速報!日本でも話題になったTelegramのICOトークンがついに公開される!

ニュース

2018年初頭に史上最大のICOで認定投資家を対象に販売されたメッセージングアプリ大手Telegramの「GRAM」トークンがついに一般に公開される予定です。

GRAMトークンは7月10日にLiquid取引所で限定販売され、今年の10月には一般販売を予定してます。
トークンの価格と上限額はまだ明らかにされていません。

GRAMは2018年の2月と3月にTelegramの大規模な2回に分けて限定された投資家だけに売られ、販売額はおよそ17億ドルに達し、ICO史上最大の資金を調達しています。

このICOは、ファイル共有からブラウジング、デジタル通信、そしてトランザクションまでのさまざまな側面を分散させることを目的としたブロックチェーンシステムである「Telegram Open Network(TON)」の開発に使用される予定です。

LiquidのウェブサイトのGRAMセールページによると、トークンの販売は世界中の投資家に向けて行われますが、 米国やカナダそして日本を含む50カ国は除外 されています。理由は各国のICOに対する法律です。

また、購入したトークンはすぐには交換できないことにも注意してください。

販売されているトークンは、配信スケジュールに従いTONが正式にリリースするまで配布されません。購入者は、リリースされる前にトークンを譲渡、出金、または取引することもできません。

米ドルまたはstablecoinのUSDC、どちらかでGRAMを購入することができ、10月末に一般向けのトークンの発売が予定されています。

 QASH保有しているといつくかの利点 があり、トークンセールに関する詳細を近日中に発表する予定です。
QASHの保有者は、GRAMを割引して購入することが出来、保有数に応じて割引額が大きくなります。

このニュースを受けてか、QASHの価格が20%以上の上昇を見せています。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

暗号資産投資を人よりも早く始めている方はICOブームの時に最も市場を賑やかしたこのプロジェクトのことは知っているでしょう。

  Telegramというメッセージアプリを運営する会社が行ったICOプロジェクト「GRAM(グラム)」です。 

多くの投資家を巻き込んでおきながらトークン発行が行われていないという事で一部では問題視される声も上がりました。

そんなICOプロジェクトのGRAMトークンが市場にお目見えします。

第一弾として、Liquid取引所で限定販売が開始されるようです。

これから大々的なトークンセールが行われることはないと思いますが、  過去に参加した投資家はいま一度自身のトークンセール参加時の情報を掘り起こしましょう。 

10月の一般販売が開始される際にはトークンが配布されるかもしれません。

 

あわせて読みたい

⇒⇒【情報量日本一位】Telegram ICO GRAM(グラム)を徹底調査

⇒⇒【情報量日本一位】QASH(キャッシュコイン)を徹底調査

⇒⇒デジタル通貨のメインバンクが誕生!DeCurret(ディーカレット)のサービス内容から開設方法まで徹底解説!