VanEckとSolidXが限定的にビットコインETFを機関投資家に私募証券として販売

海外ニュース

アメリカの経済新聞であるウォール・ストリート・ジャーナルによると、米証券取引委員会(SEC)に現在ビットコインETFを申請中の資産運用会社であるVanEckとSolidXが限定的に機関投資家に向けて販売することがわかりました。

米証券取引委員会(SEC)の証券法規則144Aに則り、ヘッジファンドや銀行などの資格のある機関投資家に対し証券を販売できるというものになり、販売対象は機関投資家で個人投資家は対象となりません。

この証券法規則144Aは、証券の保管期間、売却方法及び一度に売却できる金額などの複数の条件を満たしている場合はSECの審議を免除ができ、6か月または1年の短い保有期間で適格な機関購入者間で取引できるようになるというものです。

ビットコインETFはまだ米証券取引委員会(SEC)の承認を得れていないため、上記の条件で私募証券として一部の機関投資家に対して、VanEckとSolidXにビットコインETFが期間限定で販売を行います。

米証券取引委員会(SEC)は、8月中旬にはVanEck・Bitwise・Wilshire Phoenixの3つの企業がビットコイン上場投資信託(ETF)の承認を再び延期し、10月18日まで先送りされました。取引所による詐欺行為や市場操作、投資家保護の欠如などを懸念し、ETFの可否判断を延期、拒否しています。

無事に承認されればビットコインETFは機関投資家の流入が増すので、ビットコインの価格上昇に期待されていますが、もし次回も先延ばしになってしまった場合はまた価格が下落する恐れもあるため、どちらにしても動向が気になりますね。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

遂にビットコインETFが一歩前進をしました。

一部ではありますが、実際にビットコインETFが売買できる環境となり資金の流入が期待できます。

ニュースで買われ、事実で売られるという相場の格言がありますがこれは期待が先行しすぎて事実よりも価値が高く評価されることを戒める内容です。

 正しい理解が必要であり、過熱した場合は必ず適正な価値に戻ることを認識しましょう。 

ビットコインETFがなぜ相場に影響をするのか、それは、機関投資家が参加することでビットコインの流動性が増す為と言われております。

今回は条件が決まった中でのリリースという事になりますので、実際にビットコインETFが自由に売買されるわけではありません。

今回どの規模で流動性が高まるのか、情報を常にアップデートして正しい判断ができるようにしましょう。

 

あわせて読みたい

米証券取引委員会(SEC)は、3つのETF承認を延期

ビットコイン先物取引Bakkt(バックト) 96日からユーザーの資金の受け入れを開始