NEWS

サンタンデール、4カ国でリップル搭載アプリを公表

リップルは最大の顧客の1つをまだ確保しており、サンタンデールグループは会社の分散型の台帳を搭載したモバイルアプリを発表しました。

Finextraによると、この銀行は従業員と18ヶ月間アプリを試運転しており、Apple Pay と統合し10万ポンドから10,000ポンド(14ドルから14,000ドル)の支払えたことを確認しました。

スタンデールの2017年の収益予測によれば、このアプリはスペイン、ブラジル、イギリス、ポーランドの4カ国で展開される予定です。

顧客はこのアプリを使用して、1分以内に国境を超えその日に支払うことが容易にできます。

このアプリはデジタルウォレットやパーソナル・ファイナン・スマネージャー、P2Pの決済も提供しています。

サンタンデールの広報担当者は、数ヵ月以内にこのアプリを公開する予定であり、このプロジェクトではリップルのxCurrentを使用する予定だと語りました。

リップルのxCurrent製品は、同社のネイティブ仮想通貨であるXRPを使用していません。

リップルの最高責任者、ブラッド・ガリーリングハウス氏は、Twitterでフォロワーへこのアプリは今四半期にリリースされる予定だと発表しています。

 

Here’s A Billion

これとは別に、現在の市場価格によると、リップルは先月10億ドル近くのXRPから約8,400万ドルのXRPを使用しました。

サンタンデールは先月、10億XRPにアクセスし、残り9億XRPが1月末にエスクローに戻ったことを意味します。この資金は2回の取引で返済され、9億XRPは7億5600万ドルの価値を保持していました。

サンタンデールは一連のスマートコントラクトを通じて、今後4年以上の契約でエクスローに保管された510億ドルの価値がある610億のXRPを保有します。

リップルのエスクロー運動は、XRPの信頼を高める方法として開発されました。

Rippleの所有権のために、開発者からでさえトークンへのアクセスを制限することは、大量のトークンの売却を防ぎ、価格が暴落するのを防ぐためでした。

毎月10億のXRPが社内向けにリリースされています。

過去にリップルは月平均約3億のXRPを使用していましたが、少なくともこの1つのデータポイントによれば、予備トークンの数を減らす必要があるように思われます。

 

 

引用元:コインデスク
https://www.coindesk.com/santander-uk-ripple-payment-app/

翻訳:nakano

このエントリーをはてなブックマークに追加