三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)がスマホ決済サービス「MUFGウォレット」を9月に開始

国内ニュース

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)がスマホを端末にかざすタッチ決済やポイント管理を一括でできる、スマホ決済サービス「MUFGウォレット」を9月に開始することがわかりました。

MUFGウォレットは、デビットカードやクレジットカード、QRコード決済サービスなどの決済手段をトークン化して安全に一元管理、万一の紛失際番号等流出のないトークン化技術を活用したセキュアなキャッシュレス体験を提供します。

まずはクレジットカード大手であるVISAのデビットカードを取り込みアプリと連携させ、日本で初の国際規格に沿ったVISAのタッチ決済の実現を目指し、来年の春にはJCBのデビットカードのタッチ決済にも対応させ、Pontaポイントも貯められるようにし、将来的には車の免許証やお薬手帳もアプリに取り込む構想で、財布に取って代わることを狙いとし、銀行業への新規参入が相次ぐなか、顧客との接点を増やし自社のサービスへの入り口にします。

また金融庁の「決済高度化官民推進会議」に提出された資料によると、MUFGウォレットで構築したトークン配信管理機能を活用し、TIS社と共同で取り組む「トークンリクエスタ代行事業」を開始します。

さらにMUFGは独自のデジタル通貨である「MUFGコイン」を今年の後半にも実用化する方針であることを明かしています。

 

伊藤健次
このニュース、 伊藤が解説します。

 

いよいよ日本の金融機関もブロックチェーンの活用に乗り出します。

従来の考え方では、発行されるトークンを購入し、値上がり益を期待するという投資アプローチが主流でした。

最近の大企業による暗号資産参入は、新しいユーザー体験を軸にしております。

今回のMUFGウォレットの展開もキャッシュレス決済が入口にありながらも 自動車の免許証やお薬手帳など個人認証に関わるプロジェクトを織り込んでおり、キャッシュレスよりもこちらのデジタルKYCを銀行アプリが取り込むことの影響の方が大きいと考えられます。 

暗号資産投資の手法はどんどん変化を見せており、証券市場も巻き込んでの広範囲の金融商品に影響が出るでしょう。

暗号資産市場と実経済が複雑に絡み合う世界では、今まで以上に金融知識を学ぶ必要があります。

 

あわせて読みたい

クレジットカード払いでシンクロコインがもらえるサービス シンクロライフと三菱UFJニコスが実証実験を開始

みずほ銀行による「Jコイン」、日本のキャッシュレス促進の一手となるか