【情報量日本一位】TRON(トロン)を徹底調査

あのICOは今!?
ICO調査員
こんにちは、コインオタクICO調査員(@_coin_otaku_)です。

コインオタクでは読者の皆さんから寄せされたご意見から、 「あのICOは今どうなっているのか?」 を、徹底調査してレポートして参ります。

私達コインオタク調査員は、プロジェクトに直接問い合わせるのはもちろん、ネットの意見や口コミからレポートを作成しております。中立な立場を保つため、双方の事実・意見をまとめています。

今回はクリエイターがコンテンツを表現する場所を目指しているTRONについてです!

TRON(トロン) ヘッドラインニュース

【速報】TRON(トロン)がUSDTバーションをローチン

TRON(トロン)がUSDTが元となるOMNIプロトコルにアップグレードを行い、現在では、しマートコントラクを利用し、コインの保有、送金が手数が手数なしでできるようになりました。

また、TRON(トロンは)100日間に渡りUSDT保有者にTRC20を合計2億USTD分リワードとして送るととアナウンスしています。

【速報】Livepool Football Clabとのパートナーシップを発表

Tron(トロン)のCEOであるJustin Sun氏はツイッターで”Thank you for the unique and innovate invitation, Livepool!” "I am impressed and I'm looking forward to expecting this #TRON new partnership together!"(ユニークで革新的な正体をありがとう、Livepool!TRONの新しいパートナーシップを楽しみにしてます!)

TRON(トロン)の特徴

・TRON(トロン)の認証システム POW/POS

Kafka-based technology system、Raft-based distributed consensus mechanism、POS承認システムなどを実装。

 

・トロンウォレット

TRXの管理ができることはもちろん、TRXの送金手数料が無料

 

・TRON(トロン)のCEO Justin Sun(ジャスティン・サン)

創業者はアリババも認める期待の実業家。

 

TRON(トロン)の基本情報

TRON(トロン)基本情報

通貨名:TRON(トロン)

通貨単位:TRX

発行上限:1000億枚

時価総額:約6000億円

発行時期:2017年8月

開発者Justin Sun(CEO)

TRON (トロン)公式サイト、取引所一覧、ホワイトペーパー

取扱国内取引所:なし

国外取引所:Binance

公式サイト:https://tron.network/

公式Twitter:@Tronfoundation

公式Facebook:https://www.facebook.com/tronfoundation/

ホワイトペーパー:https://tron.network/static/doc/white_paper_v_2_0.pdf

TRON(トロン)のリアルタイムチャート

  • tron
  • TRON
    (TRX)
  • Price
    $0.02891
  • Market Cap
    1,927,933,929.00

TRON(トロン)とは

TRONは、デジタルコンテンツを利用した分散型のプラットフォームです。TRONは、Bitchin、Ethereum、EOS、Qtumなどのパブリックブロックチェーンスマートコントラクトを含む様々な種類のブロックチェーンネットワークとスマートコントラクトシステムをサポートし、開発者にマルチプロトコルを提供します。そのため、データの公開が自由かつ所有することが可能となります。

Ethereumに関する記事はこちらへ

EOSに関する記事はこちらへ

Qtumに関する記事はこちらへ

インターネットの普及によってFacebookなどのSNSや、YouTubeなどのサービスが隆盛し、エンターテインメント産業の構造は変わりつつあります。新たなエンターテインメント状況の中でキーとなるのは、個人のクリエイターによる発信でしょう。

そこでTRONは、個人クリエイターが大企業による中間搾取を受けることなく、クリエーターのアウトプットに対して、正当な評価をされる環境が必要であると考えています。その環境を実現するためのマイルストーンを使用するにあたって、不明確な点は現在多少ある現在多少あるものの、TRONの構想が実現すれば、個人クリエイターが自ら資金を集めて開発を進められることとなり、クリエイションの可能性はぐんと広がる事でしょう。

TRONは2017年9月にICOが実施され、約30分で完売した超人気の中国通貨銘柄です。 エンターテイメントに特化しており、コミュニティが非常に活発で、取引所に上場後も話題を欠かない通貨の一つとして注目を集めています。

そしてTRONは、世界中にあるデジタルのエンターテイメント(音楽、写真、動画、アニメなど)を自由にアップロードすることができるシステム構築を目指しています。端的に言えば、クリエイターがコンテンツを表現する場所です。

また、TRONは未だかつてないデジタルエンターテイメントのコンテンツプロバイダーとユーザー同士の、1対1での取引を実現させるので、これまでGoogle PlayやAppleのAppA Storeなどの集中型プラットフォームに、コンテンツプロバイダー記載のための高額の料金を支払う必要がなくなります。そのため、コンテンツプロバイダーがより利益を得やすいプラットフォームを作ることができるようになります。

最終的には ゲーム内における課金やゲーム内の通貨としてのやり取りができるようになる事を目標として掲げています。

また、TRONはブロックチェーンの技術を使うことにより、従来のように誰かの管理ではなく、確実に実行するための規定を守る為によってデジタルコンテンツを保護しているだけでなく、クリエイティブでエンターテーメントなデジタルコンテンツを多くの人に提供することを目的としていて、利益を得ることではないとしています。

TRONが提供するインフラ

Points

1. 高品質のコンテンツプラットフォーム
2. 全ての人々の間につながるソーシャルネットワーク
3. ブリッジとしてのデジタル通貨
4. 支払いネットワーク
5. 自律的なエコシステム

ちなみに、TRONはプラットフォームの名称で、TRONの中で使われる通貨はTRXですユーザーは、TRXを消費することで、TP(TRON Power)を購入することが出来ます。このTPがプラットフォーム内で使われるポイントとなります。

元々TRONは、イーサリアムブロックチェーン上につくられたトークンでした。しかし、2018年6月25日にメインネットへの移行を発表したことで、今後は独自のネットワークで動く通貨へと生まれ変わりました。

※メインネットへの移行にともない、通常のブロックチェーン上で動くトロンは無価値なものとなってしまうので、メインネットへの移行までにウォレットから取引所へと絶対に移動して下さい。
 ブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いることで、それぞれのユーザーは、データを自由に公開したり、保管することが出来るようになり 、デジタル資産の流通、取引がユーザーに委ねられます。

また、TRONはシンガポールの「Tron財団」というチームによって開発されています。
Tron財団は、「公正でオープンなネットワークの運用」を目的にしている非営利組織で、ACRAというシンガポールの企業規制当局の承認を得て設立されています。実際に、TRON財団はTRONのネットワーク内に1000個のアドレスを利用して管理し資産を分散させることで、一つのアドレスがハッキングされたとしても問題ないようにしています。信頼性のある安定した財団であると考えてよいでしょう。

TRON(トロン)の特徴

TRON(トロン)の認証システム POW/POS

TRONのPOS承認システムの導入は、3段階のストラテジーに分かれています。

Points

1. Kafka-based technology system

2.Raft-based distributed consensus mechanism

3.POS承認システムを実装

 Kafka-based technology system:中央集権的なコンセンサスメカニズムを実装します。この段階ではシステムの問題点をデバッグし、動作機能を調えます。
② Raft-based distributed consensus mechanism :分散型コンセンサスメカニズムを実装します。中央集権型システムからの離脱と、分散型システムへの飛躍が試みられます。
③ POS承認システムを実装する段階です。合わせてビザンティンフォールトトレランス問題を克服した承認システムの実現をも目指します。ホワイトペーパーではPOSとPOWの互換性を目指すシステムであることもほのめかされています。具体的な技術的解決や構想については示されていませんが、ここではひとまず、示唆された承認システムとしてPOWとPOSの双方をあげています。

トロンウォレット

2018年8月、トロンウォレットのAndroid版、iOS版がリリースされました。

このウォレットでは、TRXの管理ができることはもちろん、TRXの送金手数料が無料になるそうです。

投稿者:波场Tron
公開日:2018年2月27日

TRONの創設者、Justin Sunによるインターネットカンファレンスでのスピーチ動画です。Justin Sunはメディアへの露出も多い反面、公式の動画は中国語のみで語られているものが多いので、こちらのような英語の字幕がついたものは参考資料として貴重です。

1990年生まれのJustin Sunにとって、インターネット環境は物心ついたときから既に存在しているものでした。こうした生得的なインターネット世代にとってのリアリティが、エンターテインメントシステムを変えていこうとするTRON構想の基盤にあることがうかがわれます。

投稿者:波场Tron
公開日:2018年2月2日

2015年に放映されたDragon TVでの、創設者Justin Sunへのインタビューです。

ここではまだTRONの情報は出てきませんが、Justin Sunのキャラクターや、彼がポスト90年世代アントレプレナーの旗手としていかに注目されているのかをおしはかることができます。TRONの関連動画は技術面の説明や紹介よりもJustin Sunその人を前面に押し出したものが多く、テクノロジーに関するフォローアップが待ち望まれるところでもあります。
もっとも、Justin Sunの持つある種のカリスマ性がTRONの吸引力のひとつでもあり、信者とも揶揄される支持者を集めています。

ニュース内では、現在もJustin Sunが運営し、TRONとも提携しているPeiwoのことも言及されています。Peiwoは2015年、年間でトップ10に入るアプリケーションとして成長しました。写真で5番目にリストされているのがPeiwoのアイコンです。フクロウのような愛嬌のあるキャラクターが特徴です。Peiwoがどのくらい支持されているのかは、提携が進むTRONにとっても重要なところです。

TRON(トロン)のCEO Justin Sun(ジャスティン・サン)

創業者はアリババも認める期待の実業家のJustin Sun(ジャスティン・サン)

Rippleの開発に関わっていた人物でもあり、Forbes紙にも取り上げられるほど話題になっています。

Rippleに関する記事はこちらへ

本名はYuchun Sun。1990年生まれの若き創設者です。2011年に北京大学を卒業、文学・歴史学の学士を取得。在学中には香港中文大学に留学し、リベラルアーツ&サイエンスを学びました。その後、2013年にペンシルベニア大学で政治経済学の修士号を取得しています。

2013年、Ripple研究所で職を得、中国エリアの代表となります。同じ2013年には、自ら音楽ストリーミングサービスPeiwoの立ち上げも行いました。2018年現在では、TRONとPeiwoを並行して運営しています。2011年、Asia weekly誌の表紙を飾ったほか、2015年から2017年にかけては Forbes誌が選ぶ30人の中国人(30歳以下)のひとりに選ばれる など、メディアの注目も集めています。TRONではJustin Sunに加え、Netease youdao, Tencent, Qihoo 360といったインターネット企業での経験が豊富なLucien ChenがCTOとしてチームに参加しています。

ー経歴ー

2011年 北京大学(日本でいう東京大学) 卒業

世界の偏差値大学でいうと、北京大学が27位。東京大学は46位。

2013年 ペンシルベニア大学、北京大学院 卒業

2013年〜現在 PEIWO CEO兼会長

2013年ー2016年 Ripple Lab 中国 の最高責任者

2015年フォーブス誌が選ぶ30歳以下の中国の企業家30人に選出

世界的に有名な経済誌であり、ビジネスマンが注目している雑誌です。

2017年フォーブス誌が選ぶ30歳以下のアジアの企業家30人選出

2017年〜現在 TRON CEO兼創業者

2018年 湖畔大学卒業

アリババの創業者、ジャック・マー氏が学長をつとめる学校であり、生徒は世界中(中国が主)の優秀な起業家が主です。ここでの交友関係は、後々の起業家人生を大きく左右するそうです。経営についてジャスティン・サン氏はここで学びました。

彼は、若くして世界でも注目を集める実業家の1人です。リップルの立ち上げにも携わっており、中国の代表になり、中国地域の資金繰りや締結に尽力しました
またTRONとのパートナーシップが発表されている音楽ストリーミングアプリPeiwoの代表でもあり若くしてその地位と財力を築きました。

何よりもジャスティンが凄いところは、そのプロモーション能力です。CEOである自らがライブストリーミングをすることもあるそうです。

リップル(Ripple/XRP)がアメリカと韓国に人気の10の理由まとめ (COIN OTAKU)

2018.03.22

TRON(トロン)プラットフォームのエンターテイメント性

TRONはエンターテイメントの領域でクリエイターが今まで以上に活躍できるようにすることを目的としています。

21世紀におけるエンターテインメント産業の発達には目覚ましいものがあり、インターネットの発達はそれに拍車をかけています。従来、エンターテインメントの稼ぎ頭として市場規模を伸ばし続けてきたギャンブルやビデオゲームもインターネット技術と結びつくことで(オンラインギャンブルやオンラインゲーム)さらなるポテンシャルを発揮すると予想されます。

またFacebookをはじめとする、人の日常と結びついたソーシャル・メディアの爆発的な普及も見逃せません。
ソーシャル・メディアは着々と日常生活に食い込み、今やヒトの生活を再編成しつつあるといっても過言ではありません。

TRONはこうした現状を踏まえ、より自由な世界規模のエンターテインメントシステムを構築することを目指しています。特に従来のシステムでは不当な不利益を被りがちなクリエイターや開発者の立場に着目し、その活動をサポートすることを念頭においています。

そして、TRONのユーザーは低コストかつ安全に、エンターテインメントコンテンツをパブリッシュしたり、蓄積したり、また所有することができます。中央サーバーではなく分散型ネットワークに構築されたシステムなので、基本的に無料かつ無制限に使うことができるメリットもあります。

例えば、Youtubeの例を取り上げると、私たちは広告動画があることによって動画を無料で見ることが出来ます。そして配信者は、広告が再生されると収入に繋がります。

つまり、動画のクオリティが収益に直接つながらないのです。内容以上に広告を見てもらうことが重要となってしまいます。

そこで、 TRONを利用することにより、クリエイターがコンテンツの質の向上に集中できるようになります。 

クリエイターは以下の中から報酬体系を選ぶことが出来ます。

1.視聴者からの投げ銭制度

2.作品を送って資金調達

3.クリエイター自身のICO

実用例を見ていきましょう!

Peiwo

中国最大級の音楽、映像ストリーミングアプリでチャットとトークも出来るアプリです。

ユーザー数は1,000万人で毎日のアクティブユーザーは100万人以上といわれています。

CEOはTRONの創設者でもある、ジャスティン・サン。

主に北京、上海、広州、深セン、北米、西ヨーロッパ、日本、韓国、オーストラリアで利用されている。16歳〜25歳がメインのターゲットで、顔出しをせずライブストリーミング配信が可能です。

この配信上で、投げ銭サービスにTRONを使用することが出来ます

Obike

Obikeは東南アジアで人気の自転車シェアリングサービスです。現在、500万人に利用されています。

自転車を近くの指定駐輪スポットから自由に借りたり停めることができます。簡単な操作のアプリケーションと低価格を実現させ、終日24時間体制でサービスを利用することが出来ます。そこに住む方にはもちろん、旅行で遊びにきた人も使うことが出来ます。

こちらのサービスでもTRONによって支払うことが出来ます

GIFT

GIFTは名前の通り、クリエイターに対してギフトを送るサービスです。2000万人以上のユーザーを抱える、ライブ配信サービスのupliveよりスタートされ、GIFTのトークンは既にBinanceに上場しています。

ユーザーとクリエイターを直接繋げるプラットフォームを目指すTRONとの提携により、サービスが更に充実し、加速してくことが予想されています。

Game.com

Game.comは中国に拠点を置いており、ブロックチェーンの技術を活用したゲームコンテンツを手掛ける世界で類を見ない企業です。TRONはGame.comとの提携を通じて、サイト上でペットを育成するLOVE.PETをリリースしました。このゲーム内のキャラクターをTRONで購入することが可能です。

Baofeng

中国版のNetflixとも呼ばれるBaofengと提している。Baofengは2億人を超えるユーザーを抱える大企業であり、市場価値は80億人民元(約325億円)ほどにもなると言われています。

こちらは、まだ具体的にTRONとのサービスが始まってはいないようですが、ブロックチェーンをベースにしたコンテンツ展開を目指していくそうです。

TRXロックアップ

発行中の約35%に当たる、 342億TRXを2020年1月1日までトロンの財団が所有し、ロックアップする とジャスティン氏が発表し、既にロックアップが完了しています。リップルのXRPはこのロックアップが一つの要因となり、12月に価格急騰しています。

【情報量日本一位】Huobi Token(フオビトークン)を徹底調査 (COIN OTAKU)

2018.12.05

TRON(トロン)ホワイトペーパー盗用

TRONは今までに、Binanceで3度のICOを行いましたが、いずれも30秒足らずで売り切れています。3度目に関してはアクセスが集中しすぎてサーバーが落ちた人もいたそうです。

ネコさん
伊藤さん、TRONって詐欺疑惑があると聞いたのですが本当ですか?
コインオタク伊藤
詐欺といわれいる理由:ホワイトペーパーがほかの仮想通貨と似ていた為、盗用が疑われた →これに対してTRON側は誤解させたことについて謝罪していますが、盗用ではなく引用だったと主張しています。

TRON (トロン)のロードマップ

TRONネットワークはデータのレイヤー、ネットワークのレイヤー、承認システムのレイヤー、コントラクトのレイヤー、そしてアプリケーションのレイヤーと、階層を積み上げるように構想されています。

最終的にはTRONのプラットフォームで様々なアプリケーションを稼働させることが目指されています。この目標に対し、TRONには2025年を目処としたロードマップが設定されています(ホワイトペーパーでは2025年とされていますが、オンライン上では2027年を目処とする、としているサイトもあります。当初の計画よりも前倒しで開発が進んでいるのかもしれません)。

それぞれ「エクソダス」「オデッセイ」「グレート・ボヤージュ」「アポロ」「スター・トレック」「エターニティ」という壮大な名称が付された 6段階のステップが企図 されているようです。

① “エクソダス” 2017年8月~2018年12月
P2Pや分散型コンテンツモデルを通してユーザが自由にデータをアップロードし、蓄積し、配布できるメカニズムを調えるステージです。

② “オデッセイ” 2019年1月~2020年6月
クリエイターがTRONのプラットフォームを使いたいと思えるインセンティブを調えます。Google PlayやApp Storeのような中央集権的プラットフォームを介在させた場合のような高額の手数料なしに、クリエイターに適正なリターンを約束する報酬システムの構築がこれにあたります。

③ “グレート・ボヤージュ” 2020年7月~2021年7月
2018年3月現在、オンライン上で確認できる英語版のホワイトペーパーでは記されていないものもあるステージです。TRONシステムの管理に関する問題解決にあたるステージのようです。

④“アポロ” 2021年8月~2023年3月
TRONを利用するクリエイターによるトークンの発行と、その実用化のための問題解決にあたるステージです。分散型のシステムにおいては、中央管理者がトークンの価値を管理するわけではありません。混乱なくして個々人のトークンがきちんとその価値を反映した取引ができる仕組みが必要となります。

⑤ “スター・トレック” 2023年4月~2025年9月
分散型システムによるオンラインゲームのプラットフォームが実用化する段階です。

⑥“エターニティ” 2023年4月~2025年9月
ゲーム開発のためのクラウドファンディングなど、開設されたコンテンツをさらに発展させるための仕組みも含め、オンラインゲームのプラットフォームが動き出す段階です。

最終段階としてオンラインゲームのプラットフォームを実用化していく“スター・トレック”“エターニティ”の2段階は同時に進められる予定のようですね。さらに細かいステップとして、2018年にはいくつかの動きが予定されています。

そのひとつはTRX DOGSのリリースで、これは1月に達成されました。TRX DOGSはブロックチェーン上に構築されたゲームです。イーサリアム上に構築された仮想子猫を育てるゲームCryptoKittiesのように、今度は好きな子犬を選んで育成するゲームのようです。

また、通貨のトータルサプライを減少させるコインバーンを行うことも示されています。流通するコインの絶対量が減少すれば、1コインあたりの価値はあがります。さらにメインネットも2018年中に開通する予定です(2018年3月現在、公式サイトではテストネット開通へのカウントダウンが行われています)。

ロードマップに示されたステージが着実に実現されてゆけば、TRONの価値もそれに伴って上昇することが期待されますから、長い目で様子を見ることもひとつの手でしょう。時価総額に比してTRONの単価は1コインあたり3円(2018年3月現在)と非常に低額であるため購入しやすく、 焦らず保有しておけるメリットがあると見ることもできます 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
TRON(トロン)への質問お待ちしております!
 

TRON (トロン)購入方法

1.国内取引所のBitbankを開設する

Bitbankに関する記事はこちらへ

2.BTCを購入する

3.海外取引所のBinanceにBTCを送金しTRXを購入する

Binanceに関する記事はこちらへ

仮想通貨TRON(トロン)の評判・口コミ

ポジティブな評判・口コミ

ネガティブな評判・口コミ

TRON(トロン)の将来性

6つのフェーズが10年間にわたり計画されているという事で、とても長期的な計画ではあります。長期計画過ぎて1部では批判も出ているようですが、計画が前倒しになって進められているということもあり、非常に期待が持てます。

TRON (トロン) 有名企業との提携

TRONは多くの世界的有名企業との提携が決まっています。例えば、Bitmain社は中国最大級のマイニング企業で、 今後技術的なサポートのみならず、マーケティングの面でも相乗効果を生み出すことを期待できます 

また、アリババと連携する噂も浮上しています。アリババというのは、Amazonと並ぶ世界2第オンラインショップですが、アリババでの決済サービスに将来的にTRONが利用できるようになるといわれています。もしこれが実現すれば、TRONの需要は上がり、価格の上昇はかなり期待できるでしょう。

他にも、MLG Blocichainとも提携しています。日本ではあまり馴染みがありませんが、世界中で活動しているグローバルブロックチェーンの開発およびコンサルティングをしている会社です。ブロックチェーンを取り扱う企業のコンサルをしていて、数々のICOをサポートしてきており、仮想通貨関連のコミュニティに関してはとても強いといえます。そんな企業と提携していることはICOを取り扱うTRONにとってとても心強いことだといえるでしょう。

日本の取引所上場!?

TRONは日本の取引所に現在ありません。しかし、上場するのではという噂があります!

創設者のジャスティン・サンはツイッターで金融規制当局に申請していて、承認されれば日本の取引所でも取り扱いできるようになる言っています。

TRON (トロン)のバーンについて

バーンというのは、一部のTRONコインを使用できなくするということです。そうすることにより、 希少価値が上がり、価格の上昇が期待できます 。以前、TRONはバーンをして価格上昇をしようと考えていましたが、現在はホームページからの記述も削除されています。理由としては一気にバーンするのではなく、少しずつされていくといわれています。

チャートの評価

TRONのチャートは2018年1月に一時的な高値を記録した以外、低迷を続けています。このチャートに対するホルダーの声は、期待と不安が相半ばしている状態です。なかなか価格が上昇しないことに不安を感じ始める人、逆にこの長い低迷期を今後の可能性とみる人など、評価は分かれているのが現状です。

TRON(トロン)には「中身がない」か

前述したホワイトペーパーの盗作騒動を経て、TRONの青写真が孕んでいた曖昧さが明るみに出されてしまったことは否定できません。
騒動の種となった英語版のホワイトペーパーはイントロダクションの部分こそオリジナルでしたが、FilecoinやIPFSからの引用に加えてイーサリアムのコントラクトやP2Pモデルについての基本的な説明が大半を占め、独自技術など参照すべき価値のある部分が乏しいとの指摘もあがっています。

疑惑に対するJustin Sunの回答も、全てのユーザーを納得させられるものではありませんでした(Justionの経歴からすれば英語のホワイトペーパーがすらすら書けてしかるべきなのではないか、TRONが翻訳をボランティアに頼らざるをえないような規模の企業なのか?などの疑問もなお持ち上がりました。

また ロードマップは壮大なネーミングに比して具体的に何をするのかが曖昧である、Githubがスカスカであるなど、要所要所で不信を訴える声も少なくありません 。こうした声についてTRONは今後どんな対応をとるのか、TRONへの投資を考える際には値動きの見定めと合わせて、慎重に見極めていく必要がありそうです。

TRON(トロン)提携の拡大

TRONの将来を考える上で明るい判断材料になるのは、提携企業のJustin Sun自身が運営する音楽ストリーミングサービスPeiwoをはじめ、ライブストリーミングを行うUPLive、ブロックチェーン上でギフトのやりとりができるGiftoなどの企業が提携・投資を行っています。

特に、 シンガポールの自転車シェアリングサービスObikeと提携 したことは話題となりました。これらの提携企業はいずれも1,000万人規模のユーザーを抱えています。とすると、TRONを支払いに使う潜在的な市場はかなり広く開けているとみることができます。

新しい存在である仮想通貨にとってまず重要なことは、とにかく多くの人に使ってもらえることですから、この点TRONはかなり有利なポジションを得ているといえるでしょう。提携サービスでのTRONの利用が広まれば、TRONの価値もぐんとあがることが期待できます。

2018年1月19日、Justin SunはPeiwoとTRONの具体的な統合スケジュールを発表し、続く1月21日には最初の統合が完了したことを報告しました。いよいよ本格的にTRONのエンターテインメントシステムが稼働しはじめたことは、TRONの今後を十分に期待させるものです。

上場する取引所の拡大

2018年に入ったあたりから、TRONは取引所への上場を積極的に行っています。 BittrexやOKEx、Huobiなどの大手取引所をはじめ、中国や韓国、台湾の取引所に次々と上場 を果たし、アジアを中心に市場を広げています。日本の取引所にはまだTRONが買えるところはありませんが、Justin Sunは日本への上場にも意欲を持っているようです。扱う取引所が増えることで取引の機会は格段に多くなりますから、こうした取引所の拡大も、TRONの価値を押し上げる要素と言えます。

実体よりもマーケティングが重要な暗号資産市場を象徴するTRON (COIN OTAKU)

2018.10.20

仮想通貨TRON(トロン)に関する情報サイト、ニュース

Justin SunのTwitter

Justin Sunの公式Twitter
TRONの「顔」ともいえる創設者Justin Sunの公式Twitterです。TRONに関するニュースや最新のアップデート情報がツイートされます。一例として2018年3月には、ブロックチェーン上のゲームサービスであるBitGuildとTRONが新たに提携したとのニュースがシェアされています。

BiyGuildはこの提携に伴い、TRONコミュニティに向けた限定のゲーム内資産をセット発売します。このセットはTRXで購入することができます。いずれはBitGuildの仮想アイテムの取引にもTRXが使えるようになる予定だそうです。これまで特定のサーバーに保管しておくだけだったゲームアイテムは、ブロックチェーン上の資産とすることによってより自由に扱うことができるようになります。

つまり、保管しておくのもよし、取引するのもよし、その他ユーザーのお気に召すまま、自由に使うことができるようになります。

ForbesによるTRON(トロン)の紹介記事

Forbesは ニューヨークに本社を持つ世界最大規模の経済誌 です。32か国版にわたるバージョンを持ち、ビジネスニュースや注目されるリーダーシップ、アントレプレナー等の情報を配信しています。

毎年世界長者番付を発表することでも有名です。TRONの創設者Justin Sunが、Forbesの選ぶ「30人の中国人(30歳以下)」に選出された経緯があることは先にも述べました。
オンライン版のForbesでは2017年12月14日、TRONの著しい成長率に注目した記事が配信されています。

2017年の年末は多くの仮想通貨が急騰した時期でした。このときライトコインは5日間で333%上昇し、Rippleもわずか1日で84%もの上昇をとげました。しかしTRONはこの時期、1週間で500%を超える上昇を示しており、この急成長が注目すべきものとしてとりあげられたのです。

この記事では続けて、TRONを新たな分散型経済として位置づけ、ユーザーが自分自身の経済を掌握できることを目指すJustinの姿勢を紹介しています。

Telegramにおける日本人向けTRON(トロン)コミュニティ

Telegramはセキュリティが高く、即時性のあるチャット式コミュニケーションツールです。素早く安全にメッセージのやりとりができる特性から、 仮想通貨の情報収集ツールとして人気を集めています。 このTelegramに日本人向けのコミュニティが開設されました。2018年3月現在、2,000人を越えるメンバーが参加しています。公式動画など、TRONの情報は中国語で発信されることが多いので、このコミュニティは日本語で情報収集できるツールとして、心強い味方になってくれるのではないでしょうか。情報を見るにはインストールしてコミュニティに参加する必要がありますが、無料で使うことができます。

TRON(トロン)を購入したい方はな方バイナンスがおすすめ

TRON (トロン)まとめ

TRONのことは分かって頂けたでしょうか?

詐欺コイン疑惑もあったTRONですが、CEOのジャスティン・サンの経歴や、アリババとの連携の可能性など信頼・期待できる要素が多くありそうですね。

TRONの実用化が広まれば、今までインターネット上で埋もれてしまっていたクリエーターも多くの人の目に留まり、クリエイターがしたいことに集中し、利益を得ることが出来、新しいクリエーターを応援する社会が出来上がります。

 

 

COIN OTAKUがあなたの代わりに聞いてきます!

ICO調査員
TRON(トロン)への質問お待ちしております!