【情報量日本一位】SKYFchain(スキフチェーン)上場は?徹底調査

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回は、ドローン業界に新しい風を吹かせてくれること間違いなしのICOのプロジェクトSKYFchainの詳しい概要や将来性について徹底的に調査していきます。
SKYFchain(シキフチェーン)の特徴

・物流業界にまたがる問題の解決

トラックドライバーによる交通事故件数が激減することと、石油などの自然資源採掘を無人化し、労働者を危険から守ることをドローンとロボットオペレーターを利用し達成しようとしている。

 

・独自に開発したドローン

最大400kgの荷物を運ぶことが可能で、約350kmの飛行が可能。また、滑走路がなくても離着陸ができ、高速で長距離を移動できることができる。

 

SKYFchain(スキフチェーン)基本情報

通貨名:SKYF chain(スキフチェーン)

通貨記号:SKYFchain 

発行国:リトアニア

発行上限:1,200,000,000 SKYFT

販売時期:プレセールス:1 MAR 2018 – 6 FEB 2018
パブリックセール:10 MAR 2018 – 15 AUG 2018 (0.065 USD =1.0 SKYFT)

上場先:BITBOX, Crypto.com,Bitforex

ブロックチェーンのタイプ:イーサリアム

総発行枚数:430,424,614

イーサリアムに関する記事はこちらへ

SKYFchain(スキフチェーン)の取引所、公式サイト一覧

利用可能取引所:BITBOX, Crypto.com,Bitforex

公式サイト:https://www.skyfchain.io/japan#hero

Whitepaper:https://fpivc.app.box.com/v/whitepaperjpnv

公式Twitter:https://twitter.com/SKYFchain

公式Telegram:https://t.me/skyfjp

公式Facebook:https://m.facebook.com/SKYFchain/

SNSコミュニティ規模:134,290人

SKYFchain(スキフチェーン)の概要

SKYFchainの目的

SKYFchain(スキフチェーン)プロジェクトの目的は、重量貨物用無人ドローン開発及びロボットオペレーティングプラットフォームの作成、普及を進め、輸送コストを半分にすることです。

そして、最終的な目的は工業ユーザーや最終顧客の効率を高めることです。

暗号資産SKYFchainの解決する問題

現在ネットにより物流が盛んになったのも関わらず、人間がドライバーとして仕事をしています。

この課題は、人に頼る輸送システムではコストの半分を人件費が占めることが原因であると指摘されています。また、人件費が高騰する理由として、物流業界の世界規模の人手不足が挙げられます。現在ネット通販市場の拡大により急増する荷物と人手不足で、物流業界が悲鳴を上げています。人手が減ってる状況では、人件費の高騰も避けられません。

SKYFchainは、トラックドライバーによる交通事故件数が激減することと、石油などの自然資源採掘を無人化し、労働者を危険から守ることを目標としてプロジェクトを進行しています。

日本でも現在物流の問題は大きく取り上げられており、Eコマースの流行によってドラバー不足の問題が露呈しています。

SKYFchain(スキフチェーン)がなぜ必要なのか?

無人輸送が一般的になっていく中で、市場規模はだんだん大きくなってきます。この市場が本当に普及していくためには、透明性の確保とドローン短期距離範囲の2つの課題を解決しないといけません。

Points

1.透明性

2.ドローンの短距離飛行範囲

まず、1つ目の透明性の問題ですが、無人物流において、最大のハードルと言えるのが、法規制と保険です。これがしっかりとできていないと、万が一にトラブルが発生した際に顧客と物流会社が揉めることになってしまいます。このようなことが起きないように、無人物流領域をブロックチェーンでしっかりと管理をしていき、安心するサービスを提供するのです。

2つ目は、ドローンの短距離飛行範囲の課題です。様々な企業がドローンを開発していますが、現在小型のドローンが多い傾向にあります。長距離ドローンには、小型化して空中充電して一定空中に存在できるものと、ガソリンエンジンを積んで、大型化して長期移動を可能にするもの2つあります。そのなかは、SKYFchainのドローンは、後者に当たります。

SKYFchainの開発するドローンは大型であり頑丈です。およそ、最大400kgの荷物を運ぶことが可能で、約350kmの飛行が可能です。
その技術的な秘訣は、ガソリンエンジン駆動と電動推進の組み合わせや、垂直離着陸(VTOL)技術の採用にあります。これにより、滑走路がなくても離着陸ができ、高速で長距離を移動できることができるのです。

SKYF chain(スキフチェーン)は、 各協力企業が管理者となるプライベートチェーン(非公開のネットワーク)とイーサリアムERC20規格のネットワーク(SKYFTトークンの流通ネットワーク)の2つで構成されています。

プライベートチェーン構築でトランザクションの高速化が実現でき、スケーラビリティ問題が解決できます。

SKYFchainが注力するドローンの市場規模は?

世界4大総合コンサルティングファームのひとつであるPwCコンサルティングによれば、ドローンの市場規模は1270億ドル(約15兆円)に上るとされています。これからも、配送の効率化によち、物流業界にいて、無人化の重要が高まれば、今後ますます伸びることでしょう。
ベンチャーキャピタル(ベンチャー企業に投資をするファンド)がドローン系の事業に投資した金額をみたら一目瞭然です。ベンチャーキャピタルの投資額が右肩上がりにしている事を考えると、今後もドローン業界の市場規模は拡大すると予想できます。

SKYFchain(スキフチェーン)の特徴

SKYFchain(スキフチェーン)対象顧客

SKYFchainは”ハルク”と呼ばれる重貨物向けに特化した産業用ドローンです。SKYFchainは世界初のBtoR (Business to Robots)ドローンオペレーティングプラットフォームです。スマートコントラクトにより管理者、クライアント、規制当局などの市場参加者間における利用契約、許認可手続きの自動締結、自動実行を実現します。

SKYFchain(スキフチェーン)サービス紹介

SKYFchainはすべてのトランザクションに必要となる固定量のSKYFTトークンを発行します。ユーザーはSKYFchainでトランザクションを要求し、スマートコントラクトを通じて小額の金額で安全に支払います。
SKYFchainは暗号取引所でSKYFTトークンを取得してトランザクションを実行します。 スマートコントラクトにより管理者、クライアント、規制当局などの市場参加者間における利用契約、許認可手続きの自動締結、自動実行を実現します。また、SKYFT(スキフチェーン)開発するドローンはドローン技術で作られています。

SKYFchainが開発したドローンは、大手企業をクライアントに多数もっており、飛行テストを成功させている段階までプロジェクトは進んでいます。 市場規模も広範囲に渡り、インフラ、物流、農業をあわせた1000億ドル程の市場をターゲットにしています。また、パートナーのクライアントも手厚く、ヨーロッパの大手企業が参加しています。農業部門で世界一のSyngentaやロシアの公共事業を行っているRussianPost、ロシア最大手の砂糖精算企業のPRODIMEXなど、農業や物流系の企業が並んでいます。

SKYFchain(スキフチェーン)の魅力的な配当

配当システムで特殊な特徴が3つあります。

Points

1.スーパーノード

2.一般配当

3.SKYF(スキフ)によるトークン買戻し契約

①スーパーノード

KYFTトークンの取引手数料収入のうち半分(50%)が、スーパーノード報酬としてトークン購入者に配当されます。

スーパーノード選出に必要なSKYFT保有枚数については、公表されていません。詳細はプロジェクト主催に要連絡とされています

②一般配当

報酬は大口投資家(=スーパーノードに選ばれた人)だけでなく、一般投資家にも配当されます。同じく取引手数料収入の中から、全体の1/4(25%)が一般投資家への配当の原資になります。

③SKYF(スキフ)によるトークン買戻し契約:価額下落リスクを回避するために、5年間でおよそ5,000万ドル(日本円で約50億円)のSKYFTトークンの償還を行なっています。

 

SKYFchain(スキフチェーン)の類似プロジェクト

Distributed SkyやDRONE.NETはドローンとブロックチェーンを融合しているという点で、SKYFchainに類似しています。また、あの大手企業Amazonがドローンでの自宅への宅配実験を2014年から初めており、実装段階にあるため、SKYFchainもかなり意識していることでしょう。しかし、Amazonは、ドローンにブロックチェーン技術を搭載していないのと、小型ドローンを開発しているため、SKYFchainは未だ優位な状況にあると言えるでしょう。

SKYFchainの強みは、頑丈なドローン開発力のみならず、ドローンオーナーによる遠隔制御、保守点検、各国への飛行許可申請 保険契約にて、これらをスマートコントラクトで一元的にサポートをしている点が優れています。知らない方も多いと思いますが、ドローンを運行するためには、各国が設けている法令を遵守したりライセンスを取得する必要があります。SKYFchain はICOに先駆けて、ロシア連邦産業貿易省 ライセンスと欧州航空安全機関(EASA) 認可を取得済みです。国からの許可を得ているということで、プロジェクトの信頼が厚いのです。

<

p class=”p1″> 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員

SKYFchain(スキフチェーン)への質問お待ちしております!

 

SKYFchain(スキフチェーン)のストーリー

SKYFchainは、プレセール($ 2M)はわずか5日間で達成し、期待の高さが故に、ICOの資金調達もおよそ1ヶ月で成し遂げました。
また、ICOの取り締まりに厳しいアメリカでも、『SKYFchain(SKYFT)』はSEC(アメリカ証券取引委員会)の認可があり、アメリカでのICOをしている数少ない暗号資産ICOであるため、相当な信頼性があると言えます。
2014年には、ドローンの試作機が動いているなどの実用化に着実と向かっています。

SECに関する記事はこちらへ

協力企業一覧

ARCIEL Inc.(航空宇宙コンサル|日本)
ITC(国際輸送貿易|ベトナム)
Syngenta AG(農業|スイス)
Pony Express(物流|ロシア)
Russian Post(公共事業体|ロシア)

運営メンバー

Alexander Timofeev CEO
モスクワ・インスティテュート・フィジクスアンドテクノロジー・ラトビア物理大学の設立者兼CEOで、マイクロボア・ナノテックの設立者兼CEO。インヴェスト・キノプロジェクトの設立者で業務執行役員、FPI(機能プロセス改善)イノベーションファンドを務める。彼はロシアおよび世界の数多くの国際的技術プロジェクトの投資金を集めることに関して確かな経験を持つエキスパートである。

Maxim Khabur;CMO NICKOLAY KOVSHOV: IT開発リーダー ALEXEY ARKHIPOVーアドバイザー ブロック・チェーン・テクノロジーズでのパートナーブロックチェーンで最も経験豊富な専門家。ブロックチェーン技術で強力なチームのリーダー

SKYFchain(スキフチェーン)のロードマップ

2014 – 2017

・SKYF貨物ドローンの設計と製造に$5,000,000を投資 ・空力テストを成功

・2017/Q4には完全自動飛行

2018 – 2019

・プライベートブロックチェーンの開発

・国際的な法体制を整える

・最初のSKYFドローンの売り出し

・厳しいドローン規制を持たないエリア(CIS、アジア、アフリカ)に対するパートナーネットワークの拡張

2020 – 2022

・SKYFドローン販売の急成長

・サードパーティードローンデータのスキフチェーンへの組み入れ

・開発中マーケットの新たな規制に対するロビー活動

2023 – 2025

・地上&海洋貨物ロボットとのシステム連携、旅客ドローンのフォロー

SKYFchain(スキフチェーン)の将来性

SKYFchain(スキフチェーン)の将来性は高いのではないかと推測できます。 その根拠が以下の3つです。

Points

1.大型ドローンのテスト飛行実績がある

2.米国証券取引委員会(SEC)による許可を受けているので詐欺ICOではない。

3.豪華開発メンバー陣の存在

 

1つは、大型ドローンのテスト飛行実績があるということです。実際に、ICOで最も注意しないといけないのが、プロジェクト失敗時のリスクです。そのため、SKYFchainは2014年から始まっているプロジェクトで、様々な大手企業ともパートナーシップを結んでいます。また、近年では日本、ベトナム、ロシアなどの企業と共同開発も行なっています

2つ目は、米国証券取引委員会(SEC)による許可を受けていることです。 アメリカは、ICO規制の厳しい国です。特に米国証券取引委員会は「ICOで発行される暗号資産(仮想通貨)は有価証券である」と 見なしています。その中で、SKYFchainのICOプロジェクトは、SECからの承諾を受けています。このことは、事業スキームが明確で違法性が限りなく低い、透明性の高いCOであるということを示しています。つまり、ICO詐欺ではなく、安心して投資をする事ができます。

3つ目が豪華開発メンバー陣の存在です。SKYFchainのブロックチェーン開発アドバイザーを務めるのは、ロシア最大手決済サービス会社Qiwiとそのカリスマ指導者・Alexey Arkhipov氏です。また、SKYFchainには、Arkhipov氏を含む30人以上の実業家・開発者が携わっているため、ロードマップの実現に向けて期待が高まります。

最新情報

2018年4月には、ベトナムの港湾輸送会社と販売契約を結びました。

2018年、8月には、Docomoと5G技術利用パートナープログラムへの参加を公表しました。

また、8月中旬には、中国ブロックチェーンファンドと投資契約を締結しました。

今後、パートナー先の大手通信メーカーのDocomoとSKYFchainでは5G通信を使ったSKYFドローンによるテスト飛行およびSKYFchainプラットフォームでの実証実験の実施を検討していく計画が組まれています。

 

まとめ

SKYF chain(スキフチェーン)は、2020年までに無人物流により、人件費を50%削減することを目標にプロジェクトが進んでいます。すでに実機が完成し、テスト段階にある点や米国証券取引委員会(SEC)準拠している点、大企業や公共事業体とパートナーシップを結んでいるところを見ても今後が期待できるICOであると言えます。

しかし、懸念とされている部分は、大型ドローンが空で運搬しているときに、万が一ドローンの故障で墜落し負傷者がでたり、運搬物が破損したときの責任問題です。実際に、年間の誤作動によるドローンによる被害は世界各国で多く見られます。ドローンが飛行機のように、「安全で便利」と人々に認知してもらうためには、テクノロジーのセキュリティー面での強化が欠かせないのはもちろんのこと、世界各国の法規制にも注意を払わないといけません。

また、SKYFchainは、投資でもメリットがあります。それは、投資する側でも、大口投資家に有利な「スーパーノード報酬」やSKYFによるトークン買戻し契約などのサービスがあり、安心して、多くの投資することが可能です。これから、物流領域にはドローンが期待されているため、SKYF chainのプロジェクトからも目が離せません。

コインオタク伊藤

ただ、米国証券取引委員会(SEC)が認可をしたプロジェクトという事で、実体以上の高評価を受けている点に注意が必要です。あくまでSECが判断したのはまともな運用ができているかどうかというまでであり、ビジネスが上手くいくかどうかの保証に関しては触れていません。ただ、現実的には、ドローン×自動運転×ブロックチェーンと新しいテクノロジーのオンパレードのこのプロジェクトは期待値も高く、ICOは好成績で終えることができました。今後のサービスリリースに向けてはやるべき課題は非常に多いでしょう。

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
SKYFchain(スキフチェーン)への質問お待ちしております!