VanEck社がビットコインETFの申請を取り下げました

海外ニュース

アメリカの資産運用会社であるVanEck SolidXは、米証券取引委員会(SEC)に申請していたビットコインETFを取り下げたことがわかりました。

ビットコインETFが取り下げられたのは今月13日で、VanEckは今年の1月と8月に延期されており今回3回目の延期となるので、これ以上の延期はできません。審査の最終期限が10月18日と迫っていた状況でした。

今回のVanEckらによる取り下げで、残った会社はBitwiseとWilshire Phoenixの2社になりました。Bitwiseが10月13日となり、Wilshire Phoenixに関しては9月29日となっています。

なお、Bitwiseは今後もビットコインETFの申請を継続していくことを表明していますが、VanEckと同様にSECによる延期が3回されており、その最終期限は10月13日に迫っています。

VanEckらは今月の初めに条件下で私募証券として一部の機関投資家に対して、VanEckとSolidXにビットコインETFが期間限定で販売を行っていました。

今回取り下げたことでETFは諦めた訳ではなく、今後もビットコインに焦点を当てた金融サービスをサポートしていく予定で、ETFを市場に投入することが最優先とし、規制当局と市場関係者と連携して、ETFの承認を目指す姿勢です。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

2019年10月の大きなファンダの一つであったVanEckのビットコインETFの申請の取り下げがありました。

VanEckはビットコインETFの中でも先行して私募証券を募集するなど実績を作っているところで期待はありました。

結果として、規制当局の指示を受けたのか、実際に私募証券の規模が想定よりも小さかったのかは分かりませんが、ビットコインETFの一つが無くなったのは市場にとってはマイナスと言えます。

しかし、悲観することはありません。

ビットコインETFの申請はまだ他の会社が継続をしております。さらに、2020年にはビットコインが金融商品として取り扱われるようになる国は多く、実際に ETFが無くても機関投資家がマネーを投下できるプラットフォームは誕生するでしょう。 

いまの市場は、一つのニュースで市場が動くほど単純ではなく、複数の要素が絡み合います。

複数のニュースを取得し、総合して判断をする力が求められます。

 

あわせて読みたい

VanEckSolidXが限定的にビットコインETFを機関投資家に私募証券として販売

米証券取引委員会(SEC)は、3つのETF承認を延期