後、右上のメニューから、「資産」を選択。

 

入金方法

 

①入金したい通貨の、「入金」をクリック。

 

QRコードもしくは、アドレスに送金。

コインオタク伊藤
日本語だからとても簡単。

これ以上説明できない…

出金方法(11月2日 17:28更新)

①入金したい通貨の、「出金」をクリック。

 

2018年11月13日 11:01時点

BTC、ETH、USDT、BCH、LTC、ETC、XRPの出金機能を確認しました。

②下記画像の通り、利用可能額を確認し、

・宛先アドレス

・送金額

を入力し、「出金」をクリック。

 

③(Google2段階をされている方は)Google認証アプリに表示される6桁の数字を入力し、「確認」をクリック。

 

④「自分のメールアドレス」が表示されているのを確認し、「OK」をクリック。

 

確認メールが届くので、その中の、「Confirm withdrawal」をクリック。

 

出金確認画面になるので、 正しい数字が表示されているのを確認し 、「確認」をクリック。

 

⑦「OK」が表示されたら、出金完了です。

 

FCoinJPの取引方法(買い方)

コインオタク伊藤
ポイントは一つ!

まず、ウォレット から、 取引口座 に移動することが必要です。

取引口座への移動方法

①ログイン後、右上のメニューから、「資産」を選択。

 

取引したい通貨の、「資産振替」をクリック。

 

取引したい金額を、「マイウォレット」から、「取引口座」へ送信します。

 

取引方法

①ログイン後、右上のメニューから、「取引」を選択。

 

②あとは、他の取引所と同じ使い方です。

 

FCoinJPの出金制限解除方法

上記ユーザー登録だけでは、1日2BTCまでしか出金出来ません。

このままで良ければこのままで良いのですが、パスポート登録を行うだけで100BTCまで出金出来るようになります。

①ログイン後、右上のメニューから、「設定」を選択。

KYC Verfication を選択。

 

必要情報を入力

 

※例えば、撮影する日が2018年11月1日の場合、「FCoinJP 2018年11月1日」と紙に書いて一緒に撮影します。

2018年11月1日時点

写真登録後、48時間ほどで制限解除されました。

by コインオタクスタッフ

コインオタク伊藤
撮影はいつも、「大丈夫かな」と思うけど…

いつも大丈夫です!

 

取引所マイニングの方法(2018年11月5日 14:40 追記)

ロックアップに関して

運営サイドに確認したところ、6日までに「資産」ページの中に表示される予定と連絡がきました。

 

ロックアップのやり方について

①ログイン後、右上のメニューから、「資産」を選択。

②右上の「ロックアップを申請する」を選択。

③次に、「収益分配」を選択し、ロックする金額を入力してください。

入力した数字で間違えがないかご確認いただき、「確認」を選択してください。

④ロックアップの確認画面に遷移されるので、入力した金額と相違がなければ「確認」を選択。

配当されるとは?(2018年11月6日 19:30 追記)

上記は、150万円投資した方の配当例です。

毎日毎日追記しています

※ 記事更新のタイミングでLine@で通知しますので速報希望の方はLine@登録お願いします。

【徹底解説】トルコショックで資産を溶かしてしまった人は情弱なのだろうか "(COIN OTAKU)"

2018.10.30

【あのICOは今!?Vo,11】≪EOS≫ 取引手数料が無料?分散型アプリケーションプラットフォームEOSを徹底調査 "(COIN OTAKU)"

2018.10.25